2016年 03月 04日

陶製沈子

c0286530_21093746.jpg
函館市(左・中央)と松前町(右)で採集

素焼きの重りは、こちらではまだ見たことがありません。

その代わり見られるのが、これらの陶製沈子。

浜で出合うこともありますし、漁港の隅に転がっているのを目にすることもあります。

コロンとした形と程良い重さが好きで、見つけると持ち帰ってしまう物の一つです。


[PR]

by arisuabu | 2016-03-04 21:10 | ビーチコーミング | Comments(2)
Commented by watanabe-photo-st at 2016-03-10 10:00
おはようございます
こちらは瀬戸内海です 同じようなものが底引き網でかかることがあります
古いものでは 備前焼のもの・・・何個かを持っています
久しぶりに懐かしいことを思い出しました ありがとうございます
14代拝
Commented by arisuabu at 2016-03-10 22:05
watanabe-photo-st 様
初めまして。コメントありがとうございました。
備前焼の沈子というのもあるんですね。
こういった物にも、地域性があるということが知れて嬉しく思いました。
底引き網では、他にも面白いモノがかかりそうですね。
貴重な情報をお教え下さり、ありがとうございました。
名前
URL
削除用パスワード


<< 馬の歯      土錘 >>