2016年 12月 18日

シライトマキバイ

c0286530_20544392.jpg
シライトマキバイ Buccinum isaotakii
2016年10月23日、長万部町

太平洋側の浜で、時々目にする巻貝。

ボンキュッボーンな感じの形をしていて、結構好みです(笑)

打ち上がっているのは大抵無地の真っ白な物ですが、この日は初めて見る薄茶色の模様がある殻が2個も見つかりました。

本種は、ヒタチオビ類とほぼ同じ水深50~500mに棲息し、「灯台ツブ」の名称で食用として販売されているそうです。

種小名が「タキイサオ」という人物に献名されたものだったので調べてみると、軟体動物の研究者で、日本貝類学会の設立に尽力された方だということが分かりました。


[PR]

by arisuabu | 2016-12-18 17:10 | ビーチコーミング | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 懐かしい森、懐かしい人      人形 >>