タグ:スズメバチ科 ( 9 ) タグの人気記事


2015年 12月 09日

スズメバチ属の巣

後日、テキスト追加します・・・。

c0286530_21564501.jpg

サンショウ Zanthoxylum piperitum の枝先に作られた、スズメバチ属の一種 Vespa sp. の巣
2015年11月6日、厚沢部町

c0286530_21564986.jpg
同巣
2015年11月6日、厚沢部町


[PR]

by arisuabu | 2015-12-09 19:26 | 膜翅目
2015年 11月 04日

キボシアシナガバチの巣

c0286530_20190406.jpg
ホオノキ Magnolia obovata の葉裏に作られた、キボシアシナガバチ Polistes nipponensis の巣
2015年10月7日、厚沢部町

強風が吹き荒れた後、沢山の木の葉や枝などとともに地面に落ちているのを見かける、アシナガバチ類の巣。

今回初めて調べ、これがキボシアシナガバチのものであると知りました。

育房の先端が鮮やかな黄色をしているのが特徴で、この部分は幼虫が蛹化する際に紡ぐ繭の蓋だそうです。

c0286530_17130053.jpg
ミズナラ Quercus crispula の葉裏に作られた、キボシアシナガバチ Polistes nipponensis の巣
2015年11月4日、厚沢部町

こちらは、今日見つけたもの。

キボシアシナガバチはこのように、樹木の葉裏や枝を営巣場所としています。

成虫は今まで見たことは無いですが、コアシナガバチに似ているようなので「判らなかっただけでもしかしたら見ているかも」と過去の写真をチェックしてみましたが、やはり見てはいませんでした(コアシナガバチは腹部に黄紋がありますが、キボシアシナガバチにはそれがありません)。

来年はぜひ、地面に落ちていない、樹上で営巣中の巣を見つけてみたいです。


[PR]

by arisuabu | 2015-11-04 19:09 | 膜翅目 | Comments(2)
2015年 02月 11日

越冬中のキアシナガバチ

c0286530_1436262.jpg
集団で越冬中のキアシナガバチ Polistes rothneyi
すぐ上には、ヨコヅナサシガメ Agriosphodrus dohrni の幼虫が1頭だけいました
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区


地元フィールドを散策中、ふと見上げた木の窪みで、複数のアシナガバチがぎゅうーっと身を寄せ合って越冬しているのを見つけました。

これまで、スズメバチ類の女王が朽木の中で越冬しているのは見たことがありましたが、アシナガバチ類は初めて。

調べてみるとアシナガバチ類は、朽木に潜るようなことはせず、人家の屋根裏や天井、木の割れ目、石の隙間など、ある程度外気にさらされるような場所で越冬するようです。

ここ数日は全国的にかなり冷え込んだので、彼女たちもかなり辛かったのではないでしょうか。

ですが、本州はあと少しで春。もうちょっとの辛抱ですね。

c0286530_14363321.jpg
窪みはそれ程深くはありません
2015年1月3日、埼玉県さいたま市緑区


さて、この越冬中のアシナガバチ。

北海道であれば迷うことなくキアシナガバチとしますが、地元には似た種が数種います。

同定するにはあちこち見なくてはなりませんが、ひたすら寒さに耐えている姿を見ていると、1頭でも捕まえるのが可哀想に思え、結局お尻の写真だけ撮って立ち去りました。

色合い的に、おそらくキアシナガバチかセグロアシナガバチのどちらかだと思えたので、写真で見えている部分で同定出来ないかと色々な写真を見比べた結果、セグロアシナガバチの場合は脛節がほぼ一様に黒くなるのに対し、キアシナガバチでは末端に黄色部があるという違いがあるように思われました。

写真のアシナガバチは脛節末端が黄色くなっているので、一応キアシナガバチとしておきたいと思います。

もし間違っているようであれば、ご指摘頂ければ幸いです。
[PR]

by arisuabu | 2015-02-11 21:35 | 膜翅目 | Comments(6)
2014年 06月 17日

コアシナガバチ

c0286530_2322363.jpg
コアシナガバチ Polistes snelleni
2014年6月14日、厚沢部町新町

[PR]

by arisuabu | 2014-06-17 23:23 | 膜翅目 | Comments(0)
2014年 06月 08日

コアシナガバチ

c0286530_2128920.jpg
コアシナガバチ Polistes snelleni
2014年5月25日、厚沢部町新町


アシナガバチ類の巣を見つけたので見ていたら、コアシナガバチの女王様が巣材をくわえて戻ってきました。

キアシナガバチは軒下など雨が直接当たらないような場所に営巣しますが、本種は開けた場所を好むようで、付近でさらに2つの巣を見つけました。

c0286530_21281211.jpg
持ち帰った巣材で育房を作っています
2014年5月25日、厚沢部町新町

c0286530_21281545.jpg
巣材を使いきり、しばし休憩・・・
2014年5月25日、厚沢部町新町

[PR]

by arisuabu | 2014-06-08 21:29 | 膜翅目 | Comments(0)
2014年 06月 06日

キアシナガバチ

c0286530_1912536.jpg
キアシナガバチ Polistes rothneyi
2014年5月25日、厚沢部町赤沼町


葉上で身繕いする、キアシナガバチの女王様。

c0286530_1914295.jpg
キアシナガバチ Polistes rothneyi
2014年5月25日、厚沢部町赤沼町

[PR]

by arisuabu | 2014-06-06 19:02 | 膜翅目 | Comments(0)
2013年 11月 24日

コアシナガバチ

c0286530_2153951.jpg
コアシナガバチ Polistes snelleni
2013年11月24日、厚沢部町赤沼町


ふらりと立ち寄った場所で、1頭のコアシナガバチと出合いました。

時期的に、働き蜂はもういないと思うので、越冬中の新女王ではないでしょうか。

最近はずーっと天気が悪く、また明日からもずーっと天気が悪いようですが、今日は珍しく青空が広がり、暖かい1日でした。

そんな陽気に誘われて表に出てくるのは、人も虫も同じようです。
[PR]

by arisuabu | 2013-11-24 21:15 | 膜翅目 | Comments(0)
2013年 08月 29日

スズバチ

c0286530_20344792.jpg
スズバチ Oreumenes decoratus
2013年8月25日、厚沢部町本町


ササの葉の上で、身繕いをしていました。
[PR]

by arisuabu | 2013-08-29 20:37 | 膜翅目 | Comments(0)
2013年 03月 10日

キアシナガバチ

c0286530_228336.jpg
キアシナガバチ Polistes rothneyi


去年は、1つの巣のほぼ最初から最後までを見届けることが出来ました。

今年も、毎日見られるくらい近くに営巣してくれたら嬉しいです。
[PR]

by arisuabu | 2013-03-10 22:24 | 膜翅目 | Comments(0)