<   2015年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 31日

キタキツネ

ふと前方に視線を向けると、道路脇にキタキツネの姿。

向こうも僕に気付いたので、きっと逃げられるんだろうなぁと思いながら見ていると、予想に反しズンズンとこちらに歩いてきました。

c0286530_204199.jpg
キタキツネ Vulpes vulpes schrencki
2015年3月28日、厚沢部町鶉町


そして、餌をねだるような仕草は見せませんでしたが、しばらく僕の周りをウロウロしていました。

c0286530_2042083.jpg
尻尾が立派!
2015年3月28日、厚沢部町鶉町


そのうち、畑に入って行って少し地面を引っ掻いたかと思ったら、何とネズミを捕獲!

あまりに唐突な出来事を目の当たりにし、まさに狐につままれたような思いでした。

c0286530_2042290.jpg
お食事中
2015年3月28日、厚沢部町鶉町


それにしても、不思議な雰囲気をまとったキツネでした。

いつかまた、出合いたいものです・・・。
[PR]

by arisuabu | 2015-03-31 21:12 | 哺乳類 | Comments(2)
2015年 03月 30日

エルタテハ

c0286530_18452074.jpg
エルタテハ Nymphalis vavalbum samurai
2015年3月28日、厚沢部町字上の山


厚沢部では、去年初めて見たエルタテハ。

今年もまた、出合うことが出来ました。

この個体は警戒心が強く全然寄らせてくれなかったので、離れた所から望遠レンズで撮影。

近付けない被写体を撮るのにも望遠レンズは重宝しますが、今持っているのはイラッとするぐらい使えないので、別のものが欲しいです・・・。
[PR]

by arisuabu | 2015-03-30 19:02 | 鱗翅目 | Comments(2)
2015年 03月 29日

クジャクチョウ

c0286530_19502929.jpg
クジャクチョウ Inachis io geisha
2015年3月28日、厚沢部町字鶉


毎春同じような写真を撮っていますが、見つけたらやはり、撮らないわけにはいきません。

今年、クジャクチョウが活動しているのを初めて見たのは、約1週間前の3月21日でした。
[PR]

by arisuabu | 2015-03-29 20:11 | 鱗翅目 | Comments(2)
2015年 03月 28日

フクジュソウ

c0286530_8583337.jpg
フクジュソウ Adonis ramosa
2015年3月25日、厚沢部町字上里

[PR]

by arisuabu | 2015-03-28 09:00 | 植物 | Comments(2)
2015年 03月 27日

エゾアカガエル

c0286530_6442893.jpg
エゾアカガエル Rana pirica の卵塊
2015年3月18日、江差町小黒部町


エゾサンショウウオ同様、本種も止水あるいはゆる~い流れのある場所に産卵します。

そのため、同所で両種の卵が見られることもしばしば。

江差のこの場所でもやはり、両方の卵が見られました。

c0286530_6443344.jpg
エゾアカガエル Rana pirica
2015年3月22日、厚沢部町字美和


卵の撮影は簡単ですが、成体となるとそうはいきません。

この日も成体を狙っていたのですが、上の写真を撮るのがせいぜいでした・・・。
[PR]

by arisuabu | 2015-03-27 07:17 | 両生・爬虫類 | Comments(0)
2015年 03月 26日

エゾサンショウウオの卵塊

c0286530_641890.jpg
エゾサンショウウオ Hynobius retardatus の卵塊
2015年3月18日、江差町小黒部町


海からの帰り道、数年前に見つけた場所でまた、エゾサンショウウオの卵塊を見ることが出来ました。

c0286530_641107.jpg
同卵塊
2015年3月18日、江差町小黒部町


1頭の♀は、沢山の卵が詰まった卵嚢を1対だけ産みます。

そのため、卵嚢の数を数えれば、そこで産卵した♀の数が分かります。

この場所では少なくとも20頭以上の♀が集まり、そこに更に♂も加わるので、さぞかし賑やかだったことでしょう。

その場面をいつか、写真に収めたいところです。
[PR]

by arisuabu | 2015-03-26 07:10 | 両生・爬虫類 | Comments(8)
2015年 03月 24日

んち

c0286530_21534589.jpg
2015年3月18日、江差町水堀町


視界に入った瞬間、本物かと思ってギョッとしてしまいました。

しかし、こんなに見事な形のものが存在するはずが無いと自分に言い聞かせ、慎重に近付いて十分観察してから手に取ると、やはり作り物。

素材は、ウレタンのようなものでした。

裏側には穴が開いていたので、きっとそこに棒を差し込み、友達を追いかけ回してからかうようなおもちゃなのでしょう。

撮影後、持ち帰ろうかどうしようかしばし悩みましたが、これを喜ぶ人はおそらく誰もいないだろうと思い、そのまま置いてきました。

今日は海がかなり荒れたらしいので、もしかしたらこのおもちゃは再び、波間をプカプカと漂っているかもしれません。
[PR]

by arisuabu | 2015-03-24 22:25 | ビーチコーミング | Comments(2)
2015年 03月 23日

春を見る

c0286530_7274033.jpg
2015年3月22日

[PR]

by arisuabu | 2015-03-23 07:28 | 日常 | Comments(2)
2015年 03月 21日

ウォッカのアルミ缶

c0286530_23225358.jpg
2015年3月8日、上ノ国町北村


浜を歩くと、本当に色々なウォッカの瓶を目にしますが、中にはこのようなアルミ缶のものもあります。

アルミ缶はカッコ良く、僅かな凹み程度であれば、ついつい持ち帰ってしまいます。

そして写真のものは、これまで見つけた中で一番状態が良く、全くと言って良いほど凹みがありません。

また、ワールドカップ仕様っぽいラベルも綺麗に残っていて、どこか近くで捨てられたものではないかと思ってしまったほど。

このウォッカは国内でも販売されているようなので、実際に近くで捨てられた可能性も十分考えられます。

この日はスネークスキンのガラス玉も拾えたので、ルンルン気分で帰途につきました。

しかし、嬉しい気分のまま厚沢部へ戻ることは出来ませんでした。

何と途中、不幸な偶然が重なり、このアルミ缶が自転車前輪のスポークの間にすっぽりと挟まってしまったのです。

当然、自転車は急停止。

乗っていた僕は慣性の法則で前方に投げ出され、何が起こったのか分からないうちに、やはり法則に従った自転車が上から降ってきました。

怪我は大したこと無かったのですが、せっかくのアルミ缶はベコベコに凹んでしまい、それを見た僕の心もベッコリと凹んだのでした・・・。
[PR]

by arisuabu | 2015-03-21 23:24 | ビーチコーミング | Comments(2)
2015年 03月 21日

キューピー人形

c0286530_848350.jpg
2015年3月8日、上ノ国町内郷


ハイハイする小さなキューピー人形を見つけたので、流木の上に乗せて撮影。

「キューピーさん、目線お願いしまーす!」

c0286530_848512.jpg
くるっ
2015年3月8日、上ノ国町内郷


顔は向けてくれましたが、目線は明後日の方に行っていました(笑)
[PR]

by arisuabu | 2015-03-21 08:54 | ビーチコーミング | Comments(9)