タグ:イネ科 ( 3 ) タグの人気記事


2015年 10月 25日

スナジクズタケ?

c0286530_15115884.jpg
函館山とスナジクズタケ Psathyrella ammophila
2013年10月20日、函館市

マイタケ?のコメントで、尚 nao.さんが書かれていたコナガエノアカカゴタケがどのようなキノコなのかを調べていたところ、2年前に函館の浜で撮影し、調べることなく放置していたキノコとよく似たものを偶然見つけました。

それは、北海道から九州まで分布し、イネ科のテンキグサの根から養分を得るという、ナヨタケ科 Psathyrellaceae のスナジクズタケ。

色々なサイトの写真を見ると、外見はよく似ているように思われたので、一応本種として掲載します。

c0286530_15120175.jpg
スナジクズタケ Psathyrella ammophila
2013年10月20日、函館市

同じようなキノコは近くの浜でも見ていますが、ほとんど素通りしていました。

今度見つけたら、少しは観察してみようかな・・・。

c0286530_15120587.jpg
スナジクズタケ Psathyrella ammophila
2013年10月20日、函館市

今日は風がかなり強かったですが、そういえばこの写真を撮った日も風が強く、撮影するためにしゃがみ込んだら顔中を砂で叩かれ地味に痛かったことを思い出しました(笑)


[PR]

by arisuabu | 2015-10-25 19:24 | 菌類 | Comments(2)
2015年 08月 06日

ハイイロボクトウ

c0286530_6405244.jpg
ハイイロボクトウ Phragmataecia castaneae
2015年7月21日、厚沢部町


菌類食ではないかとされるセンチコガネを探してポイントを行ったり来たりしていると、路上に見たことの無い蛾の姿が。

全体的に灰色で極めて地味でしたが、よくよく見ると頭部と胸部の一部が青紫がかっていて、その部分はとても綺麗でした。

帰宅後、該当しそうな科を片っ端から調べましたがさっぱり見つけられなかったので、入会している同好会の掲示板で質問したところ、ハイイロボクトウの♂であるとのご教示を頂きました(Kさん、どうもありがとうございました)。

c0286530_641088.jpg
同個体
2015年7月21日、厚沢部町


ボクトウガ類の幼虫は樹木の幹に穿孔しますが、本種はヨシ Phragmites australis の茎に潜り込むのだそうです。
[PR]

by arisuabu | 2015-08-06 06:52 | 鱗翅目 | Comments(4)
2014年 11月 09日

ススキの道

c0286530_20544332.jpg
2014年10月1日、江差町五厘沢町

[PR]

by arisuabu | 2014-11-09 20:57 | 日常 | Comments(0)