2017年 03月 02日

ヒゲクジラ亜目の鯨ひげ

c0286530_21330380.jpg
ヒゲクジラ亜目 Mysticeti の鯨ひげ
2017年1月4日、千葉県南房総市

「さあ、歩くぞ!」と、勇んで浜に下りた直後に見つけ、度肝を抜かれました。

当初は、こんなモノが自然に漂着するとは思えなかったので、どこかの漁港から流出したのではないかと推測しましたが、色々と調べた結果、その可能性は低いかもしれないと考えるようになりました。

やはり、死亡したクジラから剥がれたモノが、漂着したのでしょうか・・・?

c0286530_21331703.jpg
同鯨ひげ
2017年1月4日、千葉県南房総市

またこの鯨ひげの持ち主ですが、形やサイズなどからミンククジラ Balaenoptera acutorostrata ではないかと思いました。

しかしよくよく調べると、ミンククジラのものとは黄白色部分の入り方が異なっています。

結局、各種ヒゲクジラ類の鯨ひげに関する情報を見つけられなかったため、この持ち主は正体不明となってしまいました。

もし判る方がいらっしゃいましたら、ご教示のほどよろしくお願い致します。

今回の千葉ビーチコは、収穫らしい収穫がほとんど無く悲惨でしたが、そのような中で初めてとなる鯨ひげと出合えたのは、不幸中の幸いでした・・・。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-02 22:12 | ビーチコーミング | Comments(2)
Commented by 尚 nao. at 2017-03-06 21:36 x
南房総市和田浦はクジラ漁で有名なところですが、獲っているのはハクジラのツチクジラです。
これはヒゲクジラなので、和田浦で獲ったものではないでしょうけれど
明らかに加工(人工的に切り取った)されているので、
他の産地から加工用にもってきたものの廃棄物…ということでしょうね。
でも、間近に見られるだけでも貴重な体験ですね!
Commented by arisuabu at 2017-03-07 22:19
尚 nao. 様
和田浦で獲っているのがヒゲクジラ類ではなくハクジラ類のツチクジラであると分かってから、かなり迷走しました・・・。
見つけたのが鯨ひげではなく、龍涎香だったらさらに良かったんですけどね(笑)
名前
URL
削除用パスワード


<< 越冬中のウラギンシジミ      ゴバンノアシ >>