<   2015年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧


2015年 01月 31日

パイロットのインク瓶

c0286530_1926176.jpg
高さ64mm、底面53×44mm


形とエンボスのおかげですぐに判る、パイロットのインク瓶。

かつて丸ペンで生き物の絵を描いていた時にお世話になっていたのが、同社のインクでした。

c0286530_1926259.jpg
エンボス


エンボスは底面にもあり、そちらには「石」と思われる漢字の横に、「11」とあります。

リンクさせて頂いているfujiさん記事によると、漢字はこの瓶を製造した「有限会社石塚硝子製造所」のエンボスということでした。

また、数字に関しては製造年ではないかと推測されていますが、他の方のブログでその方が調べた限りでは、この形の瓶は昭和14年から昭和33年の間に使用されたものとされ、また別の方のブログでは「石 67」のエンボスがあると報告されています。

それらのことから考えると製造年では無いように思えますが、そうなると一体何の数字なのでしょうか? 成形の型番とか??
[PR]

by arisuabu | 2015-01-31 21:08 | ボトルディギング | Comments(4)
2015年 01月 30日

小瓶

c0286530_19411775.jpg
高さ64mm、幅30mm、厚さ4mm~16mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


昨日の小瓶以上に気泡が見当たらない、成形小瓶。

側面からでは単なる長方形にすぎませんが、下から見ると・・・

c0286530_19411989.jpg
底面


まるで雫のような形をしていることが分かります。

サイズや形から、これも化粧品関係の瓶ではないかと思っていますが、それにしても小さいので、一体何が入っていたのかととても気になっています。
[PR]

by arisuabu | 2015-01-30 21:20 | ボトルディギング | Comments(2)
2015年 01月 29日

小瓶

c0286530_18201574.jpg
高さ48mm、底面52mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


成形もののため歪みは無く気泡もほとんどありませんが、形が面白かったのでお持ち帰り。

小学生の頃に理科の実験で使った、アルコールランプを彷彿とさせます。

化粧関係の瓶でしょうか?
[PR]

by arisuabu | 2015-01-29 18:37 | ボトルディギング | Comments(8)
2015年 01月 28日

大きな「S」

c0286530_15415666.jpg
高さ180mm、底面69mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


僅かな歪みと少しの気泡。

それだけであればあまりに味気無かったですが、底面に大きくてカッコいい「S」のエンボスがあったので持ち帰りました。

c0286530_15415817.jpg
エンボス


こういったサイズの瓶には、何が入っていたのでしょうか?
[PR]

by arisuabu | 2015-01-28 17:39 | ボトルディギング | Comments(4)
2015年 01月 27日

糊瓶

c0286530_20392660.jpg
(右)高さ54mm、底面44mm
(中)高さ39mm、底面54mm
(左)高さ40mm、底面47mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


いわゆる「糊瓶」たち。

現地では薄汚れたただの広口瓶だと思い、持ち帰るかどうか散々悩みましたが、結果的に持ち帰って良かったとしみじみ思いました。

洗ってみないと、本来の姿というのは分からないのですね・・・。

c0286530_20392181.jpg
お気に入り


この瓶の底面には、3つの「Y」と「O(オー)」あるいは「0(ゼロ)」のエンボスがありました。

高さがあるので、もしかしたらクリーム系が入っていたのかもしれません(中身によって瓶の形が若干異なるようなのですが、さっぱり見分けがつきません・・・)。

c0286530_1412157.jpg
エンボス

c0286530_2039308.jpg
ポッチが一つ・・・


そして1枚目の写真に写っている瓶のうち、右と真ん中のものの底面には、点字のようなポッチが1個ありました。

尚 nao. さんのこの記事の瓶底には4つのポッチがあるので、何らかの意味があるのだと思いますが、それは一体何なのでしょうか?
[PR]

by arisuabu | 2015-01-27 21:33 | ボトルディギング | Comments(4)
2015年 01月 26日

靴クリーム瓶

c0286530_19592122.jpg
高さ52mm、底面64mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


こういった瓶は「糊瓶」と呼ばれていますが、実際には糊だけでなく、化粧クリームや染料など、様々なものが入っていたようです。

この瓶は底面に、○に日のエンボスがありました。

c0286530_19592366.jpg
エンボス


調べてみたところ、これはどうやら靴クリーム瓶で、エンボスは「日靴塗聯」の「日」であると思われました。

「日靴塗聯」のエンボスが入った瓶は多くのブログで紹介されていますが、検索した限りでは何なのか判らなかったので、少なくともネット上では現在も正体不明のままのようです・・・。
[PR]

by arisuabu | 2015-01-26 21:29 | ボトルディギング | Comments(2)
2015年 01月 25日

両口式点眼瓶

c0286530_1082784.jpg
(上)長さ76mm、幅19mm、厚さ13mm
(下)長さ68mm、幅23mm、厚さ16mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


1月3日に見つけたハケでの拾集品を紹介していますが、そこで特に嬉しかったものの一つは、2種類の割れていない両口式点眼瓶。

上の青色の方には「EYE WATER ROHTO」というエンボスがあったのでロート製の「ロート目薬」と判りましたが、下の方は反対側に「22」のエンボスがあるだけで、どこのものかは不明でした。

しかし、ユキさんもう一つのブログを見ていたところ、ロート製薬の「ペニマイ目薬」として紹介されているものと同一であると思われ、結果としてどちらもロート製であることが判りました。

c0286530_1082918.jpg
「ROHTO」のRの左斜め下に、「Y」のエンボスもあります


水色の方は、尚 nao. さんこの記事によると、「太・中・細」の3タイプがあるといい、これは「中タイプ」のようです。

また、ユキさんの記事で、中タイプでも「EYE LOTION ROHTO」というエンボスのものがあることを知りました。

ロート製薬のHPを見ると、ロート目薬は1931(昭和6)年の発売、ペニマイ目薬は1952(昭和27)年でした。

目薬瓶は他にも色々なものがあるので、いつか別のものを・・・と思っています。
[PR]

by arisuabu | 2015-01-25 11:43 | ボトルディギング | Comments(2)
2015年 01月 24日

茶色い小瓶

c0286530_9142933.jpg
高さ51mm、幅32mm、厚さ26mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


山崎帝國堂の瓶に似ていますが、こちらはサイズが小さくエンボスは無し。

・・・と思ったら、底面に社章らしきエンボス(と大きな気泡)がありました。

c0286530_9143226.jpg
エンボスと気泡(右上)


この人字状のエンボスから何の瓶か調べられないかと、検索したりビン関係の色々なブログを見たりしましたが、結局は分かりませんでした・・・。

多分薬瓶だと思いますが、何が入っていたのでしょう?
[PR]

by arisuabu | 2015-01-24 12:47 | ボトルディギング | Comments(5)
2015年 01月 23日

山崎帝國堂

c0286530_1945439.jpg
高さ76mm、幅46mm、厚さ26mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


創業1888年、現在も経営を続けている「山崎帝國堂」のエンボスが入った小瓶(底面には、「23」のエンボス有り)。

便秘薬の「毒掃丸」が有名で、この小瓶にも、おそらくその丸薬が入っていたのではないでしょうか?

社名のエンボスを除けば、歪みや気泡がほとんど無い、ある意味残念な瓶でした。
[PR]

by arisuabu | 2015-01-23 20:25 | ボトルディギング | Comments(2)
2015年 01月 22日

小瓶

c0286530_20263782.jpg
(左)高さ63mm、底面26mm
(右)高さ57mm、底面25mm
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区で拾集


右側は目盛が付いているので、水薬系だと思います。

左は判りませんが、やはり薬系でしょうか?

素朴な感じが、とても好ましいです。
[PR]

by arisuabu | 2015-01-22 20:41 | ボトルディギング | Comments(7)