タグ:ツリフネソウ科 ( 3 ) タグの人気記事


2015年 10月 16日

キツリフネコブアブラムシ?の虫こぶ

c0286530_06400188.jpg
キツリフネコブアブラムシ Eumyzus gallicola ?の虫こぶ1
2015年8月30日、厚沢部町

沢沿いに生育していたキツリフネ Impatiens noli-tangere で、葉が袋状に変形した虫こぶを見つけました。

中を覗いてみると、そこにいたのはアブラムシ。

「日本原色虫えい図鑑」には、ツリフネソウ類の葉に袋状の虫こぶを形成するアブラムシとして、「ツリフネソウコブアブラムシ Eumyzus impatiensae 」という種が掲載されています。

そのアブラムシの虫こぶは「キツリフネハオレタマゴフシ(ツリフネソウの場合はツリフネソウハオレタマゴフシ)」と命名されていて、特徴を引用すると「葉が表の方に折れ曲がり、両縁は接着して舟形袋状を呈し、葉肉の肥厚した虫えいが形成される。黄色から赤色を帯びるようになる」ということでした。

しかし、見た限りでは同所的に生育しているツリフネソウには虫こぶが全く見られず、また見つけた複数の虫こぶに赤色を帯びているものも無かったため、何となく違うのではという気がしました。

そこで調べたところ、キツリフネのみをホストとし、ツリフネソウコブアブラムシのものと類似した虫こぶを形成するという、「キツリフネコブアブラムシ Eumyzus gallicola 」というアブラムシがいることが分かりました。

中のアブラムシを調べた訳ではないのでどちらの種が形成者なのかは判りませんが、状況的にキツリフネコブアブラムシのように思えるので、一応そちらとしておきます。

キツリフネコブアブラムシの原記載はPDFが公開されているので、気が向いたら調べてみようと思います。

c0286530_06400748.jpg
キツリフネコブアブラムシ Eumyzus gallicola ?の虫こぶ2
2015年8月30日、厚沢部町

ちなみに、この虫こぶに気付いたのは8月30日で、その時すでに袋状の虫こぶが開いて中のアブラムシがいなくなったものも見られました。

今日この場所を歩いた際に見たところ、新たに形成された虫こぶが幾つもあったので、結構長く発生するのかもしれません。


[PR]

by arisuabu | 2015-10-16 20:32 | 半翅目 | Comments(0)
2013年 03月 23日

ベニスズメ

c0286530_20422666.jpg
ベニスズメ Deilephila elpenor lewisii
2012年6月25日、厚沢部町本町


ショッキングピンクで、体のあちこちを大胆に染め上げています。

これまで、幼虫がエゾミソハギやツリフネソウの葉を食べているのを見たことがありますが、他にもオオマツヨイグサ、ヤナギラン、キツリフネ、シロツメクサなども食べるそうです。
[PR]

by arisuabu | 2013-03-23 21:00 | 鱗翅目 | Comments(0)
2013年 03月 12日

セキナミシャク

c0286530_2358533.jpg
セキナミシャク Ecliptopera capitata mariesii
2012年5月31日、厚沢部町本町


幼虫は、キツリフネやツリフネソウを食べるそうです。

シックな翅とは真逆な色の体が凄いですね。
[PR]

by arisuabu | 2013-03-12 00:00 | 鱗翅目 | Comments(0)