「ほっ」と。キャンペーン
2017年 02月 22日

ムラサキシジミの越冬小集団

c0286530_21332005.jpg
ムラサキシジミ Narathura japonica japonica
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

c0286530_21334644.jpg
同集団
2017年1月3日、埼玉県さいたま市


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-22 21:34 | 鱗翅目
2017年 02月 20日

ムラサキツバメの越冬集団

c0286530_21203223.jpg
ムラサキツバメ Narathura bazalus turbata
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

c0286530_21203833.jpg
同集団
2017年1月3日、埼玉県さいたま市


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-20 21:28 | 鱗翅目
2017年 02月 18日

越冬中のウラギンシジミ

c0286530_21505288.jpg
ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
2017年1月3日、埼玉県さいたま市


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-18 22:03 | 鱗翅目
2017年 02月 17日

ムラサキシジミの越冬小集団

c0286530_20122042.jpg
モチノキ Ilex integra と思われる枯葉に寄り集まって越冬中の、ムラサキシジミ Narathura japonica japonica
2017年1月2日、埼玉県さいたま市

帰省初日には見つけられなかった、越冬シジミチョウ類。

この日再挑戦し、ようやく発見することが出来ました。

ただ、ここには他にも多くの越冬シジミチョウ類がいるはずなのですが、見つけられたのはこの集団だけ。

他の場所も回りたいので、ここには日を改めて、また探しに来ることにしました。


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-17 22:09 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 02月 16日

トビスジヒメナミシャク

c0286530_17403775.jpg
トビスジヒメナミシャク Orthonama obstipata
2017年1月2日、埼玉県さいたま市

越冬シジミチョウ類を探して林縁を歩いていた時に、足元から飛び出した小さなシャクガ。

自分で調べた時には判らなかったので、ある掲示板で質問したところ、蛾に詳しいKさんからトビスジヒメナミシャクの♂であるとのご教示を頂きました(Kさん、ありがとうございました)。

本種はほぼ全世界に分布するようで、そういったものが判らなかったのは、まったくもって恥ずかしい限りでした・・・。

撮影した1月というのは本種の発生時期からは外れていますが、発生後期の生き残りだったのでしょうか?


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-16 20:12 | 鱗翅目 | Comments(2)
2017年 02月 14日

元旦猫

c0286530_20482817.jpg
2017年1月1日、埼玉県さいたま市

両親と行った初詣先では、あちこちから次々とネコが出てきて、こんなにいるのかとビックリさせられました。

2月も既に半ばになりましたが、写真はようやく今年のに突入です(笑)


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-14 20:58 | 哺乳類 | Comments(0)
2017年 02月 12日

ヤカドツノガイ

c0286530_21362905.jpg
ヤカドツノガイ Dentalium octangulatum
2016年12月31日、神奈川県鎌倉市

貝ラインに沿って歩きましたが、貝はやはり拾う人が多いのか、目ぼしそうなものは特に見当たりませんでした。

ただ、北海道では見ないツノガイ類はぽつぽつ目に付いたので、それらをちまちまと拾い集めました。

帰宅後調べると、材木座海岸では5種類のツノガイが確認されているようですが、拾ったのは全て、最普通種とされるヤカドツノガイでした。

ちなみに、北海道では見ないと上で書きましたが、このヤカドツノガイの分布には北海道南部も含まれている様子。

単に、見落としているだけなのかもしれません・・・。


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-12 21:44 | ビーチコーミング | Comments(2)
2017年 02月 09日

統制陶器の絵の具容器?

c0286530_23204536.jpg
豆腐川河口から見た材木座海岸(浜はあまり写っていませんが・・・)
2016年12月31日、神奈川県鎌倉市

2016年最後の日は、2014年から何となく続いている材木座海岸詣でに行ってきました。

この浜で狙っていた馬の歯は、2015年に目出度く拾うことが出来ましたが、欲張りなので追加が欲しいですし、カッコいい切歯も欲しい。

そんなわけでまずは材木座海岸をウロウロ歩き回りましたが、何とこちらでは何も見つけられずガッカリ・・・。

結構なダメージを心に負い、歩く意欲がだいぶ低下しましたが、何とか気持ちを奮い立たせて、2014年に石蹴りを拾った由比ヶ浜に向かいました。

由比ヶ浜の方は、材木座海岸よりも濃い貝・石ラインが出来ていて、これに沿って歩けばもしかしたら馬の歯も・・・と、何だか期待出来そうな雰囲気。

ワクワクしながら歩いていると、何やら記号が付いている長方形の物体が目に留まりました。

しゃがんでよく見ると、記号らしきものは○に囲まれた「万」という字と、「85」という数字。

この組み合わせは、おそらく統制陶器でしょう。

ここまで収穫が無かったので、この出合いはかなり嬉しいものとなりました。

c0286530_23211687.jpg
2016年12月31日、神奈川県鎌倉市

さてこの物体、拾い上げると反対側は窪んでいて、何かの容器のようでした。

しかし、サイズが縦30×横18×高さ10mmととても小さいため、何を入れるための物かさっぱり判らず。

これは調べないとならないな~と思っていましたが、ラッキーなことに最近とあるブログで、これとほぼ同じ物が絵の具容器ではないかと紹介されている記事を発見しました。

確かに、絵の具(固形水彩絵の具)容器だとすると、このサイズなのも納得がいきます。

この日も大勢のビーチコーマーがいましたが、その中でこの可愛い容器が僕の手元に来てくれたのは、とても嬉しいことでした。


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-09 23:24 | ビーチコーミング | Comments(2)
2017年 02月 07日

ウシカメムシ

今回からしばらく、去年末に帰省した時のネタになります。

c0286530_20443987.jpg
ウシカメムシ Alcimocoris japonensis
2016年12月30日、埼玉県さいたま市

12月30日、朝方の新幹線に乗ったので、昼過ぎには実家に到着しました。

昼食を食べちょっとまったりしてから、ムラサキシジミやムラサキツバメ、それにウラギンシジミが越冬しているという神社へ偵察に。

越冬していると思われる場所を探しましたが、情けないことに1頭も見つけられません。

仕方なくそれらはまた後日探すことにして、次はキノカワガの越冬状況をチェックしていたら、何と狛犬にくっ付くウシカメムシを発見。

本種を初めて見たのは、2015年の年明け間もなくでした 。

そして、その年の年末に帰省した際には出合えなかったので、再会は約2年ぶり。

見事な前胸背側角に惚れ惚れしながら、やはりサイズがもう少し大きければと、この時も思わずにはいられませんでした。


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-07 21:21 | 半翅目 | Comments(2)
2017年 02月 06日

ベニシュスラン

c0286530_10373101.jpg
ベニシュスラン Goodyera biflora
撮影日・撮影地非公開

以前は葉だけだったので自信が持てませんでしたが、しっかりと花も確認することが出来ました。めでたしめでたし。


[PR]

# by arisuabu | 2017-02-06 20:12 | 植物 | Comments(2)