タグ:モクレン科 ( 4 ) タグの人気記事


2015年 11月 04日

キボシアシナガバチの巣

c0286530_20190406.jpg
ホオノキ Magnolia obovata の葉裏に作られた、キボシアシナガバチ Polistes nipponensis の巣
2015年10月7日、厚沢部町

強風が吹き荒れた後、沢山の木の葉や枝などとともに地面に落ちているのを見かける、アシナガバチ類の巣。

今回初めて調べ、これがキボシアシナガバチのものであると知りました。

育房の先端が鮮やかな黄色をしているのが特徴で、この部分は幼虫が蛹化する際に紡ぐ繭の蓋だそうです。

c0286530_17130053.jpg
ミズナラ Quercus crispula の葉裏に作られた、キボシアシナガバチ Polistes nipponensis の巣
2015年11月4日、厚沢部町

こちらは、今日見つけたもの。

キボシアシナガバチはこのように、樹木の葉裏や枝を営巣場所としています。

成虫は今まで見たことは無いですが、コアシナガバチに似ているようなので「判らなかっただけでもしかしたら見ているかも」と過去の写真をチェックしてみましたが、やはり見てはいませんでした(コアシナガバチは腹部に黄紋がありますが、キボシアシナガバチにはそれがありません)。

来年はぜひ、地面に落ちていない、樹上で営巣中の巣を見つけてみたいです。


[PR]

by arisuabu | 2015-11-04 19:09 | 膜翅目 | Comments(2)
2015年 07月 09日

オオアヤシャクの幼虫

c0286530_2038530.jpg
キタコブシ Magnolia kobus var. borealis にいたオオアヤシャク Pachista superans の幼虫
2015年6月21日、厚沢部町


去年初めて見た幼虫に、今年も出合いました。

相変わらず、熱心にお祈りを捧げていました。
[PR]

by arisuabu | 2015-07-09 20:43 | 鱗翅目 | Comments(0)
2014年 07月 03日

オオアヤシャクの幼虫

c0286530_21362818.jpg
オオアヤシャク Pachista superans の幼虫
2014年6月28日、厚沢部町字上里


キタコブシ Magnolia kobus var. borealis の葉上で、熱心にお祈りしている幼虫を見つけました。

初めはシャチホコガ類の幼虫かと思いましたが、ホストを頼りに調べた結果、シャクガ科のオオアヤシャクの幼虫であることが判りました。

さて、幼虫をよくよく見ると、体の横にある白線を境に、体色が異なっていることに気付きます。

背中側は光を反射する葉の色、お腹側は光が透けた葉の色に似ているのではないでしょうか。

こうして色を使い分けることで、上空や地上にいる捕食者の目から逃れているのだと思います。
[PR]

by arisuabu | 2014-07-03 22:07 | 鱗翅目 | Comments(0)
2013年 06月 10日

ドイカミキリ

c0286530_21113333.jpg
ホオノキ Magnolia obovata の枝に静止するドイカミキリ Doius divaricata divaricata
2013年5月26日、厚沢部町字上里

c0286530_21114464.jpg
同個体
2013年5月26日、厚沢部町字上里

c0286530_21114667.jpg
樹皮をちょっとだけ齧っています
2013年5月26日、厚沢部町字上里

c0286530_21114868.jpg
だいぶ引いて撮ってみました
2013年5月26日、厚沢部町字上里

[PR]

by arisuabu | 2013-06-10 21:17 | 鞘翅目 | Comments(0)