<   2013年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2013年 11月 30日

マメガキ

c0286530_17364184.jpg
マメガキ Diospyros lotus
2013年11月24日、厚沢部町緑町


元営林署跡地にある、2本のマメガキ。

今年は、枝先にびっしりと実を生らせていました。

c0286530_17364597.jpg
マメガキの液果
2013年11月24日、厚沢部町緑町


以前から注意していたつもりですが、果実を見たのはこれが初めてで、そのサイズにビックリしました。

さすが、「マメ」とつくだけのことはありますね。

c0286530_1736488.jpg
この小ささ!
2013年11月24日、厚沢部町緑町

[PR]

by arisuabu | 2013-11-30 17:38 | 植物 | Comments(2)
2013年 11月 28日

マルカメムシ

c0286530_0152940.jpg
マルカメムシ Megacopta punctatissimum


知り合いのお宅でご馳走になった富有柿に付いていたと思われる、マルカメムシ。

聞くとその柿は、福岡県宗像市から送られてきたものとのこと。

この個体も、遥か福岡の地からやって来たのかもしれませんね。

僕の地元埼玉では、あちこちに繁茂しているクズで普通に見られました。

しかし北海道では、クズはあっても本種は分布していないようで、見たことがありません。
[PR]

by arisuabu | 2013-11-28 22:18 | 半翅目 | Comments(0)
2013年 11月 27日

春を待つ

c0286530_2237507.jpg
アキタブキ Petasitis japonicus ssp. giganteus
2013年11月27日、厚沢部町字木間内

[PR]

by arisuabu | 2013-11-27 22:39 | 植物 | Comments(0)
2013年 11月 27日

オビカレハの卵塊

c0286530_22341193.jpg
オビカレハ Malacosoma neustrium testaceum の卵塊
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町

[PR]

by arisuabu | 2013-11-27 22:36 | 鱗翅目 | Comments(2)
2013年 11月 26日

オオカマキリの卵鞘と、北海道のカマキリのこと

c0286530_19243320.jpg
オオカマキリ Tenodera aridifolia の卵鞘
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町


林道沿いのヤナギ類の稚樹に産み付けられていた、オオカマキリの卵鞘。

地面から15cmくらいという、今まで見たことが無い低い位置への産卵に、ビックリしてしまいました。

c0286530_19243648.jpg
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町

c0286530_19243958.jpg
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町


そういえば、以前に撮影した成虫の写真が未掲載だったので、一緒に載せておきます。

c0286530_1953533.jpg
オオカマキリ Tenodera aridifolia
2013年9月1日、厚沢部町緑町

c0286530_1953769.jpg
同個体
2013年9月1日、厚沢部町緑町


ところで、北海道にはオオカマキリとウスバカマキリの2種が分布することが知られていますが、3種目となるコカマキリも記録されていることを、以下の報告によって最近知りました。

・小川浩太,2013.コカマキリの札幌市初採集記録.jezoensis,(39):26.
・坂田潤一,2013.せたな町北檜山区兜野でオオカマキリの観察.jezoensis,(39):108.

特に坂田(2013)には、1988年に上ノ国町の目名川沿いでコカマキリを採集したとあります。

上ノ国町はすぐ隣なので、こちらでも見つからないか、今後注意したいところです。
[PR]

by arisuabu | 2013-11-26 20:11 | 蟷螂目 | Comments(4)
2013年 11月 25日

ベニヒワ

c0286530_208343.jpg
カラマツ Larix kaempferi で食事中のベニヒワ Carduelis flammea flammea
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町


青空に映える、金色に輝くカラマツの美しさに見惚れていたら、サーッと小鳥の群れがやって来て、球果から種子を取り出して食べ始めました。

「何という鳥だろう?」と思い、しばらく見ていましたが、よく分かりません。

そこで、写真に撮ってモニターで拡大して見てみたところ、赤い頭部から、ベニヒワかコベニヒワのどちらかであることが分かりました。

c0286530_208671.jpg
餌に囲まれています
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町


帰宅後、両種の識別点を調べたところ、ベニヒワの腰には褐色の縦斑があるが、コベニヒワにはそれが無く、はっきりと白いとのこと(しかしベニヒワにも、稀に腰が白い個体がいるそうです)。

改めて写真を見ると、撮影個体はどれも腰に縦斑があったので、ベニヒワだということが判りました。

ただ、ベニヒワの群れにコベニヒワが交じることもあるそうなので、40~50羽のこの群れの中にも、しっかりと探せばコベニヒワがいたかもしれませんね。

c0286530_208984.jpg
鳥尻
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町

[PR]

by arisuabu | 2013-11-25 20:37 | 鳥類 | Comments(2)
2013年 11月 24日

コアシナガバチ

c0286530_2153951.jpg
コアシナガバチ Polistes snelleni
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町


ふらりと立ち寄った場所で、1頭のコアシナガバチと出合いました。

時期的に、働き蜂はもういないと思うので、越冬中の新女王ではないでしょうか。

最近はずーっと天気が悪く、また明日からもずーっと天気が悪いようですが、今日は珍しく青空が広がり、暖かい1日でした。

そんな陽気に誘われて表に出てくるのは、人も虫も同じようです。
[PR]

by arisuabu | 2013-11-24 21:15 | 膜翅目 | Comments(0)
2013年 11月 21日

ミズヒキクキコブフシ

c0286530_20143137.jpg
ミズヒキ Persicaria filiformis に形成された、ミズヒキクキコブフシ
2013年11月6日、厚沢部町本町

c0286530_20143486.jpg
内部

c0286530_20143768.jpg
タマバエ科 Cecidomyiidae の幼虫

c0286530_20144190.jpg
ミズヒキクキコブフシ
2013年11月9日、厚沢部町本町

c0286530_20144580.jpg
ミズヒキクキコブフシ
2013年11月9日、厚沢部町本町

c0286530_20144843.jpg
タマバエ科の

c0286530_20553489.jpg
取り出した蛹

[PR]

by arisuabu | 2013-11-21 20:19 | 双翅目 | Comments(0)
2013年 11月 20日

ミヤマカケス

c0286530_20572418.jpg
ミヤマカケス Garrulus glandarius brandtii
2013年11月17日、厚沢部町土橋自然観察教育林

[PR]

by arisuabu | 2013-11-20 20:58 | 鳥類 | Comments(2)
2013年 11月 19日

もう、秋ではないけれど・・・

c0286530_20361270.jpg
ウスタビガ Rhodinia fugax diana の繭
2013年11月17日、厚沢部町本町


「秋の日は釣瓶落とし」

撮影中、なぜだかその言葉が思い浮かんだので、それを意識しながらモノクロ加工してみました。
[PR]

by arisuabu | 2013-11-19 20:43 | 日常 | Comments(0)