タグ:マメ科 ( 9 ) タグの人気記事


2016年 01月 17日

ハマナタマメ

c0286530_13273321.jpg
ハマナタマメ Canavalia lineata
2015年12月31日、神奈川県鎌倉市

2個目の馬の歯がないかと探していたところ、目に留まったのがコレ。

積丹以来の、しかも1年の最後に海豆!!」と大興奮しましたが、・・・んん?? これはもしかして・・・。

帰宅後に調べると、それはやはりハマナタマメでした。

ハマナタマメは、国内の分布は太平洋側では千葉県以西、日本海側では山形県以西とされていて、神奈川県にも分布しています(神奈川では絶滅危惧種に指定されているため、生育地は限られるのかもしれません)。

本種の種子は海流によって運ばれる「海流散布」のようなので、これも南方から運ばれてきた可能性もあると思います。

しかし、種子の状態や分布からすると、近くの自生地からやって来たと考えるのが妥当なところかもしれません。

まぁ海豆には違いありませんし、初めて出合う物だったので嬉しかったですが、やはり遥か南から運ばれて来るもっと大きなモノの方がさらに良かったなぁと、ついつい欲張りなことを思ってしまいました。


[PR]

by arisuabu | 2016-01-17 19:13 | ビーチコーミング | Comments(4)
2015年 05月 27日

アツミモダマ?

遠征5日目は、行きには通らなかった積丹半島方面を回りながら南下していきました。

道中には小さな漁港が幾つもあり、気になった場所には立ち寄りましたが、その中の一つに「入舸(いるか)漁港」という面白い名前の所がありました。

港をぐるっと回りましたが、たいして漂着物が無いようだったので先へ進もうとした時、漁港の隅に漂着物溜まりを見つけました。

期待はしていませんでしたが、一応チェックするかと近くにあった公衆トイレの横に車を止め、降りて一歩踏み出したところ、足元に小さな茶色い物体が。

次の瞬間、反射的に「モダマ!!」と叫んでしまいました。

何とそこには、長いこと憧れ続けたモダマが1個、ポツンと転がっていたのです。

c0286530_19251647.jpg
アツミモダマ Entada rheedii
2015年5月5日、積丹町入舸町

c0286530_19253542.jpg
発見場所(すぐ右側に公衆トイレがあります)
2015年5月5日、積丹町入舸町


実は今回、Uさんから道北へ行くとお聞きした時に、2つの目標を立てました。

そのうちの一つが、モダマをゲットすること。

道北の稚内では、2012年にモダマが拾われた記録(林・斉藤,2012)があったので、あわよくば僕も・・・と考えたのです。

しかしその目標は達成出来ず、稚内を離れる時にはモダマのことなど頭の中からすっかり消えていました(ちなみに、もう一つの方もダメでした・・・)。

そういった状態だったので、小さな漁港で車から降りてすぐという出合いには、本当にビックリさせられました。

それにしてもなぜ、他に漂着物が無い場所に、これだけが転がっていたのでしょう?

よくカラスが、漂着しているクルミを咥えていって道路に落とすところを見ますが、これもカラスが運んだのでしょうか??

さて、日本に漂着しているモダマは中西ほか(2014)によると、コバモダマ、ヒメモダマ(コウシュンモダマ)、アツミモダマ(新称)、モダマの4種が確認されているとのこと。

今回拾ったものは、形状やサイズからすると、アツミモダマに該当するように思われました。

このアツミモダマは、日本で確認されている4種中、最も漂着が多いモダマということでした。

そして、林・斉藤(2012)で報告された稚内で拾われたモダマも、中西ほか(2014)で、アツミモダマと同定されていました。

c0286530_20205762.jpg
縦33mm、横34mm、厚さ19mm


中学生の時から、拾うことを夢見てきたモダマ。

それからウン十年の歳月を経て、ようやく夢が現実のものとなりました。

これでもう、思い残すことはありません。

浜歩きは卒業です。

今後は、森とそこに暮らす生き物を見つめて生きていこうと、そっと心の中で決意しました。

・・・ということは全く無く、だいぶ遅くなりましたが、これでようやくスタートラインに立てたという気持ちです(何のスタートラインかは分かりませんが笑)。

今後は、身近な浜でモダマを見つけることと、北海道からはまだ記録の無いモダマを見つけることを目標として、浜歩きを続けていこうと決意したのでした。

〈参考文献〉
林 重雄・斉藤由衣,2012.北海道稚内市にモダマ属 Entada sp.種子の漂着.漂着物学会誌,10:35-36.
中西弘樹・深石隆司・林 重雄,2014.日本に漂着するモダマ属植物の種子の再検討.漂着物学会誌,12:15-19.
[PR]

by arisuabu | 2015-05-27 20:57 | ビーチコーミング | Comments(6)
2014年 09月 05日

ツルマメ

c0286530_21242968.jpg
ツルマメ Glycine max ssp. soja
2014年8月6日、厚沢部町字上の山

[PR]

by arisuabu | 2014-09-05 21:25 | 植物 | Comments(0)
2014年 08月 27日

ベッコウハゴロモ

c0286530_19221069.jpg
ベッコウハゴロモ Ricania japonica
2014年8月16日、江差町五厘沢町


道路沿いの植物の、特にクズに多く見られました。
[PR]

by arisuabu | 2014-08-27 19:25 | 半翅目 | Comments(0)
2014年 07月 21日

カバイロシジミ

c0286530_21182298.jpg
クサフジ Vicia cracca で吸蜜中のカバイロシジミ Glaucopsyche lycormas lycormas
2014年7月13日、厚沢部町字上里

[PR]

by arisuabu | 2014-07-21 21:20 | 鱗翅目 | Comments(0)
2014年 05月 31日

モダマ属の一種

c0286530_872624.jpg
モダマ属の一種 Entada sp.
2014年5月18日、島牧村千走


島牧村で宿泊施設を営まれている知り合いの方の所にお邪魔したところ、窓辺でモダマを発見(右下の巨大なドングリは、オキナワウラジロガシでしょうか?)。

宿泊施設の目の前は海なので、「まさかここで拾ったものじゃないよね・・・?」と思って尋ねると、南方の島(島の名前を失念。国内です)へ行った時に拾ったものとのこと。

それを聞いて何となくホッとしましたが、続く言葉に衝撃を受けました。

「でも、ここの前の浜で拾ったのも、1個だけだけど混じってるよ」

北海道におけるモダマの漂着記録は、2012年の稚内のもの1例だけしか知りませんが、きっと幾つものモダマが、人知れず北海道の浜に流れ着いているのでしょう。
[PR]

by arisuabu | 2014-05-31 08:07 | ビーチコーミング | Comments(2)
2014年 02月 02日

キヒゲアシブトハナアブ

c0286530_22503796.jpg
シロツメクサ Trifolium repens で食事中の、キヒゲアシブトハナアブ Parhelophilus kurentzovi
2013年8月4日、厚沢部町字上里

[PR]

by arisuabu | 2014-02-02 22:52 | 双翅目 | Comments(0)
2013年 12月 30日

エゾヒメシロチョウ?の卵

c0286530_1984552.jpg
クサフジ Vicia cracca に産み付けられた、エゾヒメシロチョウ Leptidea morsei ?の卵
2013年8月25日、厚沢部町赤沼町


道端のクサフジで見つけました。

エゾヒメシロチョウと思われる小型のシロチョウが、このクサフジにまとわりつくように飛んでいたので、おそらくその卵ではないかと思われました。

さて、明日から帰省するため、年内の更新はこれで最後になります。

ご覧になって下さった皆様、ありがとうございました。

来年もまた、よろしくお願い致します。
[PR]

by arisuabu | 2013-12-30 19:27 | 鱗翅目 | Comments(2)
2013年 11月 28日

マルカメムシ

c0286530_0152940.jpg
マルカメムシ Megacopta punctatissimum


知り合いのお宅でご馳走になった富有柿に付いていたと思われる、マルカメムシ。

聞くとその柿は、福岡県宗像市から送られてきたものとのこと。

この個体も、遥か福岡の地からやって来たのかもしれませんね。

僕の地元埼玉では、あちこちに繁茂しているクズで普通に見られました。

しかし北海道では、クズはあっても本種は分布していないようで、見たことがありません。
[PR]

by arisuabu | 2013-11-28 22:18 | 半翅目 | Comments(0)