2016年 05月 26日

巨大アンモナイト

5月6日、遠征4日目。

前夜は風がとても強く寝る時は寒さが心配でしたが、全く問題無く朝を迎えることが出来ました。

午前4時過ぎに起床すると、雲は多いですが久しぶりに青空が見えていて、風もだいぶ弱くなっていました。

昇り始めた朝日を撮影したり朝食を食べたりして、5時過ぎに出発。

アンモナイト産出地は結構先の方まで歩きましたが、残念ながら成果無し。

トボトボと戻っていると、稚内在住の方が化石を採りに来られていて、巨大なノジュールを沢から取り出そうと奮闘しているところに遭遇したので、見学させてもらいました。

色々とお話を伺っていると、「手前に大きなアンモナイトがあったでしょ」と言われましたが、僕はさっぱり気付かず素通りしていました。

「これこれ」と教えてもらったそれは、横60cmはありそうな、予想を遥かに超える代物でした。

c0286530_05072815.jpg
巨大アンモナイト
2016年5月6日、稚内市

これは放置されているようですが、もしこれが良いモノであれば、隠しておいて冬に雪が積もってからソリに乗せて回収するんだと仰っていました。

化石屋さんは凄いですね・・・。

c0286530_05073125.jpg
表面の模様
2016年5月6日、稚内市

結局、自分では何も見つけることは出来ませんでしたが、初めて化石屋さんにお会いし、色々なお話をお聞きしたり道具を見せてもらったりしたのは、とても貴重な体験でした。

お名前は伺いませんでしたし、僕の方もこういったブログをやっていることはお伝えしませんでしたが、ここで改めてお世話になったお礼を述べたいと思います。本当にありがとうございました。


[PR]

by arisuabu | 2016-05-26 19:12 | ビーチコーミング | Comments(4)
Commented by himeoo27 at 2016-05-26 20:30
複雑な縫合線の模様が素敵な巨大アンモナイト
ですね!我が家には稚内、南アフリカ等の産地
の極小アンモナイトが3~4個あります。
Commented by arisuabu at 2016-05-27 05:17
ヒメオオ 様
アンモナイト、良いですよね。
稚内産のもお持ちとのこと。
もしかしたら、この産地の物かもしれませんね。
Commented by 尚 nao. at 2016-05-28 21:46 x
あはは、これはちょっと気がつかないですよね〜。
化石慣れした人なら気がつくのかも知れませんが、素人にはわからないです。
ダイレクトにこのアンモに辿り着くならともかく、少しでも横を通ったら気がつかないです。
しかしすごいですね〜。
Commented by arisuabu at 2016-05-28 23:06
尚 nao. 様
まさかこんなに大きなモノがあるとは思っていなかったので、完全に眼中にありませんでした。
本当に凄いですよね。
教えてもらっても、最初は信じられませんでした(笑)
名前
URL
削除用パスワード


<< 道北離脱      ゴマフアザラシ? >>