2015年 01月 07日

小砂子

大安在~大崎の浜の次は、今回の目的地であった小砂子に降り立ちました。

c0286530_22041257.jpg
小砂子集落
2014年11月30日、上ノ国町小砂子

北海道は難読地名が多いですが、南下する場合には上ノ国町最後の集落となるこの小砂子(ちいさご)も、すんなりと読める人は少ないのではないでしょうか?

この集落は、猫の額ほどの岬にひしめき合って成立しているため、まるで世界の果てにあるかのような強い隔絶感と孤独感があり、とても魅力的です。

また、コロポックルとも違う小人伝説があることが、小砂子をより一層魅力的な場所にしているように感じます。

ちなみにその小人伝説、内容的にビーチコに関係する部分があるためとても興味深いのですが、今回は省きますので、気になる方はググってみて下さい。

c0286530_22082315.jpg
小砂子の浜
2014年11月30日、上ノ国町小砂子

小砂子には、小さな浜があります。

規模からして期待はしていませんでしたが、歩いてみたら意外にもオレンジ浮きが多く、1個だけですが青いオレンジ浮きにも出合いました。

c0286530_22083145.jpg
アカフジツボ類 Megabalanus sp. が付着したオレンジ浮き
2014年11月30日、上ノ国町小砂子

また、数あるオレンジ浮きのうち、1個だけアカフジツボ類が付着したものがありました。

こちらの浜では沢山見つかるオレンジ浮きですが、こういった状態のものは滅多に見ません。

小砂子の浜を歩き終えた後は松前まで南下し、そこではガラス製の蓋らしきものとタカラガイをゲット。

その後、プラ系の漂着物で埋め尽くされた白神の小さな船着場では今まで拾ったことの無い陽刻の青いオレンジ浮きを発見したほか、20mほどの漂着物ラインには10個以上ものガラス小玉があってビックリ。

その船着き場を最後に浜歩きはせず、木古内から上ノ国に抜け、2014年最後のプチ遠征は終了しました。

いつも色々な場所へ連れて行って下さるUさん、本当にありがとうございます。

今年もまた、どうぞよろしくお願いします。



[PR]

by arisuabu | 2015-01-07 20:51 | ビーチコーミング | Comments(4)
Commented by canis-majoris at 2015-01-07 21:47
 松前でタカラガイ!メダカラでしょうか?
 今年の目標は松前でメダカラに決定しました。
 ただ、休みが取れるかどうかが課題です;
Commented by arisuabu at 2015-01-07 22:27
ユキ 様
明日にでも、タカラガイを掲載します。
写真を見れば分かるのですが、非常に残念な状態で、一応調べてみますが同定出来るかどうか・・・。
乙部でも拾われているので、今年は綺麗な個体が拾えればと思っています。
ユキさんはお忙しいようですが、ぜひ狙ってみて下さい!
Commented by だんちょう at 2015-01-08 08:58 x
おはようございます!

父方の祖母宅です。
こじんまりした猟師町ですよo(^-^)o
Commented by arisuabu at 2015-01-08 18:17
だんちょう 様
何と、凄い偶然ですね!ビックリしました。
この時は浜を歩いただけでしたが、今度は町中も散策してみたいです。
名前
URL
削除用パスワード


<< ハナビラダカラ?      戻りました >>