タグ:ゴミムシ科 ( 3 ) タグの人気記事


2015年 08月 05日

オオキベリアオゴミムシ

c0286530_4402440.jpg
オオキベリアオゴミムシ Epomis nigricans
2015年7月21日、厚沢部町


菌類を食べるのではないかと噂されているセンチコガネを探しに行った時に、久しぶりに出合いました。

本種の幼虫はカエル類に外部寄生し、体液を吸って成長することで知られています。

ちなみに、本命のセンチコガネは外しました。
[PR]

by arisuabu | 2015-08-05 04:41 | 鞘翅目 | Comments(2)
2014年 06月 08日

オオキベリアオゴミムシ

c0286530_21241049.jpg
オオキベリアオゴミムシ Epomis nigricans

[PR]

by arisuabu | 2014-06-08 21:26 | 鞘翅目 | Comments(4)
2013年 08月 04日

オオキベリアオゴミムシの幼虫

林道沿いのオオイタドリ葉上に、やけに背筋をピンと伸ばしたニホンアマガエルがいました。

「おまいさん、随分と良い姿勢をしているじゃないか。何かあったのかい?」と思いながら前に回り込んでみてビックリ仰天。

そのカエルの喉元には、以前から見たいと思っていたオオキベリアオゴミムシの幼虫が食らい付いていました。

c0286530_2154165.jpg
ニホンアマガエル Hyla japonica の喉元に食らい付いている、オオキベリアオゴミムシ Epomis nigricans の幼虫
2013年8月4日、厚沢部町字上里


オオキベリアオゴミムシの幼虫は、このようにニホンアマガエルやツチガエルに外部寄生し、寄生したカエルの体液を吸って成長するという実に恐ろしい生態をしています。

そんな生態に魅かれ、一度で良いのでその場面を見てみたいとフィールドへ出る度に気にしていましたが、その思いがついに報われました。

c0286530_21542299.jpg
体液を吸って丸々としています
2013年8月4日、厚沢部町字上里


幼虫に食い付かれているカエルはだいぶ弱っているようで、近付いて写真を撮ってもほとんど動きません。

それどころか、徐々に目を閉じて虚ろな感じになっていく有様・・・。

それでも時折、痛いのか苦しいのか、幼虫を前脚で払い除けようとしていましたが、幼虫はガッチリと食い付いているようで、離れることはありませんでした。

c0286530_21542564.jpg
幼虫の頭部は見えませんでした・・・
2013年8月4日、厚沢部町字上里


ネットではもっとグロテスクな色と大きさになった写真を見ていましたが、今回見つけたのはそうでは無かったので、まだ成長途中なのでしょう。

終齢幼虫になるまで、一体何匹のカエルを餌食にするのか・・・。

飼育して確かめたい気持ちもありましたが、僕の性格上、持ち帰っても死なせてしまうことが目に見えていたので、撮影だけにしておきました。

念願叶って出合うことが出来ましたが、これからもフィールドでは気にしたい生き物の一つです。

c0286530_2241528.jpg
2013年8月4日、厚沢部町字上里


ところで、帰宅後に撮影した画像をチェックしていたら、あるニホンアマガエルの写真がちょっと気になりました。

それは寄生されたカエルよりも前に撮ったものですが、喉元の辺りが傷付いて出血しているように見えます。

もしかしてこのカエルも、オオキベリアオゴミムシの幼虫に寄生されていたのでしょうか?

撮影中に気付いていれば、確かめることも出来たかもしれませんが、帰ってからでは後の祭り。

「撮って終わり」ではなく、撮影終了後もしっかりと観察しなければと思った次第でした。

c0286530_21543670.jpg
このカエルももしかして・・・?
2013年8月4日、厚沢部町字上里

[PR]

by arisuabu | 2013-08-04 22:06 | 鞘翅目 | Comments(4)