2013年 09月 13日

エゾリス

c0286530_20545196.jpg
夏毛のエゾリス Sciurus vulgaris orientis
2013年9月13日、厚沢部町本町


ここ何日か、ちょっと早めに部屋を出て、テングタケの撮影をしてから出社ということをしていました。

今朝も同じように撮りに行ったのですが、撮影の途中で近くからエゾリスの鳴き声が聞こえたので、すぐさまそちらへ移動。

樹上高くへ逃げ去る前に、小さくですが何とか撮ることが出来ました。

それにしても、見る度に思いますが、夏毛のエゾリスは全然可愛くありません。

写真映えするのは、やはりフサフサの冬毛をまとっている時期ですね。
[PR]

# by arisuabu | 2013-09-13 21:10 | 哺乳類 | Comments(4)
2013年 09月 11日

テングタケ

c0286530_21575385.jpg
テングタケ Amanita pantherina
2013年9月8日、厚沢部町本町


タマゴタケはほぼ終わってしまいましたが、今度は本種があちこちから顔を覗かせていました。

c0286530_21575788.jpg
トドマツ Abies sachalinensis 林内に発生しています
2013年9月8日、厚沢部町本町

c0286530_2158041.jpg
傘が開いた個体
2013年9月8日、厚沢部町本町

[PR]

# by arisuabu | 2013-09-11 22:00 | 菌類 | Comments(0)
2013年 09月 10日

クジャクチョウ

c0286530_2135878.jpg
クジャクチョウ Inachis io geisha
2013年9月8日、厚沢部町字上里


翅表と比べるととても地味ですが、それでもよく見ると幾つもの色が使われていて、意外と凝っていることが分かります。

こうして新成虫が羽化してきたので、綺麗なうちに翅表もしっかりと撮りたいところです。
[PR]

# by arisuabu | 2013-09-10 21:12 | 鱗翅目 | Comments(0)
2013年 09月 09日

ミヤマカラスアゲハの幼虫

c0286530_21244137.jpg
キハダ Phellodendron amurense 葉裏でジッとしている、ミヤマカラスアゲハ Papilio maackii の幼虫1
2013年9月8日、厚沢部町字上里


道の上に覆いかぶさっている木の下を通った時に、何気なく見上げたら、緑色でヌメッとした質感の小さな幼虫が目に留まりました。

見た感じ、アゲハ類の若齢幼虫ですが、種類が判りません。

そこで、木の方をよくよく見てみたところ、何と僕の大好きな木の一つであるキハダでした。

キハダ食のアゲハ類の幼虫は、知っている限りではカラスアゲハとミヤマカラスアゲハの2種なので、これもどちらかの幼虫だと思いました。

そして、そのどちらにしても見るのは初めてだったので、ちゃんと写真を撮りたかったのですが、幼虫がいたのは撮影困難なかなり高いところ。

一応撮ってみましたが、今の僕の腕ではやはり無理があったので、もっと撮りやすい低い位置にもいないかと探してみたら、幸運なことに数頭の幼虫を見つけることが出来ました。

低い所にいてくれたことに感謝しながら思う存分撮影し、帰宅後に調べてみたら、眼状紋付近が白い筋でぐるっと巻かれていたので、ミヤマカラスアゲハの幼虫であることが判りました。

c0286530_2124452.jpg
幼虫1
2013年9月8日、厚沢部町字上里

c0286530_21245031.jpg
幼虫2
2013年9月8日、厚沢部町字上里

c0286530_21245335.jpg
幼虫2
2013年9月8日、厚沢部町字上里


この個体がいる葉の表面には糸が張られていましたが、蛹化の準備なのでしょうか?

多くのアゲハ類同様、本種も蛹で越冬するということですが、キハダは落葉広葉樹のため、秋には葉を落としてしまいます。

そんな場所で蛹化はしないと思うのですが、どうなのでしょう・・・。

しばらくしたら、また見に行ってみたいと思います。

c0286530_21245833.jpg
幼虫3
2013年9月8日、厚沢部町字上里

[PR]

# by arisuabu | 2013-09-09 22:11 | 鱗翅目 | Comments(2)
2013年 09月 08日

大虎再び

c0286530_2111267.jpg
オオトラカミキリ Xylotrechus villioni ♀
2013年9月8日、厚沢部町本町


胸部や腹部の一部が割れ、瀕死の状態で路上に転がっていました。

鳥にでも襲われたのでしょうか?

傷付いていたのは残念でしたが、1シーズンに2頭の出合いは初めてのことでした。
[PR]

# by arisuabu | 2013-09-08 21:18 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 09月 07日

シロオオハラタケ?

c0286530_22462190.jpg
シロオオハラタケ Agaricus arvensis
2013年9月1日、厚沢部町新町


役場の芝生に生えていた、直径約15cmほどの大きなキノコ。

図鑑を見たところ、発生環境や大きさ、濃褐色のヒダの色(3枚目の写真にちょっとだけ写っています)などから、シロオオハラタケではないかと思われました。

c0286530_22462462.jpg
右奥の白いものも、同じキノコです
2013年9月1日、厚沢部町新町

c0286530_22462791.jpg
2013年9月1日、厚沢部町新町

[PR]

# by arisuabu | 2013-09-07 22:48 | 菌類 | Comments(0)
2013年 09月 06日

エゾヒグマの足跡

c0286530_21124018.jpg
ビニールに残されたエゾヒグマ Ursus arctos yesoensis の足跡
2013年9月6日、厚沢部町


数日前、知り合いの農家さんの畑にエゾヒグマが来たそうで、まだ残っているという足跡を仕事の合間に見に行きました。

土の上の足跡は、その後の雨でやや不明瞭になっていましたが、大根の畝にかけたビニールには、爪の跡もハッキリと分かる、生々しさを感じる踏み抜きが・・・。

今年は木の実の生りが良いので、クマさんには何とか山から出ないで過ごして頂きたいものです。
[PR]

# by arisuabu | 2013-09-06 21:28 | 哺乳類 | Comments(2)
2013年 09月 06日

エゾマイマイカブリ

c0286530_744378.jpg
エゾマイマイカブリ Damaster blaptoides rugipennis
2013年8月25日、厚沢部町土橋自然観察教育林


夕闇迫る森の中で、ナメクジを捕食しているエゾマイマイカブリと出合いました。

このような場面はなかなかお目にかかれないので、どうにか綺麗に撮りたかったのですが、フラッシュなどを上手く使うことが出来ずに撃沈。

仕方が無いので、「なんちゃって雰囲気写真」にすることにしましたが、それも良い出来とは程遠いものでした・・・。

c0286530_7444088.jpg
同個体
2013年8月25日、厚沢部町土橋自然観察教育林


もっと上手く撮れるようになりたいと、心の底から思いました・・・。
[PR]

# by arisuabu | 2013-09-06 07:47 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 09月 04日

サザナミスズメの幼虫

c0286530_21402598.jpg
ヤチダモ Fraxinus mandshurica の葉を食べるサザナミスズメ Dolbina tancrei の幼虫
2013年9月4日、厚沢部町新町


4年前だと思いますが、ベランダの前にヤチダモが生えてきました。

近所に大木が何本かあるので、そこから種子が飛んできたのかもしれません。

最近、ベランダの枝がかぶさっている部分にコロコロとした糞が幾つも落ちていることに気付いたので探したところ、スズメガ類の幼虫を2頭見つけました。

調べると、ヤチダモをホストとしているのはサザナミスズメ一種のみ。

成虫は何度も見たことがありますが、幼虫を見るのは初めてでした。

来年以降も、このヤチダモで幼虫が育ってくれたら良いなぁと思っています。

c0286530_21403223.jpg
別個体
2013年9月4日、厚沢部町新町

c0286530_21403342.jpg
2頭一緒に
2013年9月4日、厚沢部町新町

[PR]

# by arisuabu | 2013-09-04 21:42 | 鱗翅目 | Comments(0)
2013年 09月 03日

シロスジナガハナアブ

c0286530_2113024.jpg
シロスジナガハナアブ Milesia undulata ♂
2013年8月25日、厚沢部町赤沼町


新鮮な針葉樹の倒木付近で目にすることが多いハナアブ。

写真の個体も、スギの土場にいました。

c0286530_2113380.jpg
同個体


腹部の両側を白くすることによって「偽のくびれ」を作り出し、ハチへの擬態をさらに高めているようです。
[PR]

# by arisuabu | 2013-09-03 21:21 | 双翅目 | Comments(2)