<   2017年 02月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2017年 02月 28日

ハイガイ

c0286530_21334943.jpg
ハイガイ Tegillarca granosa
2017年1月4日、千葉県南房総市

2ヶ所目の浜では、最初の浜では見かけないハイガイが拾えます。

最初の浜とここは直線距離で約2Kmほどしか離れていませんが、何が違うのでしょうか?

c0286530_21335282.jpg
ハイガイ Tegillarca granosa
2017年1月4日、千葉県南房総市

今回は去年と比べると、殻頂に穴が開いた殻が多く、完品は少ないように感じられました。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-28 21:36 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 02月 26日

ウミガメ科の骨

c0286530_20492112.jpg
ウミガメ科 Cheloniidae の骨
2017年1月4日、千葉県南房総市

ゴバンノアシを見つけた方はそれ以外何も無かったので、引き返して反対側へ。

そちらでは去年、1/0号オレンジ浮きアカニシの化石などの収穫があったので期待しましたが、今年は何も無し・・・。

途中でホウガンヒルギの種子っぽいモノを見つけたのですが、だいぶ傷んでいて、いじっているうちに崩壊させてしまったのは勿体なかったです。

今年は何も拾う物が無いな~とガッカリしながら戻っていると、バラバラになったウミガメの骨に出くわしました。

腹甲骨のトゲトゲ具合からすると、アオウミガメでしょうか?

ここは人の多い浜なので、生々しい姿を目にした人も大勢いたかもしれません。

c0286530_20494007.jpg
2017年1月4日、千葉県南房総市



[PR]

by arisuabu | 2017-02-26 20:52 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 02月 24日

ゴバンノアシ

c0286530_23161484.jpg
ゴバンノアシ Barringtonia asiatica
2017年1月4日、千葉県南房総市

去年初めて訪れた千葉の浜に、今年も行ってきました。

最初に見つけたのは、去年同様ゴバンノアシ。

北海道でなら記録的な意味でこのような状態のモノでも拾いましたが、こちらではごく普通の漂着物であるようなので、写真だけ撮って先に進みました。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-24 23:18 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 02月 23日

キノカワガ

c0286530_18292675.jpg
キノカワガ Blenina senex
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

越冬シジミチョウ類の撮影を終えた後は、石灯篭で越冬中のキノカワガをパチリ。

「パチリ」と言いつつもなかなか上手く撮れず、被写体が動かないのを良いことに10分近くも撮り続けてしまいました・・・。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-23 19:16 | 鱗翅目 | Comments(2)
2017年 02月 22日

ムラサキシジミの越冬小集団

c0286530_21332005.jpg
ムラサキシジミ Narathura japonica japonica
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

これもHさんに教えて頂いたもの。

僅か3頭という、とても小さい集団でした。

教えて頂くばかりでは申し訳ないので、僕も周辺を探してみたのですが、全然見つけられませんでした・・・。

c0286530_21334644.jpg
同集団
2017年1月3日、埼玉県さいたま市


[PR]

by arisuabu | 2017-02-22 21:34 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 02月 20日

ムラサキツバメの越冬集団

c0286530_21203223.jpg
ムラサキツバメ Narathura bazalus turbata
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

ウラギンシジミ同様、こちらもHさんに教えて頂いた越冬集団。

ムラサキツバメの越冬集団は、2015年に偶然見つけることが出来ましたが、これはその時よりも頭数が多く、見応えがありました。

撮影時は気温が低かったのでほとんどの個体は伏せていますが、気温が上がると翅を立てるのだそうです。

c0286530_21203833.jpg
同集団
2017年1月3日、埼玉県さいたま市


[PR]

by arisuabu | 2017-02-20 21:28 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 02月 18日

越冬中のウラギンシジミ

c0286530_21505288.jpg
ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

前日に引き続き、この日も越冬シジミチョウ類探索に来たところ、偶然にもブログでお世話になっているHさんと初めてお会いし、各種の越冬ポイントを教えて頂けるという幸運に恵まれました。

写真は、1枚の葉に2頭のウラギンシジミが越冬している珍しいシチュエーションとのこと。

正面から撮れば、2頭並んでいる様子がしっかりと分かるのですが、残念ながら上手く撮ることが出来ませんでした・・・。

Hさんには色々と教えて頂き、本当にお世話になりました。ここで改めて、お礼申し上げます。ありがとうございました。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-18 22:03 | 鱗翅目 | Comments(2)
2017年 02月 17日

ムラサキシジミの越冬小集団

c0286530_20122042.jpg
モチノキ Ilex integra と思われる枯葉に寄り集まって越冬中の、ムラサキシジミ Narathura japonica japonica
2017年1月2日、埼玉県さいたま市

帰省初日には見つけられなかった、越冬シジミチョウ類。

この日再挑戦し、ようやく発見することが出来ました。

ただ、ここには他にも多くの越冬シジミチョウ類がいるはずなのですが、見つけられたのはこの集団だけ。

他の場所も回りたいので、ここには日を改めて、また探しに来ることにしました。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-17 22:09 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 02月 16日

トビスジヒメナミシャク

c0286530_17403775.jpg
トビスジヒメナミシャク Orthonama obstipata
2017年1月2日、埼玉県さいたま市

越冬シジミチョウ類を探して林縁を歩いていた時に、足元から飛び出した小さなシャクガ。

自分で調べた時には判らなかったので、ある掲示板で質問したところ、蛾に詳しいKさんからトビスジヒメナミシャクの♂であるとのご教示を頂きました(Kさん、ありがとうございました)。

本種はほぼ全世界に分布するようで、そういったものが判らなかったのは、まったくもって恥ずかしい限りでした・・・。

撮影した1月というのは本種の発生時期からは外れていますが、発生後期の生き残りだったのでしょうか?


[PR]

by arisuabu | 2017-02-16 20:12 | 鱗翅目 | Comments(2)
2017年 02月 14日

元旦猫

c0286530_20482817.jpg
2017年1月1日、埼玉県さいたま市

両親と行った初詣先では、あちこちから次々とネコが出てきて、こんなにいるのかとビックリさせられました。

2月も既に半ばになりましたが、写真はようやく今年のに突入です(笑)


[PR]

by arisuabu | 2017-02-14 20:58 | 哺乳類 | Comments(0)