タグ:ガクフボラ科 ( 4 ) タグの人気記事


2017年 01月 13日

イトマキヒタチオビ属の一種

c0286530_19283489.jpg
イトマキヒタチオビ属の一種 Fulgoraria sp.
2016年11月30日、上ノ国町


[PR]

by arisuabu | 2017-01-13 21:32 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 01月 06日

イトマキヒタチオビ属の一種

c0286530_19102355.jpg
イトマキヒタチオビ属の一種 Fulgoraria sp.
2016年11月20日、上ノ国町

10月下旬に見つけたのと近い場所に、またしても小さな殻が打ち上げられていました。


[PR]

by arisuabu | 2017-01-06 19:22 | ビーチコーミング | Comments(0)
2016年 12月 09日

イトマキヒタチオビ属の一種

c0286530_22134633.jpg
イトマキヒタチオビ属の一種 Fulgoraria sp.
2016年10月22日、上ノ国町

貝ラインに何か面白い貝が転がっていないかと辿っていると、近場の浜では初めてとなるヒタチオビ類を見つけました。

螺塔上部と体層が大きく欠けている上にサイズも小さかった(殻高71mm)ですが、一応記念ということで持ち帰りました。


[PR]

by arisuabu | 2016-12-09 20:39 | ビーチコーミング | Comments(0)
2016年 11月 03日

イトマキヒタチオビ属の一種

c0286530_19480649.jpg
イトマキヒタチオビ属の一種 Fulgoraria sp.
2016年9月28日、福島町

今年の春、寿都で見て以来のヒタチオビ。

寿都のもこれも状態が良くなかったので、回収はしませんでした。

ヒタチオビは形が良いので、1個くらいは綺麗なモノを持っていたいです。

ちなみに、北海道にはホンヒタチオビ Fulgoraria prevostina と、その亜種とされているオオヒタチオビ F. P. magna が分布しているようです。

しかし、両者は混棲していることが多いとのこと。

もしそうだとしたら、亜種という区分は成立しないのではないかと思うのですが、どうなのでしょう・・・?

ヒタチオビは分類が難しいグループのようなので、まだ研究途中なのかもしれませんね・・・。


[PR]

by arisuabu | 2016-11-03 19:45 | ビーチコーミング | Comments(2)