2017年 09月 13日

エゾシカの食痕

c0286530_20082853.jpg
エゾシカ Cervus nippon yesoensis に樹皮を食べられたオヒョウ Ulmus laciniata
2017年5月5日、石狩市

c0286530_20083963.jpg
エゾシカ Cervus nippon yesoensis に樹皮を食べられたオヒョウ Ulmus laciniata
2017年5月5日、石狩市

c0286530_20083217.jpg
エゾシカ Cervus nippon yesoensis に樹皮を食べられたオヒョウ Ulmus laciniata
2017年5月5日、石狩市


[PR]

by arisuabu | 2017-09-13 20:14 | 哺乳類 | Comments(2)
Commented by himeoo27 at 2017-09-17 16:53
対馬だけに生息している「ツシマウラボシシジミ」は
鹿が幼虫の餌となる食草の新芽や花などを食べるので
自然界ではかなり厳しい状況となり、域外飼育で何と
か絶滅を乗り切ろうとしています。
鹿の子供は可愛いですが・・・・・・・・
Commented by arisuabu at 2017-09-17 20:56
ヒメオオ 様
そのような問題があること、初めて知りました。
原因はやはりシカの増加なのでしょうか・・・?
かつては共存していたと思うので、またそれが可能になると良いのですが・・・。
名前
URL
削除用パスワード


<< 神社?      神社 >>