タグ:カマキリ科 ( 8 ) タグの人気記事


2015年 11月 04日

オオカマキリ

c0286530_19320563.jpg
オオカマキリ Tenodera aridifolia
2015年10月7日、江差町

海へ向かう道の途中での出合い。

何かアクシデントがあったらしく、左の鎌が欠損していて、痛々しく見えました。


[PR]

by arisuabu | 2015-11-04 19:35 | 蟷螂目 | Comments(2)
2015年 02月 11日

ハラビロカマキリの卵鞘

c0286530_9282812.jpg
ハラビロカマキリ Hierodula patellifera の卵鞘1
2014年1月4日、埼玉県さいたま市緑区


去年はほぼ同じ場所で2個の卵鞘を見ただけでしたが、今年はあちらこちらで見かけました。

c0286530_9283130.jpg
ハラビロカマキリ Hierodula patellifera の卵鞘2
後ろの白いものも本種の卵鞘です
2014年1月4日、埼玉県さいたま市緑区

c0286530_9283410.jpg
ハラビロカマキリ Hierodula patellifera の卵鞘3
2014年1月4日、埼玉県さいたま市緑区

c0286530_928361.jpg
ハラビロカマキリ Hierodula patellifera の卵鞘4
2014年1月5日、埼玉県さいたま市緑区

[PR]

by arisuabu | 2015-02-11 09:44 | 蟷螂目 | Comments(6)
2015年 02月 11日

チョウセンカマキリの卵鞘

c0286530_9211046.jpg
チョウセンカマキリ Tenodera angustipennis の卵鞘
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区


去年と同じ場所で、今年も複数見られました。

産卵に適した環境なのでしょうか?

後ろでは、年配の男性の方が、絵筆をとられていました。
[PR]

by arisuabu | 2015-02-11 09:26 | 蟷螂目 | Comments(0)
2014年 03月 04日

オオカマキリの卵鞘

c0286530_197281.jpg
オオカマキリ Tenodera aridifolia の卵鞘
2014年3月4日、厚沢部町赤沼町


以前に撮影した卵鞘が、雪の下から出てきていました。
[PR]

by arisuabu | 2014-03-04 19:09 | 蟷螂目 | Comments(2)
2014年 01月 05日

ハラビロカマキリの卵鞘

c0286530_232498.jpg
ハラビロカマキリ Hierodula patellifera の卵鞘1
2014年1月1日、埼玉県さいたま市見沼区


いつも立ち寄る、お気に入りの神社の境内で見つけました。

カマキリは種によって、産卵する場所に傾向があるようですが、本種は写真のように、塀や木の幹に産み付けることが多いそうです。

c0286530_232733.jpg
ハラビロカマキリ Hierodula patellifera の卵鞘1
2014年1月1日、埼玉県さいたま市見沼区

c0286530_2321511.jpg
ハラビロカマキリ Hierodula patellifera の卵鞘2
2014年1月2日、埼玉県さいたま市見沼区


こちらはケヤキ Zelkova serrata の幹で見つけました(右側のものは、蛾の繭と思われます)。

ちょっと違和感のある形状ですが、産卵場所から本種のものとしました。

もし間違えていたら、ご指摘頂けると幸いです。

今回の帰省で見つけたカマキリの卵鞘は、チョウセンカマキリと本種の2種類。

これで、地元フィールドで記録されているカマキリの中で卵鞘を見ていないのは、コカマキリのみとなりました。

次に帰省した時には、是非とも見つけたいものです。
[PR]

by arisuabu | 2014-01-05 23:31 | 蟷螂目 | Comments(0)
2014年 01月 04日

チョウセンカマキリの卵鞘

c0286530_2383115.jpg
チョウセンカマキリ Tenodera angustipennis の卵鞘1
2014年1月1日、埼玉県さいたま市緑区

c0286530_2383443.jpg
チョウセンカマキリ Tenodera angustipennis の卵鞘1
2014年1月1日、埼玉県さいたま市緑区


今回の帰省で見たかったものの一つに、北海道に分布する種以外のカマキリ類の卵鞘がありました。

「埼玉県昆虫誌I」を見ると、埼玉県にはハラビロカマキリ、ウスバカマキリ、コカマキリ、チョウセンカマキリ、オオカマキリの5種が生息していて、僕がフィールドとしている見沼田んぼでは、ウスバカマキリを除く4種が記録されていました。

なので、フィールドをウロウロしながら気にしていたら、道路沿いの小枝に産み付けられた細長い卵鞘を発見。

帰宅後に調べたところ、卵鞘の形状や産卵場所から、チョウセンカマキリのものと判明しました。

卵鞘が見られたのは結局この1ヶ所だけでしたが、幾つも見られたので、十分満足することが出来ました。

c0286530_2384433.jpg
チョウセンカマキリ Tenodera angustipennis の卵鞘2
(2~4までは、クサギ Clerodendrum trichotomum に産卵されていました)
2014年1月1日、埼玉県さいたま市緑区

c0286530_2385162.jpg
チョウセンカマキリ Tenodera angustipennis の卵鞘3
2014年1月1日、埼玉県さいたま市緑区

c0286530_2385479.jpg
チョウセンカマキリ Tenodera angustipennis の卵鞘4
2014年1月1日、埼玉県さいたま市緑区

[PR]

by arisuabu | 2014-01-04 23:12 | 蟷螂目 | Comments(2)
2013年 11月 26日

オオカマキリの卵鞘と、北海道のカマキリのこと

c0286530_19243320.jpg
オオカマキリ Tenodera aridifolia の卵鞘
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町


林道沿いのヤナギ類の稚樹に産み付けられていた、オオカマキリの卵鞘。

地面から15cmくらいという、今まで見たことが無い低い位置への産卵に、ビックリしてしまいました。

c0286530_19243648.jpg
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町

c0286530_19243958.jpg
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町


そういえば、以前に撮影した成虫の写真が未掲載だったので、一緒に載せておきます。

c0286530_1953533.jpg
オオカマキリ Tenodera aridifolia
2013年9月1日、厚沢部町緑町

c0286530_1953769.jpg
同個体
2013年9月1日、厚沢部町緑町


ところで、北海道にはオオカマキリとウスバカマキリの2種が分布することが知られていますが、3種目となるコカマキリも記録されていることを、以下の報告によって最近知りました。

・小川浩太,2013.コカマキリの札幌市初採集記録.jezoensis,(39):26.
・坂田潤一,2013.せたな町北檜山区兜野でオオカマキリの観察.jezoensis,(39):108.

特に坂田(2013)には、1988年に上ノ国町の目名川沿いでコカマキリを採集したとあります。

上ノ国町はすぐ隣なので、こちらでも見つからないか、今後注意したいところです。
[PR]

by arisuabu | 2013-11-26 20:11 | 蟷螂目 | Comments(4)
2013年 05月 25日

オオカマキリの卵鞘

c0286530_23135645.jpg
オオカマキリ Tenodera aridifolia の卵鞘
2013年5月19日、厚沢部町字上里


クロフヒゲナガゾウムシを採集した所の近くで、オオカマキリの卵鞘を見つけました。

成虫は時々見かけますが、卵鞘は初めて厚沢部に来た2006年に見て以来、実に7年振りの出合いでした。

c0286530_23135846.jpg
アップ
2013年5月19日、厚沢部町字上里

[PR]

by arisuabu | 2013-05-25 23:16 | 蟷螂目 | Comments(2)