2017年 02月 12日

ヤカドツノガイ

c0286530_21362905.jpg
ヤカドツノガイ Dentalium octangulatum
2016年12月31日、神奈川県鎌倉市

貝ラインに沿って歩きましたが、貝はやはり拾う人が多いのか、目ぼしそうなものは特に見当たりませんでした。

ただ、北海道では見ないツノガイ類はぽつぽつ目に付いたので、それらをちまちまと拾い集めました。

帰宅後調べると、材木座海岸では5種類のツノガイが確認されているようですが、拾ったのは全て、最普通種とされるヤカドツノガイでした。

ちなみに、北海道では見ないと上で書きましたが、このヤカドツノガイの分布には北海道南部も含まれている様子。

単に、見落としているだけなのかもしれません・・・。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-12 21:44 | ビーチコーミング | Comments(2)
Commented by 尚 nao. at 2017-02-16 22:14 x
個人的な印象ですが、鎌倉のヤカドツノガイは昔に比べると減ったような気がします。
減ったと言われるサクラガイは、それでも今でもそれなりにあるのですが…。
もしかしたら生息環境の変化などが関係しているのかもしれませんね。
Commented by arisuabu at 2017-02-16 23:07
尚 nao. 様
いわゆる「普通種」とされるものも、気付いたらあまり見られなくなっていた・・・というのはしばしば聞く話ですね。
海の中の変化というのは、陸から見ているだけではまず分かりそうもないですが、それでも漂着する貝の変化から、感じ取ることが出来るかもしれませんね。
個人的には、二枚貝でも巻貝でもない形がとても不思議に感じられたので、いつまでも普通に見られたら良いなぁと思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< 元旦猫      統制陶器の絵の具容器? >>