タグ:クワ科 ( 8 ) タグの人気記事


2014年 03月 16日

クワコの卵

c0286530_19235916.jpg
ヤマグワ Morus australis の小枝に産み付けられた、クワコ Bombyx mandarina の卵
2014年3月12日、厚沢部町字上里


クワの小枝そっくりな見た目で捕食者の目を欺き越冬するという、クワエダシャクの幼虫。

その姿を一目見たくてここの所ずっと探しているのですが、一向に見つけられません・・・。

きっと、「探すポイント」がずれているのでしょう・・・。

クワコの卵は、探索中の副産物。

写真を拡大して見ていたら、水まんじゅうが食べたくなってしまいました。
[PR]

by arisuabu | 2014-03-16 19:37 | 鱗翅目 | Comments(2)
2013年 08月 15日

トラフカミキリ

c0286530_22273371.jpg
トラフカミキリ Xylotrechus chinensis


今日、仕事で行った建物の横には、数本のヤマグワが植えられていました。

樹高はどれも7mほどで、胸高直径も30㎝無いくらいでしたが、結構なボロボロ具合が気になったので仕事の合間にチェックしてみたところ、見事にトラフカミキリを見つけることが出来ました。

c0286530_22273697.jpg
同個体

[PR]

by arisuabu | 2013-08-15 22:29 | 鞘翅目 | Comments(6)
2013年 08月 13日

トラフカミキリ

お盆の繁忙期が終わったので、今日は午後からお休みでした。

そこで、以前から「あそこならトラフカミキリがいそうだな」と思っていた場所へ行ってきました。

そこはとても小さな沢沿いで、数本の大きなヤマグワが生育しています。

現地に到着し、まず手近な1本をルッキング。

ですが当然見つからず、「やっぱりそう簡単ではないよなぁ・・・」と呟きながら隣の木へ。

下の方にはキマワリしかいなかったので、段々と視線を上へと移していくと、頭上3mほどの幹に虎縞模様の物体が・・・。

何と2本目のヤマグワで、目的としていたものがあっさりと見つかってしまいました。

c0286530_1958945.jpg
ヤマグワ Morus australis の幹にいるトラフカミキリ Xylotrechus chinensis
2013年8月13日、厚沢部町字上里
(写真はクリックで拡大します)


持参したカメラではこれが限界でしたが、ここにいることが分かったので、いずれまた撮影に来たいと思います。

c0286530_19581484.jpg
ヤマグワ Morus australis の大木


トラフカミキリがいたヤマグワは、樹高が12~13mもあり、とても立派でした。
[PR]

by arisuabu | 2013-08-13 20:24 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 08月 12日

トラフカミキリ

c0286530_20211884.jpg
トラフカミキリ Xylotrechus chinensis
2013年8月4日、厚沢部町本町


自転車で走行中、一目でハチ擬態と分かる昆虫が道路脇にいるのが目に留まりました。

引き返して確かめてみると、それは以前から見たいと思っていたトラフカミキリ。

出来ればホストであるヤマグワで見たかったですが、これはこれで嬉しい出合いでした。
[PR]

by arisuabu | 2013-08-12 20:33 | 鞘翅目 | Comments(2)
2013年 08月 03日

ムネホシシロカミキリ

c0286530_22163015.jpg
ヤマグワ Morus australis 葉裏のムネホシシロカミキリ Olenecamptus clarus
2013年8月1日、厚沢部町赤沼町


前回もそうでしたが、この時も皆、ヤマグワの葉裏でジッとしていました。

見つけてから数時間後にまた見に行ったのですが、どの個体も最初と同じ場所で静止。

日中は活動しないのでしょうか?

c0286530_22163471.jpg
2013年8月1日、厚沢部町赤沼町
(クリックで拡大します)


上の写真、撮った時は1頭だけだと思っていましたが、帰宅後に見ていたら、もう1頭写っていることに気付きました。

この時は寄れなかったので被写体が小さな写真になってしまいましたが、見つけた時の雰囲気は伝わるのではないかと勝手に思っています。

こういう写真も、案外良いかもしれません。
[PR]

by arisuabu | 2013-08-03 22:39 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 07月 24日

ムネホシシロカミキリ

c0286530_22171059.jpg
ヤマグワ Morus australis の葉裏に張り付いているムネホシシロカミキリ Olenecamptus clarus
2013年7月19日、厚沢部町赤沼町


ヤマグワの葉裏にペタッと張り付いていた、初めて見る綺麗な白いカミキリムシ。

デザインや色使いが日本離れしていて、何だか熱帯にいる昆虫のようです。

c0286530_22171376.jpg
同個体
2013年7月19日、厚沢部町赤沼町

c0286530_22171674.jpg
周りの穴は、後食した跡でしょうか?
2013年7月19日、厚沢部町赤沼町

[PR]

by arisuabu | 2013-07-24 22:19 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 07月 04日

クワキジラミの幼虫

c0286530_2117663.jpg
ヤマグワ Morus australis の葉裏にいるクワキジラミ Anomoneura mori の幼虫
2013年7月4日、厚沢部町字上里


ようやく、クワキジラミの幼虫を見つけることが出来ました。

話に聞いていた通り、白くて長いワックスを大量に分泌しています。

付近にヤマグワは多くありましたが、幼虫が見られたのはこの株だけ。

しかも、写真のような小集団が、これを含めて2つしかありませんでした。

幸い近所なので、ちょくちょく様子を見に行こうと思います。
[PR]

by arisuabu | 2013-07-04 21:31 | 半翅目 | Comments(0)
2013年 03月 13日

リンゴモンハマキ

c0286530_21351384.jpg
リンゴモンハマキ Archips breviplicana ♀
2012年9月13日、厚沢部町新町


リンゴケンモンリンゴドクガの幼虫による農業被害はほとんど無いようですが、本種は注意しなければならないようで、ググると被害例や防除法を解説したページが幾つもヒットします。

ただ、幼虫は多食性らしく、リンゴやナシその他のバラ科植物以外にも、クワ科、カバノキ科、マメ科、ヤナギ科、スイカズラ科なども食べるようです。

※一応リンゴモンハマキとしましたが、同定には自信が無いので、もし間違えていたらご指摘頂けましたら幸いです。
[PR]

by arisuabu | 2013-03-13 22:13 | 鱗翅目 | Comments(0)