タグ:千葉県 ( 15 ) タグの人気記事


2017年 06月 17日

セイタカハイガイ

c0286530_22040122.jpg
セイタカハイガイ(左)とハイガイ(右)

セイタカハイガイというモノの存在を知ったので、今年の1月に拾い集めたハイガイをチェックしてみたところ、1個だけですが明らかに違うモノが交じっていました。

かつては別種とされていましたが、現在ではハイガイの一型となっているようです。


[PR]

by arisuabu | 2017-06-17 22:11 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 03月 02日

ヒゲクジラ亜目の鯨ひげ

c0286530_21330380.jpg
ヒゲクジラ亜目 Mysticeti の鯨ひげ
2017年1月4日、千葉県南房総市

「さあ、歩くぞ!」と、勇んで浜に下りた直後に見つけ、度肝を抜かれました。

当初は、こんなモノが自然に漂着するとは思えなかったので、どこかの漁港から流出したのではないかと推測しましたが、色々と調べた結果、その可能性は低いかもしれないと考えるようになりました。

やはり、死亡したクジラから剥がれたモノが、漂着したのでしょうか・・・?

c0286530_21331703.jpg
同鯨ひげ
2017年1月4日、千葉県南房総市

またこの鯨ひげの持ち主ですが、形やサイズなどからミンククジラ Balaenoptera acutorostrata ではないかと思いました。

しかしよくよく調べると、ミンククジラのものとは黄白色部分の入り方が異なっています。

結局、各種ヒゲクジラ類の鯨ひげに関する情報を見つけられなかったため、この持ち主は正体不明となってしまいました。

もし判る方がいらっしゃいましたら、ご教示のほどよろしくお願い致します。

今回の千葉ビーチコは、収穫らしい収穫がほとんど無く悲惨でしたが、そのような中で初めてとなる鯨ひげと出合えたのは、不幸中の幸いでした・・・。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-02 22:12 | ビーチコーミング | Comments(2)
2017年 03月 01日

ゴバンノアシ

c0286530_20212872.jpg
ゴバンノアシ Barringtonia asiatica
2017年1月4日、千葉県南房総市

こちらの浜に漂着していたゴバンノアシは、ぷっくりしていてなかなか貫禄あるお姿。

復路で見た時には、まるで何かのご神体であるかのように、周りを流木や貝などで飾り付けられていました(笑)


[PR]

by arisuabu | 2017-03-01 20:22 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 02月 28日

ハイガイ

c0286530_21334943.jpg
ハイガイ Tegillarca granosa
2017年1月4日、千葉県南房総市

2ヶ所目の浜では、最初の浜では見かけないハイガイが拾えます。

最初の浜とここは直線距離で約2Kmほどしか離れていませんが、何が違うのでしょうか?

c0286530_21335282.jpg
ハイガイ Tegillarca granosa
2017年1月4日、千葉県南房総市

今回は去年と比べると、殻頂に穴が開いた殻が多く、完品は少ないように感じられました。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-28 21:36 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 02月 26日

ウミガメ科の骨

c0286530_20492112.jpg
ウミガメ科 Cheloniidae の骨
2017年1月4日、千葉県南房総市

ゴバンノアシを見つけた方はそれ以外何も無かったので、引き返して反対側へ。

そちらでは去年、1/0号オレンジ浮きアカニシの化石などの収穫があったので期待しましたが、今年は何も無し・・・。

途中でホウガンヒルギの種子っぽいモノを見つけたのですが、だいぶ傷んでいて、いじっているうちに崩壊させてしまったのは勿体なかったです。

今年は何も拾う物が無いな~とガッカリしながら戻っていると、バラバラになったウミガメの骨に出くわしました。

腹甲骨のトゲトゲ具合からすると、アオウミガメでしょうか?

ここは人の多い浜なので、生々しい姿を目にした人も大勢いたかもしれません。

c0286530_20494007.jpg
2017年1月4日、千葉県南房総市



[PR]

by arisuabu | 2017-02-26 20:52 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 02月 24日

ゴバンノアシ

c0286530_23161484.jpg
ゴバンノアシ Barringtonia asiatica
2017年1月4日、千葉県南房総市

去年初めて訪れた千葉の浜に、今年も行ってきました。

最初に見つけたのは、去年同様ゴバンノアシ。

北海道でなら記録的な意味でこのような状態のモノでも拾いましたが、こちらではごく普通の漂着物であるようなので、写真だけ撮って先に進みました。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-24 23:18 | ビーチコーミング | Comments(0)
2016年 02月 07日

エイラクブカ?

c0286530_11275693.jpg
エイラクブカ Hemitriakis japanica
2016年1月5日、千葉県南房総市

ポツリポツリと落ちているハイガイを拾いながら歩いてると、前方に大きな魚が打ち上がっているのが見えました。

近付いて確認すると、それは何と体長1m近いサメ!

以前に落部の港で捨てられたと思しきサメを見たことがありましたが、漂着しているのは初めてでした。

c0286530_11280754.jpg
同個体頭部
2016年1月5日、千葉県南房総市

さてこのサメ、帰宅後に調べた結果、つい先ほどまでドチザメ科 Triakidae のシロザメ Mustelus griseus だと思っていました。

しかしアップする前にもう一度調べたところ、シロザメの歯はヤスリ状であるという記述を発見。

上の写真を見ると、ピントは合っていませんが、明らかに歯は尖っているのが見て取れます。

「これはシロザメではない・・・?」と焦って再度調べると、外見はシロザメに似ていますが歯が尖るという「エイラクブカ」というサメに行き当たりました。

エイラクブカの特徴は歯の他に、目が細長くその下に隆起がある、各鰭の後端が白いなどがあるようですが、この2枚の写真だけではちょっと判りません・・・。

一応エイラクブカとして掲載しますが、間違っていたらご指摘頂けましたら幸いです。

さて、これで、帰省時のネタは終わりです。

今回はちょっと収穫が少なかったように思いますが、念願の馬の歯を始め、ムラサキツバメウラギンシジミの越冬が見られたりハイガイが拾えたりしたので、結構楽しむことが出来た年末年始でした。


[PR]

by arisuabu | 2016-02-07 20:20 | ビーチコーミング | Comments(0)
2016年 02月 07日

ハイガイ

前日に6稜のゴバンノアシを拾った浜にはまだ先があったので、この日もまた片道4時間かけて行ってきました。

この日はまず、前日歩かなかった波打ち際近くからスタート。

しばらく進むと、サルボウに似た形のぽってりとした二枚貝が、ポツンと落ちているのが目に付きだしました。

初めは特に気にせず素通りしていましたが、そのうちに気紛れに拾い上げた物を見ている時に思い出しました。

「あれっ、この貝ってもしかして、尚 nao.さんのブログで紹介されていたアレでは・・・」

その場で急ぎ尚さんのブログにアクセスして見比べると、どうも同じモノのよう。

それは、フネガイ科 Arcidae の「ハイガイ」という貝でした。

c0286530_11273597.jpg
ハイガイ Tegillarca granosa 1
2016年1月5日、千葉県南房総市

ハイガイは、内湾の潮間帯~水深10mほどの泥底に生息し、約6000年前の縄文時代には北海道南部まで分布していたことが貝塚の調査から判っているそうです。

しかしその後、環境変化や開発の影響などで分布域が著しく縮小し、現在国内で確実に生息しているのは有明海だけだとか・・・。

尚さんの記事によると、三浦半島では9500年前くらいに出現し、6500~5500年前をピークにその後減少、1500年前頃には絶滅してしまったということです。

c0286530_11274229.jpg
ハイガイ Tegillarca granosa と、すぐ横を通り過ぎた足跡
2016年1月5日、千葉県南房総市

何気なく落ちている貝殻が、実は数千年前の物だというのは、何だか凄い感じです(と言っても、一見すると普通の貝殻なので、あまり実感は湧きませんが)。

この時拾ったのはどれもやや摩耗した殻ばかりだったので、次の機会があったら、もっと新しそうな状態の物や、逆に尚さんのブログの最後で紹介されているいかにも化石といった感じの物が拾えたらと思います。

c0286530_12041311.jpg
拾い集めたハイガイ Tegillarca granosa
タマガイ類に捕食されたのか、殻頂に穴の開いた殻もしばしば見られました
2016年1月5日、千葉県南房総市で採集


[PR]

by arisuabu | 2016-02-07 20:16 | ビーチコーミング | Comments(2)
2016年 02月 03日

ココヤシ

c0286530_11272717.jpg
ココヤシ Cocos nucifera と、波待ちのサーファーたち
2016年1月4日、千葉県南房総市

この浜では早々にゴバンノアシを見つけて気を良くしましたが、その後目ぼしい物は何もありません・・・。

めげそうになりながら歩を進めていくと、一部が切り取られたココヤシがありました。

ココナッツジュースでも飲まれたのでしょうか?

全然嬉しくありませんでしたが、せっかく見つけたのだからと撮影だけしました。

その後もしばらく歩きましたがやはり何も無く、1月とは思えない暑さにやられてグッタリしながら引き返しました・・・。


[PR]

by arisuabu | 2016-02-03 07:05 | ビーチコーミング | Comments(2)
2016年 02月 02日

ゴバンノアシ

最初に降り立った浜を歩き終えたので駅に向かうと、帰りの電車が来るまではまだ時間がありました。

それよりも、さらに先へ行く電車の時刻の方が近かったので、せっかくここまで来たのだからともう少し先まで足を伸ばしてみることにしました。

そして2ヶ所目となった浜は最初よりも漂着物が多く、何となく期待出来そうな感じ。

ワクワクしながら歩き始めてすぐ、この日3個目となるゴバンノアシと出合いました。

このゴバンノアシは稜が6つもある変わった形をしていたので、これもお持ち帰りしました。

c0286530_11272347.jpg
ゴバンノアシ Barringtonia asiatica
2016年1月4日、千葉県南房総市

幸先の良いスタートに、期待はさらに高まりました。

ここならもしかしたら、海豆が見つかるかも・・・??

前方に目を向けると、浜は遥か遠くまで続いていました。


[PR]

by arisuabu | 2016-02-02 19:09 | ビーチコーミング | Comments(0)