カテゴリ:鞘翅目( 98 )


2016年 09月 13日

ハッカハムシ

c0286530_10563221.jpg
ハッカハムシ Chrysolina exanthematica
2016年8月14日、せたな町


[PR]

by arisuabu | 2016-09-13 06:41 | 鞘翅目 | Comments(2)
2016年 09月 09日

ダイミョウアトキリゴミムシ

c0286530_10454604.jpg
ダイミョウアトキリゴミムシ Cymindis daimio
2016年8月10日、厚沢部町

林床をちょろちょろと駆け抜ける赤い虫が、視界の隅に入りました。

ムネアカオオアリかと思いましたが、よく見たら久しぶりのダイミョウアトキリゴミムシ。

この個体も以前見つけたのと同じく、腿黒タイプでした。

今まで出合ったダイミョウアトキリゴミムシは全て腿黒タイプなので、いつか腿黒でない標準的な個体と、腿黒がデフォのモモグロダイミョウアトキリゴミムシを見てみたいです。


[PR]

by arisuabu | 2016-09-09 07:32 | 鞘翅目 | Comments(2)
2016年 08月 28日

ムネスジフトカミキリモドキ

c0286530_08211762.jpg
ムネスジフトカミキリモドキ Asessinia ohmomoi
2016年8月6日、江差町

以前から江差の浜で目にしていた、正体不明のカミキリモドキ。

既知種だと勝手に思っていましたが実は未記載種で、今年の5月に新種記載されました。

現在分布が確認されているは、茨城県東部と北海道南西部の2ヶ所のみ。

論文が発表されてから行く先々の浜で探してはいますが、まだ新産地発見には至っていません。

こちらでは、生息地では多くの個体が見られますが、そこからちょっと離れると途端に見つかる数が減るので、生息範囲はかなり狭いのかもしれません。

いつか、新産地を発見したいものです。

〈参考文献〉
Hideo AKIYAMA and Shigehisa HORI, 2016. A New Species of the Genus Asessinia (Coleoptera, Oedemeridae) from Central Honshu and Southwestern Hokkaido, Japan. Elytra, n. s., 6(1): 47-50.


[PR]

by arisuabu | 2016-08-28 21:11 | 鞘翅目 | Comments(2)
2016年 07月 27日

ミドリカミキリ

c0286530_18352468.jpg
ミドリカミキリ Chloridlum viride
2016年6月15日、厚沢部町

アキタブキ Petasites japonicus subsp. giganteus の葉上で、ジッとしていました。


[PR]

by arisuabu | 2016-07-27 06:14 | 鞘翅目 | Comments(6)
2015年 09月 10日

ハッカハムシ

c0286530_06591661.jpg
シロネ Lycopus lucidus 上のハッカハムシ Chrysolina exanthematica ペア1
2015年8月16日、せたな町

近所ではこの色しか見ませんが、初めて青色の個体に出合うことが出来ました。

とても綺麗で、大感激。

教えてくださった、いつもお世話になっている札幌の学芸員さん、ありがとうございました。

c0286530_06591950.jpg
シロネ Lycopus lucidus 上のハッカハムシ Chrysolina exanthematica ペア2
2015年8月16日、せたな町



[PR]

by arisuabu | 2015-09-10 07:21 | 鞘翅目 | Comments(0)
2015年 08月 17日

アオカナブン

c0286530_7222032.jpg
アオカナブン Rhomborhina (Rhomborhina) unicolor unicolor
2015年8月5日、せたな町


ミズナラの樹液を、夢中で舐めていました。

c0286530_7222215.jpg
同個体
2015年8月5日、せたな町

[PR]

by arisuabu | 2015-08-17 07:24 | 鞘翅目 | Comments(2)
2015年 08月 14日

オオトラカミキリ

近所の森をブラブラしていたところ、黒地に黄色い縞が入った昆虫が、林床に積み重なった小枝の間をあたふた歩いているのが目に入りました。

配色や時期的にアカウシアブかなと思いましたが、ちょっと違うようなのでよく見たところ、それは久しぶりのオオトラカミキリ。

しかも、前胸背が真っ黒の、初めて見る♂個体でした。

c0286530_192814100.jpg
オオトラカミキリ Xylotrechus villioni
2015年8月1日、厚沢部町で採集


普段は、トドマツの樹冠部で暮らしているというオオトラカミキリ。

は産卵のため下におりてきますが、♂はそういったことが無いため、なかなか採りづらいと言われています。

この♂がなぜ地面にいたのかは分かりませんが、幸運な出合いに嬉しくなりました。
[PR]

by arisuabu | 2015-08-14 19:44 | 鞘翅目 | Comments(4)
2015年 08月 05日

オオキベリアオゴミムシ

c0286530_4402440.jpg
オオキベリアオゴミムシ Epomis nigricans
2015年7月21日、厚沢部町


菌類を食べるのではないかと噂されているセンチコガネを探しに行った時に、久しぶりに出合いました。

本種の幼虫はカエル類に外部寄生し、体液を吸って成長することで知られています。

ちなみに、本命のセンチコガネは外しました。
[PR]

by arisuabu | 2015-08-05 04:41 | 鞘翅目 | Comments(2)
2015年 07月 21日

ハイイロゲンゴロウ

c0286530_7111448.jpg
ハイイロゲンゴロウ Eretes griseus
2015年7月4日、江差町


大雨で出来た水溜りに、ハイイロゲンゴロウがいました。

この場所では以前に複数の個体を確認したことがありましたが、今回は写真の1頭のみ。

c0286530_7111787.jpg
同個体
2015年7月4日、江差町


手元にある図鑑の中では一番新しい「福岡県の水生昆虫図鑑」によると、本種の分布には北海道も含まれています。

以前は、道内で発見される個体は本州から飛来したものと考えられていたと思いますが、現在では定着しているのでしょうか?
[PR]

by arisuabu | 2015-07-21 07:16 | 鞘翅目 | Comments(6)
2015年 06月 10日

エゾマイマイカブリ

c0286530_2103861.jpg
エゾハルゼミ Terpnosia nigricosta を捕食する、エゾマイマイカブリ Damaster blaptoides rugipennis


エゾマイマイカブリが、何かを咥えてトドマツから降りてくるところに出くわしました。

何を捕まえたんだろうと近寄って見てみると、驚いたことに獲物はエゾハルゼミ。

よく捕まえられたなぁと感心しましたが、セミの体色からすると、羽化してまだ間もない個体のようでした。

エゾマイマイカブリが木に登り、樹液を舐めている姿は時々見かけますが、樹上で獲物を捕まえるということも、時にはあるようです。
[PR]

by arisuabu | 2015-06-10 21:07 | 鞘翅目 | Comments(2)