2016年 06月 01日

人形

古潭浜を出て望来を過ぎると、雨は小降りになりました。

しばらく走って、はまなすの丘ヴィジターセンターに到着。

雨はだいぶ弱まりましたが、風がとても強く吹いています。

駐車場で様子を見ていると、雲がゆっくりゆっくり流れていき、海の方からだんだんと青空が広がってきました。

1時間半ほどしてようやく雨雲が無くなったので、早速準備して浜に向かいました。

初めは、琥珀が拾えるかもしれない石狩川河口方向へ向かう予定でしたが、浜に出るとそちらへは行けないよう柵が建てられていて面食らいました。

見ると柵を越えて河口方面へ向かう足跡が複数確認出来ましたが、状況がよく判らないので念のため自粛。

仕方なく河口とは反対の方向を歩きましたが、漂着物自体がとても少なく、成果は漂着石炭1個と砂に埋もれかかった小さな人形を見つけたくらいでした。

c0286530_20404473.jpg
2016年5月7日、石狩市

その後「いしかり砂丘の風資料館」を見学し、積丹回りで南下。

そちらの方はただひたすら車を走らせるだけでしたが、途中1ヶ所だけ、去年アツミモダマを拾った入舸漁港に立ち寄りました。

しかし、途轍もない風が吹き荒れていて、早々に撤退。

その後も淡々と車を走らせ、帰ろうと思えば帰れる所まで来ましたが、このまま帰ってしまうのは何となく悔しかったので考えた末、黒松内のブナ林を歩くことを思い付きました。

そこで寿都から黒松内に行き、午後4時半頃道の駅「くろまつない」に到着。

併設されているパン屋さんで朝食用のパンを買い、ほぼ移動だけの5日目を終えました。


[PR]

by arisuabu | 2016-06-01 21:00 | ビーチコーミング | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 歌才ブナ林      ヤスリツノガイの化石 >>