2016年 06月 04日

巨大キューピー

c0286530_06473096.jpg
2016年5月8日、長万部町

ガンギエイ科の卵殻を撮影している僕を見ていたモノ、それは大人の頭ほどもあるキューピー人形(の頭)でした。

長万部の浜には、どうしてこんなにも大きなキューピー人形が何体も打ち上がるのでしょうか・・・。

前回見つけたのは胴体だけでしたが、今回は頭だけ。

それでもこれも何かの縁と思い、帰りに回収すべく目立つ所に置いて、先へ進みました。

そしてしばらく歩くと、何と胴体を発見。

帰りに持って行って頭部と合わせてみると、見事に一致しました。

c0286530_06473643.jpg
2016年5月8日、長万部町

ところで今回、この記事を書いている時に驚くべきことが判明しました。

実はこの胴体、何と前回見つけたのと同じモノだったのです。

そしてあの時、頭部だけは探しても見つかりませんでした。

それが1ヶ月以上経ち、その間にかなり荒れた日もあったにも関わらず、あまり離れていない場所に揃ってあるなんて・・・。

「偶然」と言ってしまえばそれまでですが、何か大きな「力」が働いて、離ればなれになっていた頭と胴を出合わせようとしていたのでは・・・と、そんなことをつい考えてしまいました。

そして僕もその「力」に導かれて、再び出合うことになったのかもしれません。

何だか不思議な体験をしたのだなぁと、今になってじわじわと思うのでした。


[PR]

by arisuabu | 2016-06-04 20:27 | ビーチコーミング | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< オオエグリシャチホコ      ガンギエイ科の卵殻 >>