タグ:上ノ国町 ( 129 ) タグの人気記事


2017年 04月 26日

池がある民家

c0286530_20042327.jpg
2017年4月1日、上ノ国町

中央部には、小さな島がありました。

暮らしのすぐ近くに水があるというのはとても羨ましく、そういう所に住みたいと昔から憧れています。

屋根は、茅葺をトタンで覆っているのでしょうか?

もしそうだとしたら、覆う前の風景も見てみたかったです。


[PR]

by arisuabu | 2017-04-26 20:24 | 日常 | Comments(0)
2017年 04月 24日

むらた神薬

c0286530_20251137.jpg
2017年4月1日、上ノ国町

上ノ国のとある集落を歩いていると、水路脇に角張っている青い壜が・・・。

逸る気持ちを抑えて、まずは写真を一枚。

それからおもむろに近付いていくと、見たいと焦がれ続けていたエンボスがこちらを向いて待ってくれていました。

c0286530_20251647.jpg
2017年4月1日、上ノ国町

ただ、口はスクリュー式ですし、手に取ってよく見ると、歪みは無く気泡も1~2個ほどしか入っていません。

憧れの八角神薬壜でしたが、相当新しい物のようで、ほぼ完品とは言え何だかガッカリしてしまいました・・・。


[PR]

by arisuabu | 2017-04-24 21:39 | ボトルディギング | Comments(2)
2017年 04月 16日

オカメブンブク

c0286530_20221169.jpg
オカメブンブク Echinocardium cordatum
2017年3月26日、上ノ国町

モノクロ写真ぽいですが、カラーです(笑)


[PR]

by arisuabu | 2017-04-16 21:05 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 04月 13日

カズラガイ

c0286530_18385897.jpg
カズラガイ Phalium flammiferum strigatum
2017年3月26日、上ノ国町


[PR]

by arisuabu | 2017-04-13 19:54 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 04月 04日

珪化木

c0286530_23082230.jpg
2017年3月12日、上ノ国町

今年に入ってから珪化木には出合えていなかったので、これは嬉しい1個でした。


[PR]

by arisuabu | 2017-04-04 20:56 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 04月 03日

申年の絵馬

c0286530_21312441.jpg
2017年3月12日、上ノ国町

裏には何も書かれていませんでしたが、それで良かったように思います。


[PR]

by arisuabu | 2017-04-03 21:04 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 04月 02日

ネコガイ

c0286530_22121324.jpg
ネコガイ Eunaticina papilla
2017年3月12日、上ノ国町


[PR]

by arisuabu | 2017-04-02 21:33 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 04月 01日

エビの疑似餌

c0286530_22114224.jpg
2017年3月12日、上ノ国町


[PR]

by arisuabu | 2017-04-01 22:13 | ビーチコーミング
2017年 03月 25日

マクラガイ

c0286530_20570773.jpg
マクラガイ Oliva mustelina
2017年3月1日、上ノ国町

この日は5個のマクラガイを拾いましたが、4個目までは全て殻頂が欠け、ぽっかりと穴が開いてしまっていました。

ですが最後にようやく、擦れてはいましたが穴の開いていないモノを拾うことが出来ました。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-25 21:06 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 03月 24日

ハスノハカシパン属の一種→ハスノハカシパン

c0286530_20581565.jpg
ハスノハカシパン属の一種 Scaphechinus sp.
ハスノハカシパン Scaphechinus mirabilis
2017年3月1日、上ノ国町

久しぶりに穴の開いていないカシパンを見つけたので、パチリ(縁はボロボロでしたが)。

北海道には、ハスノハカシパン Scaphechinus mirabilis とハイイロハスノハカシパン S. griseus の2種が分布しています(ナミベリハスノハカシパン S. brevis という種もいましたが、ハスノハカシパンのシノニムとなったそうです)。

生時であれば、ハスノハカシパンは濃紫色、ハイイロハスノハカシパンは灰色の体色ということなので区別は容易であると思われますが、写真のような状態になってしまうともうお手上げ・・・。

これまでほとんど注意してこなかったカシパンですが、今後は気を付けて見るようにしたいと思います。

[追記 2017年3月30日]
尚 nao.さんのご教示により、本種はハスノハカシパンであることが判りました。
尚 nao.さん、ありがとうございました。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-24 21:09 | ビーチコーミング | Comments(2)