タグ:アオキ科 ( 1 ) タグの人気記事


2016年 01月 19日

ムラサキツバメの集団越冬

自宅を午前5時前に出て挑んだ鎌倉の浜ではありましたが、収穫があまり無かったため早く歩き終えてしまい、昼過ぎには自宅に戻ってきてしまいました。

そこで、地元のフィールドに出向いてキョロキョロしていたところ、アオキの地上2m程の所にある茶色い塊が目に入りました。

最初は枯葉かと思いましたが、何となく違和感があったので近付いて確認したところ、何とそれはムラサキツバメの越冬集団。

今回の帰省ではこれを見つけるのも目標の一つでしたが、帰省翌日に出合えてしまうという幸運に恵まれました。

c0286530_13274694.jpg
アオキ Aucuba japonica var. japonica 葉上の、ムラサキツバメ Narathura bazalus turbata 越冬集団
2015年12月31日、埼玉県さいたま市

c0286530_20231025.jpg
ムラサキシジミ N. japonica japonica ?(赤矢印)
2015年12月31日、埼玉県さいたま市

越冬している個体は6頭で、当初はどれもムラサキツバメだと思っていました。

しかし、撮影画像をチェックしていたところ、赤矢印で示した個体には後翅の尾状突起が見当たらないことに気付きました。

成虫で越冬するシジミチョウはムラサキツバメの他に、同属のムラサキシジミという種もいます。

この2種はとてもよく似ていますが、ムラサキツバメは後翅に尾状突起があるのに対し、ムラサキシジミにはありません。

そして、常緑広葉樹生葉の葉表で越冬することが多いムラサキツバメの集団に、ムラサキシジミが交じることもあるようです。

現地でしっかり確認しなかったのではっきりとは言えませんが、もしかしたらこれも、2種混在の越冬集団だったのかもしれません。

そういえば昨日は酷い吹雪でしたが、地元でも雪が積もったということなので、この集団がどうなったのか、かなり気になっています・・・。

c0286530_07140601.jpg
2015年12月31日、埼玉県さいたま市

それと、越冬集団を見つけた場所付近で以前、ムラサキシジミの開翅写真を撮っているので、一緒に掲載します。

この青い輝きを、またいつか写真に収めたいです。

c0286530_22514437.jpg
ムラサキシジミ N. japonica japonica
2007年11月25日、埼玉県さいたま市


[PR]

by arisuabu | 2016-01-19 20:11 | 鱗翅目 | Comments(4)