タグ:ヨウミャクカシパン科 ( 2 ) タグの人気記事


2017年 05月 18日

ハイイロハスノハカシパン

c0286530_21361540.jpg
ハイイロハスノハカシパン Scaphechinus griseus
2017年4月9日、長万部町

こちらの記事で、尚 nao.さんにハスノハカシパンとハイイロハスノハカシパンの識別点を教えて頂いてから注意していたところ、長万部の浜で出合うことが出来ました。

確かに、肛門の位置が周縁よりも上にずれています(右斜め下にぽちっとあるのが肛門です)。

結構な数の殻が打ち上げられていたため、無作為に拾った30個体以上を見てみましたが、全て本種でハスノハカシパンは確認することが出来ませんでした。


[PR]

by arisuabu | 2017-05-18 21:50 | ビーチコーミング | Comments(4)
2017年 03月 24日

ハスノハカシパン属の一種→ハスノハカシパン

c0286530_20581565.jpg
ハスノハカシパン属の一種 Scaphechinus sp.
ハスノハカシパン Scaphechinus mirabilis
2017年3月1日、上ノ国町

久しぶりに穴の開いていないカシパンを見つけたので、パチリ(縁はボロボロでしたが)。

北海道には、ハスノハカシパン Scaphechinus mirabilis とハイイロハスノハカシパン S. griseus の2種が分布しています(ナミベリハスノハカシパン S. brevis という種もいましたが、ハスノハカシパンのシノニムとなったそうです)。

生時であれば、ハスノハカシパンは濃紫色、ハイイロハスノハカシパンは灰色の体色ということなので区別は容易であると思われますが、写真のような状態になってしまうともうお手上げ・・・。

これまでほとんど注意してこなかったカシパンですが、今後は気を付けて見るようにしたいと思います。

[追記 2017年3月30日]
尚 nao.さんのご教示により、本種はハスノハカシパンであることが判りました。
尚 nao.さん、ありがとうございました。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-24 21:09 | ビーチコーミング | Comments(2)