2013年 07月 12日

ヒメシロコブゾウムシ

c0286530_0153726.jpg
タラノキ Aralia elata 葉裏のヒメシロコブゾウムシ Dermatoxenus caesicollis ペア
2013年7月7日、厚沢部町字上里


アカガネサルハムシ同様、本種もまたこれまで数えられる程(覚えている限りでは2回)しか見たことがありませんでした。

しかし、タラノキを見て回ると、案外簡単に出合えることが分かりました。

身近にいる虫でも、目の付け所がちょっと違うだけで、見えなくなってしまうようです。

c0286530_0154023.jpg
同ペア
2013年7月7日、厚沢部町字上里

[PR]

# by arisuabu | 2013-07-12 00:19 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 07月 11日

アカガネサルハムシ

c0286530_23492910.jpg
ノブドウ Ampelopsis glandulosa var. heterophylla 葉上のアカガネサルハムシ Acrothinium gaschkevitchii ペア
2013年7月7日、厚沢部町字上里


これまであまり見たことが無かったため、個体数が少ないのかと思っていましたが、今年は近所のあちこちで目にしました。

どうやら、個体数が少ないのではなく、注意力が足りなかっただけのようです・・・。
[PR]

# by arisuabu | 2013-07-11 23:51 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 07月 10日

コエゾゼミ

c0286530_21402582.jpg
コエゾゼミ Lyristes bihamatus の抜け殻
2013年7月10日、厚沢部町土橋自然観察教育林


まだ鳴き声は聞いていませんが、先程教育林へ行ったら、コエゾゼミの抜け殻を見つけました。

他にもないかと探していたら、脱皮中の個体も発見。

今週中には鳴き始めるでしょうか?

c0286530_21402898.jpg
脱皮中のコエゾゼミ Lyristes bihamatus
2013年7月10日、厚沢部町土橋自然観察教育林

[PR]

# by arisuabu | 2013-07-10 21:45 | 半翅目 | Comments(2)
2013年 07月 10日

クロフハネナガウンカ

c0286530_1916555.jpg
オオカメノキ Viburnum furcatum の葉裏に静止する、クロフハネナガウンカ Mysidioides sapporoensis
2013年7月7日、厚沢部町字上里


何気なく覗き込んだオオカメノキの葉裏に、純白の地に黒い斑点を散らした綺麗な半翅類がいました。

珍しい感じがしたので、適当に撮影を済ませて採集。

帰宅後に調べたら、ハネナガウンカ科のクロフハネナガウンカであることが判りました。

c0286530_19165965.jpg
クロフハネナガウンカ Mysidioides sapporoensis

[PR]

# by arisuabu | 2013-07-10 19:19 | 半翅目 | Comments(0)
2013年 07月 10日

ニホンアマガエル

c0286530_19142993.jpg
ニホンアマガエル Hyla japonica
2013年7月7日、厚沢部町字上里

[PR]

# by arisuabu | 2013-07-10 19:15 | 両生・爬虫類 | Comments(4)
2013年 07月 10日

オニノヤガラ

c0286530_19102273.jpg
オニノヤガラ Gastrodia elata
2013年7月7日、厚沢部町赤沼町


気紛れで進んだ脇道で、久しぶりに出合いました(マダラアシゾウムシも、このちょっと先で見つけたので、気紛れを起こして良かったです)。

本種は光合成を行わず、ナラタケ属の菌類に寄生して養分を得る「菌従属栄養植物」として知られています。

c0286530_19102527.jpg
2013年7月7日、厚沢部町赤沼町

c0286530_19102837.jpg
2013年7月7日、厚沢部町赤沼町

[PR]

# by arisuabu | 2013-07-10 19:11 | 植物 | Comments(0)
2013年 07月 09日

オタネガワヘラクチイシアブ?

c0286530_20534367.jpg
オタネガワヘラクチイシアブ Andrenosoma otanegawanum ? ♀
2013年7月7日、厚沢部町赤沼町


トドマツ倒木上にとまっていた、ガッシリとした脚の初見ムシヒキアブ。

採集しようとしたら逃げられてしまったので、写真から同定出来ないかとウェブの「ムシヒキアブ図鑑」の検索を引いてみたところ、翅のr1室は閉じ触角に端刺はないということで、まずはイシアブ亜科に落ちました。

さらに、口吻は上下に扁平で翅の第1亜縁室は横脈で2室に分かれないという特徴から、オタネガワヘラクチイシアブに落ちました。

意外にも種まで辿り着きましたが、写真のみの同定なので、「?」を付けて掲載したいと思います。

それにしても、「オタネガワ」とは、どこかの地名でしょうか・・・?

c0286530_20534627.jpg
同個体
2013年7月7日、厚沢部町赤沼町

c0286530_20594062.jpg
同個体
2013年7月7日、厚沢部町赤沼町

[PR]

# by arisuabu | 2013-07-09 21:54 | 双翅目 | Comments(2)
2013年 07月 09日

ヨツキボシカミキリ

c0286530_20483228.jpg
ヨツキボシカミキリ Epiglenea comes のペア
2013年7月7日、厚沢部町赤沼町


マダラアシゾウムシが集まっていたヌルデには、本種の姿もたくさん見られました。
[PR]

# by arisuabu | 2013-07-09 20:51 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 07月 09日

マダラアシゾウムシ

c0286530_20195213.jpg
ヌルデ Rhus javanica var. chinensis の幹に静止するマダラアシゾウムシ Ectatorhinus adamsii
2013年7月8日、厚沢部町赤沼町


2年前に出合って以来探し求めていたゾウムシに、ヌルデの枯死木でようやく再会することが出来ました。

その美しさに改めて感動しながら、シャッターを切り続けました(・・・が、良い写真が撮れなかったので、近いうちにリベンジしたいです)。

c0286530_20195613.jpg
同個体
2013年7月8日、厚沢部町赤沼町

c0286530_20195843.jpg
こうして見ると、意外と隠蔽効果がありそうです
2013年7月8日、厚沢部町赤沼町

c0286530_20465366.jpg
マダラアシゾウムシ Ectatorhinus adamsii

[PR]

# by arisuabu | 2013-07-09 20:39 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 07月 08日

ヒグラシ

仕事を終えてから、昨日見つけたマダラアシゾウムシの生態写真を撮りに行ったところ、すぐ近くのスギ林内からヒグラシの鳴き声が聞こえてきました。

実は昨日も、夜の7時半頃に太鼓山方面からヒグラシらしい鳴き声がしたのですが、部屋の中にいたためしっかり聞き取れなかったことと、「出てくるにはまだ早いだろう」という思いから、気のせいということにしてしまいました。

しかし、もう発生していることが分かったので、昨日のも気のせいではなかったようです。

ヒグラシはとても綺麗なセミなので、久しぶりにじっくりと見てみたくなりました。
[PR]

# by arisuabu | 2013-07-08 20:01 | 半翅目 | Comments(2)