カテゴリ:人工物( 13 )


2016年 04月 01日

狛犬

c0286530_16523105.jpg
阿形
2016年3月26日、福島町

c0286530_16522742.jpg
吽形
2016年3月26日、福島町

キクザキイチゲを撮影した神社の狛犬。

古そう&素朴な作りで、とても好みでした。

また、顔を上げ空を見ているのが印象的でした。

c0286530_21255431.jpg
2016年3月26日、福島町


[PR]

by arisuabu | 2016-04-01 06:46 | 人工物 | Comments(2)
2015年 05月 17日

ガラス玉墓場

助手席から海辺のほうを眺めていたところ、新緑の間から崩れかけた建物の屋根がチラッと見えました。

「もしかしたら番屋跡で、ガラス玉墓場があるかも」ということで、苦労して辿り着き周辺を探索しましたが、ガラス玉はぽつりぽつりとあるばかり。

建物も番屋ではなかったので、「ここはダメかなー・・・」と思っていたところ、やや離れた場所を歩いていたUさんから「ありました!」の一声。

慌ててそちらへ行くと、そこには確かに沢山のガラス玉たちが、土の布団に包まって静かに寝ていました。

c0286530_2138832.jpg
2015年5月2日、撮影地は非公開

c0286530_21381044.jpg
2015年5月2日、撮影地は非公開

c0286530_21381343.jpg
2015年5月2日、撮影地は非公開


2人で手分けして1個ずつ布団から引っ張り出してチェックしたところ、ここでは日本海側では珍しいらしいスリーピースモールドが複数見つかったほか、ツーピースと思われるものも少数ありました。

また、Uさんが1個だけですがスピンドルを発見し、僕に譲ってくれました。

前のガラス玉墓場とは違い、ガラス玉の種類はあまりありませんでしたが、スリーピースモールドが複数あったのがここの特徴でした。

遠征の収穫物の紹介を終えたら、ここで得たガラス玉の記事を書こうと思います。
[PR]

by arisuabu | 2015-05-17 21:46 | 人工物 | Comments(4)
2015年 05月 10日

おはじき

c0286530_18483274.jpg
2015年4月25日拾集


カマイルカと思われる頭骨をゲットした後は目ぼしいものが無かったため、歩きやすい舗装道路に出てささっと車を止めた場所に向かいました。

その途中、道路脇の砂利の中に青いガラス片を見つけたので手に取ったところ、それはポタッと垂らしたガラスに格子模様の型をブニュッと押し付けただけの、何とも大雑把に作られたおはじきでした。

おはじきは今まで、きちんとした形の新しそうなものしか見つけたことがなかったので、古そうなこれはとても嬉しい拾い物でした。
[PR]

by arisuabu | 2015-05-10 19:23 | 人工物 | Comments(4)
2015年 05月 09日

木製浮子

c0286530_20205723.jpg
2015年4月25日、撮影地は非公開


ガラス玉墓場にあった、木製の浮子。

これも今では、浜歩きで出合うには難しいものの一つではないかと思います。
[PR]

by arisuabu | 2015-05-09 20:31 | 人工物 | Comments(0)
2015年 05月 08日

アメリカ製のガラス玉

c0286530_20472640.jpg


ガラス玉墓場での収穫物、その5。

このガラス玉については、Shigeさんこの記事で初めて知り、いつか僕も手にしたいと思っていました。

それを、Uさんが発見したガラス玉墓場から持ち帰ってきたので度肝を抜かれ、僕もそこへ連れて行ってもらったのでした。

しかしとても珍しいモノゆえ、正直2個目はキビしいだろうなぁ・・・と思いながら折り重なっているガラス玉の層を掘り返していると、何とUさんが2個目を発見。

2個あったのならもう1個くらい出るかも・・・と必死でガラス玉を掻き分けた結果、めでたく僕も2個ゲットすることが出来ました。

c0286530_20472989.jpg


それにしてもなぜ、このガラス玉が4個もあったのでしょうか?

ここを使っていた漁師さんが、漂着していたものを見つけては拾っていたのでしょうか?

もしそうだとすると、昔は結構流されてきていたのかもしれません。

ちなみに最近、このガラス玉を浜で拾ったという記事が掲載されているブログを見つけたので、今でも波間を漂っているものがあるようです。

次はぜひ、浜で出合いたいと思います。
[PR]

by arisuabu | 2015-05-08 21:50 | 人工物 | Comments(4)
2015年 05月 07日

チビ玉

c0286530_20414714.jpg


ガラス玉墓場での収穫物、その4。

様々なサイズがあるガラス玉ですが、これが最小クラスではないでしょうか?

以前にUさんが拾ったものを見た時から、あまりの可愛さに欲しいと思っていたので、ようやく夢が叶いました。

c0286530_20414933.jpg

[PR]

by arisuabu | 2015-05-07 20:56 | 人工物 | Comments(0)
2015年 05月 06日

スリーピースモールド

c0286530_18395516.jpg


ガラス玉墓場での収穫物、その3。

これは以前、こちらの浜でも拾ったことがあります。

日本海側ではあまり見られないもののようですが、ここでは2個出てきました。

Uさんが見つけたものにはエンボスがありませんでしたが、僕のものにはご覧のとおり4本線がありました。

エンボスの種類は幾つかあり、ローマ数字のようにも思えますが、一体何なのでしょう?

そして、どんな意図で付けたのでしょう??
[PR]

by arisuabu | 2015-05-06 19:17 | 人工物 | Comments(0)
2015年 04月 30日

グルーブド

c0286530_18535371.jpg


ガラス玉墓場での収穫物、その2。

これもスピンドル同様、Uさんが見つけた2個目を頂きました。

網を結び易くするためなのでしょう、真ん中にぐるっと1周、凹みがついています。
[PR]

by arisuabu | 2015-04-30 18:58 | 人工物 | Comments(8)
2015年 04月 29日

スピンドル

c0286530_2041897.jpg


ガラス玉墓場での収穫物、その1。

スピンドルは最初にUさんが1個見つけ、その後見つけた2個目を僕に下さいました(ありがとうございました)。

プカプカ通信 web版」のこちらの記事から引用させて頂くと、スピンドルは、「吹き上げた後で、シールに使った部分のガラスが柔らかくて流れ出し、シール部分から真下に、糸状になって垂れ下がったもの」ということです。

そうなるとこの写真は、上下が逆ですね。

次に出合う機会があったら、ちゃんとした向きで撮りたいです。
[PR]

by arisuabu | 2015-04-29 21:13 | 人工物 | Comments(2)
2015年 04月 28日

ガラス玉墓場訪問

c0286530_1934440.jpg
2015年4月25日、撮影地は非公開


先日、Uさんが春先に発見したというガラス玉墓場に連れて行ってもらいました。

到着すると、潰れた小屋のあちこちから、ガラス玉がこぼれ出しているという衝撃的な光景が・・・!

それを目にして居ても立ってもいられなくなり、撮影もそこそこに、幾重にも重なったガラス玉の層に身を投じて掘り返しました。

c0286530_1934644.jpg
2015年4月25日、撮影地は非公開


その結果、幾つもの素敵なガラス玉をゲットすることが出来たので、これから1個ずつ紹介していこうと思います。

それにしても、気付かないだけで、こういう場所はまだまだあるんでしょうね・・・。

そしてそこでは、滅多にお目にかかれないようなガラス玉が、使われなくなったその日からひっそりと眠り続けているのでしょう・・・。
[PR]

by arisuabu | 2015-04-28 20:52 | 人工物 | Comments(4)