2017年 01月 25日

不明巻貝

c0286530_20290406.jpg
2016年12月4日、上ノ国町

荒れた後だったので、何か面白い貝が拾えるのではないかと思って出掛けたところ、今まで見たことの無い巻貝に出合いました。

サイズは小さいですが、アラバスターガラスを彷彿とさせる乳白色の殻に螺肋(螺条?)がスッと走っていて、何とも美しい・・・。

c0286530_15220807.jpg
殻高25mm×殻径11mm
(全て同一個体、画像クリックで拡大)

とても気になったので、帰宅後すぐに色々なサイトを見ましたが、一致するような貝は見出せません。

年末に帰省した際には、地元の図書館で学研の「日本の貝1・2」や東海大学出版会の「日本近海産貝類図鑑」なども見ましたが、やはり正体は判らず・・・。

見落としている可能性もありますし、貝の方も幼貝だったり殻皮が剥がれたりと図鑑とは異なる状態のため判らなかった可能性もあるので、もしこの写真で判る方がいらっしゃいましたら、ご教示頂けましたら幸いです。

ところで、「日本近海産貝類図鑑」の第二版が、明日26日発売のようですね(二版と言えば、「日本産水生昆虫」はどうなったのでしょう・・・?)。

掲載種は初版より500種増えて、何と6000種だとか。

貝は今のところ、気になったものをたまに拾うくらいで興味はかなり薄いですが、いつ興味が増しても良いように、この図鑑を手元に置いておくのもありかな・・・と、値段のことは考えずについ思ってしまいます(笑)


[PR]

by arisuabu | 2017-01-25 22:34 | ビーチコーミング | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード


<< 漂着石炭      左手 >>