<   2014年 10月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2014年 10月 31日

c0286530_1943355.jpg
側面(幅38mm、高さ23mm)
2014年10月11日、江差町田沢町


砂利が堆積しているところに、ぽつんとありました。

牛か馬のものでしょうか?

c0286530_1943542.jpg
上面(厚さ12mm)
2014年10月11日、江差町田沢町


鎌倉の海岸では、古い時代の馬の歯が拾えるそうですが、これを見つけた時、そのことを思い出しました。


[PR]

by arisuabu | 2014-10-31 19:54 | ビーチコーミング | Comments(6)
2014年 10月 30日

背骨の化石?

c0286530_19332050.jpg
脊椎骨?
2014年10月11日、江差町伏木戸町


漂着物ラインからふと目を離して見た先に、背骨と思しき形をした小さな骨が1個、コロッと転がっていました。

つまらない骨だなと思いながらも手に取ってみたところ、ズシッとした骨らしからぬ重みがあってビックリ。

よくよく見ると、全体的に石化しているようでした。

こういうものも、「化石」と言えるのでしょうか??

c0286530_19332391.jpg
長さ36mm、幅20mm

c0286530_19332536.jpg
厚さ18mm

c0286530_19332756.jpg
中央部は窪んでいます

c0286530_19332981.jpg
何の骨でしょう?

[PR]

by arisuabu | 2014-10-30 20:02 | ビーチコーミング | Comments(2)
2014年 10月 29日

ガラス玉

この日は柳崎町から尾山町まで歩いたのですが、途中の伏木戸で、こちらでは珍しく5個ものガラス玉を拾うことが出来ました。

c0286530_2122820.jpg
ガラス玉1
2014年10月11日、江差町伏木戸町

c0286530_2123087.jpg
ガラス玉2
2014年10月11日、江差町伏木戸町

c0286530_2123284.jpg
ガラス玉3(ハングルのエンボス有り)
2014年10月11日、江差町伏木戸町

c0286530_2123396.jpg
ガラス玉4
2014年10月11日、江差町伏木戸町

c0286530_212366.jpg
ガラス玉5
2014年10月11日、江差町伏木戸町

[PR]

by arisuabu | 2014-10-29 21:07 | ビーチコーミング | Comments(2)
2014年 10月 28日

ハクジラ亜目の脊椎骨

c0286530_6473752.jpg
駒ヶ岳とハクジラ亜目 Odontoceti の脊椎骨
2014年10月5日、森町砂原


イルカ類のものですが、種類は判りません。

復路で回収しようと思っていましたが、諸事情により果たせませんでした・・・。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-28 07:17 | ビーチコーミング | Comments(2)
2014年 10月 27日

驚異のアラスカ


先日、たまたま見つけた動画。

以前にUさんと、地球上のどこかに沢山のガラス玉が集まる「ガラス玉の墓場」のような場所があるのではないかと話したことがありましたが、アラスカがまさにその場所のようでした。

アラスカ、凄い・・・。


[PR]

by arisuabu | 2014-10-27 22:14 | ビーチコーミング | Comments(2)
2014年 10月 26日

ガラス玉

尺玉探し遠征時の、ガラス玉たち。

c0286530_728375.jpg
カバー付きガラス玉
2014年10月5日、森町砂原


砂原の浜を歩き始めて間もなく見つけた、カバー付きのガラス玉。

カバーに対して中のガラス玉が小さいのでブカブカしていて、初めは割れているのかと思ってしまいました。

c0286530_2218413.jpg
頂いたガラス玉
2014年10月5日、森町砂原


尺玉を下さった父さんは、よく拾えるサイズのものもくれました。ありがとうございました。

c0286530_2218939.jpg
恵山とガラス玉
2014年10月5日、函館市日ノ浜町


道の駅「なとわ・えさん」裏の浜を、ずーっと歩いた先で出合いました。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-26 22:19 | ビーチコーミング | Comments(0)
2014年 10月 25日

尺玉を求めて・・・ ―渡島半島太平洋側ぐるっと巡り―

ガラス玉にハマったUさんのお誘いで、尺玉探し遠征に行ってきました。

まずは落部に抜け、そこからひたすら海沿いを南下。

目的地とした砂原へ行くまで、事前に調べた砂浜をチェックしながら進みましたが、どこもしょぼく、成果は何一つありませんでした。

c0286530_1954147.jpg
砂原の浜
2014年10月5日、森町砂原


そして、目的地の砂原に到着。

しかしここも、予想に反して目ぼしいものは何も無く、はるばる来た甲斐が全くありませんでした。

c0286530_19541547.jpg
浜の休憩所
2014年10月5日、森町砂原


浜には流木を利用して作られた休憩所があり、地元の父さんが2人、腰を下ろしていました(写真の休憩所は、その後にあった2つ目のものです)。

挨拶がてら立ち寄って色々とお話をお聞きしたところ、現在では尺玉はほとんど漂着しないということを教えてくれました。

お礼を言って再び歩き始めたのですが、もうこれ以上歩いても成果は望めないだろうと判断し、足どり重く引き返しました。

そうして最初の休憩所を過ぎたところで、後ろからオーイと父さんの呼び声。

「何だろう?」とUさんと顔を見合わせて行くと、「1個しかないけど、コレ、持ってけ」と言って、以前に浜で拾ったという尺玉を裏から出してきてくれました。

思わぬ形で尺玉を得ることができ、父さんに深く深く感謝しながら、砂原の浜を後にしました。

c0286530_1954177.jpg
尺玉を持つUさん
2014年10月5日、森町砂原


砂原からしばらくは歩けるような砂浜が無く、ひたすら進むのみ。

そうしてようやくたどり着いた所も、漂着物的には全然良くありませんでした。

ただ、浜の近くに積み上げられた尺玉があり、その中にビール瓶色をしたものを見つけた時には、こんな色もあるのかと知識がちょっと増えたような気がしました。

c0286530_19542041.jpg
積み上げられた尺玉たち(ビール瓶色のものは、右端にちょっとだけ見えています)
2014年10月5日、函館市


ちょうどお昼になったので近くのカフェに入ったのですが、マスターと話しているうちに厚沢部に共通の知り合いが何人もいることが分かり、そのおかげか、帰り際に店先に飾ってあった尺玉を2個、持たせてくれました。

c0286530_19542121.jpg
僕が頂いた尺玉
2014年10月5日、函館市


その後も数ヶ所の浜に立ち寄りましたが、ついに尺玉の姿はありませんでした。

しかし、ご厚意に甘える形で3個もの尺玉を得ることが出来たのは、ちょっと複雑な気持ちもありましたが、とても嬉しいことでした。

今回は落部から函館の湯の川まで走破しましたが、距離の割には歩けるような砂浜がほとんど無かったので、よっぽどのことが無い限り、この地域を再訪することは無さそうです。

ただ、今までの遠征ではほとんど無かった地元の方との触れ合いがあったおかげで、とても印象に残るものとなりました。

いつかまた、お世話になった方々に会うことがあったら、改めて感謝の気持ちを伝えたいです。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-25 20:34 | ビーチコーミング | Comments(6)
2014年 10月 24日

おかめさん

c0286530_208476.jpg
オカメブンブク Echinocardium cordatum の欠片
2014年10月4日、長万部町


せたなの浜の次は太平洋側に抜け、長万部町の浜を歩きました。

ここではハスノハカシパンが無数に打ち上げられていましたが、それに交じって憧れのオカメブンブクもちらほら。

しかし残念なことに全て割れていて、完品は見つかりませんでした・・・。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-24 20:26 | ビーチコーミング | Comments(2)
2014年 10月 23日

Angel-in-us Coffeeの(個人的)新商品

c0286530_2024193.jpg
カフェモカ
2014年10月4日、せたな町


キャラメルマキアートは何個も見つけていますが、カフェモカは初めてだったので、見つけた時はちょっと興奮してしまいました。

この商品、何種類くらいあるのでしょうか?

ネットで調べればすぐに分かることなのでしょうが、そんなことはせず、これからも浜での出合いの中で知っていきたいと思います。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-23 20:35 | ビーチコーミング | Comments(0)
2014年 10月 23日

好みの味に!

c0286530_2011356.jpg
チョウセンゴヨウ Pinus koraiensis と思われる種子が入った酒ビン
2014年10月4日、せたな町


以前こちらの浜で、チョウセンゴヨウと思われる種子が入っている酒ビンを見つけましたが、同じようなものを、せたなでも見つけてしまいました。

以前のものは種子をそのまま入れていましたが、今回のは早く風味を利かせたかったのか、入っていたのは割られたもの。

ビンにはラベルもエンボスもありませんでしたが、匂いからするとやはりウィスキーのようでした。

このようなお酒の楽しみ方をする人は、意外といるのかもしれませんね。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-23 20:16 | ビーチコーミング | Comments(0)