<   2015年 09月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2015年 09月 29日

東亞神薬の壜

c0286530_13551059.jpg
元々なのか摩耗したのか、エンボスが薄いのがちょっと残念・・・
2015年8月23日、上ノ国町

松前から帰る途中、ふと思い立って寄り道した小砂子で、長いこと探し求めていた完品の神薬壜に巡り合いました。

見つけたのは、「sea amberを探して」のユキさんも歩かれた、浜まで続く細道の脇。

斜面に青い小壜がポツンとあるのが目に入った時は「まさかこんな所にあるはずが無い」と思い、失望するのが嫌で近付くのを躊躇いましたが、足が勝手に歩を進め、そして「神薬」のエンボスが確認出来た時にはよく分からない感情が噴き出してきて震えました。

c0286530_20103703.jpg
まさかこんな場所にこんな状態でとは(笑)
2015年8月23日、上ノ国町

この時拾ったのは、富山県の東亜製薬(株)製造の「東亞神薬」。

企業名でググると、1942(昭和17)年1月30日に設立されたという同名の企業が見つかりましたが、そこなのでしょうか??

神薬は多くの企業が製造していたため、色々なエンボスがあります。

また、壜の形状も様々で、中には八角形をしているものも(円柱形の物も、以前に拾っています)。

一昨日から急に冷え込んできたので、もうしばらくしたらまた、別の神薬壜を求めてBDをしたいと思います。


[PR]

by arisuabu | 2015-09-29 21:03 | ボトルディギング | Comments(4)
2015年 09月 27日

サッポロコギセル

c0286530_13465158.jpg
ケヤキ Zelkova serrata 樹幹のサッポロコギセル Euphaedusa rowlandi
2015年8月23日、松前町

冬虫夏草を探してフラフラしていたところ、とあるお寺の境内のケヤキで、キセルガイの仲間を見つけました。

幹には2~3匹しかいませんでしたが、根元に転がっていた朽木の欠片を引っくり返したら何匹もいたので、少し採集。

北海道に生息しているキセルガイは、エゾコギセル、エゾヒメギセル、オクシリギセル、サッポロコギセルの4種。

それらのうち、オクシリギセルは奥尻島にのみ分布するようなので、未記録種で無い限り、これは残る3種のうちのどれかに該当するはずです。

幸い、手元にはオクシリギセル以外の標本があるので比較したところ、これはサッポロコギセルに最もよく似ていました。

そのため、多少違和感がありますが、サッポロコギセルとして記録しておきます。

時間が出来たら、もう一度調べ直したいです。


[PR]

by arisuabu | 2015-09-27 05:40 | 陸・淡水産貝類 | Comments(0)
2015年 09月 26日

SHOBIDOの瓶

c0286530_20302769.jpg
高さ125mm、幅77mm、厚さ(中央部)45mm、内口径6mm
2015年8月23日、松前町で拾集

下部に「SHOBIDO」というエンボスがある瓶。

気泡や歪みがほとんど無く面白みに欠けたので、拾おうかどうか迷いましたが、エンボスがあるので持ち帰りました。

内口径の大きさや瓶の形から、ヘアトニック系の化粧瓶のような感じがします。

「SHOBIDO」は、アルファベットのままや色々な漢字を当てて検索してみましたが、それらしい企業は見つけられませんでした。


[PR]

by arisuabu | 2015-09-26 09:08 | ボトルディギング | Comments(4)
2015年 09月 25日

歯磨き粉の瓶

c0286530_13470383.jpg
2015年8月23日、松前町

ウテナのクリーム壜の次に目に付いたのが、色付きの広口瓶。

これは、どなたかのブログで見たあの瓶では・・・? と思いながら底を確認すると・・・やっぱり!

予想通り、「SUN STAR」と「LION」の堂々たるエンボスのある、歯磨き粉瓶でした。

c0286530_20293511.jpg
ライオンには、上に丸ポッチ、下に反転した「2」があります
サンスターは、左の方がちょっと古いでしょうか?

どの瓶も気泡は数えられる程で、歪みも有るか無いかという程度。

そしてひび割れや欠けなども無くとても良い状態なので、知らずに渡されたら現代の物と思ってしまいそうです。

ですが、ライオンの瓶は「ライオン歯磨株式会社」と社名を変更した1949(昭和24)年以降に、サンスターの瓶は4社が合併して「サンスター(株)」となった1950(昭和25)年以降に販売された物だと思いますので、多少は古いと言えます。

色がとても綺麗なので、地元のハケで見つけた糊瓶たちと一緒に太陽の光が燦々と降り注ぐ窓辺に置いて、ボーっと眺めていたくなりました。


[PR]

by arisuabu | 2015-09-25 19:59 | ボトルディギング | Comments(2)
2015年 09月 24日

ウテナのクリーム壜

c0286530_13465632.jpg
2015年8月23日、松前町

あっちこっちをウロウロしていたら、若干ハケっている場所を発見!

あまり目に付くような場所で無いとはいえ、シーズン中であれば大勢の観光客が歩く道路沿いだったので、少し驚きました(もっとも、ほとんどの人は気付いたとしても素通りするでしょうけど・・・笑)。

そこで目立っていたのが、このクリーム壜。

拾い上げてみると大好きなアラバスタ―ガラス製で、底面には「ウテナ」と、小さく「16」のエンボスがありました。

ウテナのクリーム壜は珍しいものではありませんが、ほぼ底だけの物しか持っていない自分としては、とても嬉しかったです。

c0286530_12031012.jpg
高さ39mm、内口径44mm
2015年8月23日、松前町で拾集


[PR]

by arisuabu | 2015-09-24 07:19 | ボトルディギング | Comments(2)
2015年 09月 23日

小瓶

c0286530_12031690.jpg
高さ68mm、直径33mm、内口径18mm
2015年8月23日、松前町で拾集

とあるお寺の境内で見つけた、成型小瓶(薬瓶でしょうか?)。

どうせ割れているんだろうなと思いましたが、口の部分に多少ヒビが入っているくらいで、形はしっかりと残っていました。

c0286530_12032086.jpg
エンボス

底面には、梅のような丸っこい花型の中に「KA」とあるエンボスがありました。


[PR]

by arisuabu | 2015-09-23 17:53 | ボトルディギング | Comments(0)
2015年 09月 21日

アラバスターガラス製のボタン

c0286530_13464475.jpg
2015年8月23日、松前町

この日は海には行かず、冬虫夏草狙いで松前の町中を散策しました。

町中で冬虫夏草? と思われるかもしれませんが、本州ですと鎌倉や金沢といった「古都」と呼ばれる所では、市街地にあるお寺の境内や民家の庭先から、セミタケ類やクモタケなどの冬虫夏草が発生することが知られています。

この辺りで歴史ある土地と言えば、お隣の江差や上ノ国もそうですが、イメージ的には松前が良いような気がしたので、そちらへ行ってみました。

結論だけ言うと、冬虫夏草は残念ながら見つからなかったのですが、地面ばかり見ていたおかげで、久しぶりにちょっと古い壜などとの出合いがありました。

最初に見つけたのは、この直径約12mmの小さなボタン。

初めは陶製だと思いましたが、後に拡大してよくよく見たら、アラバスターガラス製のようでした。

あまり古い物ではないでしょうし、もしかしたら観光客の服からポロッと・・・という物かもしれませんが、そこそこの味わい深さがあります。


[PR]

by arisuabu | 2015-09-21 07:25 | ボトルディギング | Comments(2)
2015年 09月 20日

トビシマセミタケ

c0286530_07175189.jpg
トビシマセミタケ Polycephalomyces ramosopulvinata
2015年8月23日、厚沢部町

今年はせたな町のKさんのおかげでエニワセミタケを初めて見ることが出来ましたし、その探索の副産物としてオサムシタケオオセミタケも見ることが出来ました。

そのため、久しぶりに冬虫夏草熱が少し出て、「1種で良いのでまだ見たことの無いセミ幼虫生冬虫夏草を自力で見つける」という目標を立てました。

そして、森を歩く時には常に意識していた結果、初見種であるトビシマセミタケを運良く見つけ、目標を達成することが出来ました。

柄が細いため、ギロチン(途中で柄を切ってしまうこと)しないかと掘る際は緊張しましたが、無事に掘り出すことが出来てホッとしました。

c0286530_07250557.jpg
トビシマセミタケ Polycephalomyces ramosopulvinata
2015年8月23日、厚沢部町で採集

こちらが掘り出した個体。

本種は、北海道から奄美大島まで記録されていて、アブラゼミやヒグラシなどの幼虫をホストとします。

アブラゼミタケ P. nipponicus という種に似ており、当初はその一型とされていたそうですが、後に別種として記載されました。ただ、両種の関係については再検討が必要であると考えられています。


[PR]

by arisuabu | 2015-09-20 18:43 | 菌類 | Comments(6)
2015年 09月 19日

メノウ

c0286530_07173682.jpg
2015年8月22日、乙部町

初めて見るタイプのメノウ。

何だかカッコよかったです。

c0286530_07173970.jpg
2015年8月22日、乙部町

こちらのマーブル模様のメノウは、美味しそうに見えました。

c0286530_05375687.jpg

ついでに、今年見つけた美人メノウ(上)と、ちょっと良い感じのメノウ(下)。

美人メノウの左側は、今まで拾ったメノウの中で一番美しいかもしれません。


[PR]

by arisuabu | 2015-09-19 05:30 | ビーチコーミング | Comments(0)
2015年 09月 18日

20面ダイス?

c0286530_07171447.jpg
2015年8月22日、乙部町

波打ち際近くで見つけた、数字だらけの物体。

サイコロのようだと思い検索してみたら、20面ダイスというものにそっくりでした。

ただ、これは1つの面に数字が3つあり、しかも合計すると数字が被る面があります(写真では、正面にある面とその右隣の面は、合計するとどちらも12になります)。

ダイスだけでは何が何やらという感じですが、これを使うゲーム(?)では数字の見方についてのルールがきっとあるのでしょうね・・・。



[PR]

by arisuabu | 2015-09-18 07:28 | ビーチコーミング | Comments(0)