タグ:森町 ( 7 ) タグの人気記事


2015年 12月 21日

アカウミガメ

c0286530_13121879.jpg
アカウミガメ Caretta caretta
2015年11月18日、森町

興味が惹かれるようなモノがほとんど無かったため、さっさと別の浜に移動しようと車の所へ戻っている最中に、尺玉の記事で書いた「あるモノ」、すなわちアカウミガメの死体を見つけてしまいました。

ウミガメと初めて出合った時は、北海道でなんてとんでもなく珍しいのではないかと大興奮したものですが、その後も出合うことがあり、そしてこれで3度目なので、よくあることでは無いにしろ、特別珍しいことでも無いようだと思うようになりました。

これはだいぶ分解が進んでいましたが、それでもまだ持ち帰ろうと思える状態にはなっていなかったので、いつものようにほぼ肉が無くなっていた頭部のみ回収しました。

c0286530_13122100.jpg
甲長約580mm
2015年11月18日、森町

頭部回収後、砂に埋もれていた部分を掘り出してカメフジツボが着いていないか探しましたが、今回も残念ながら見つかりませんでした。

憧れのカメフジツボ、早く実物を手にしてみたいです・・・。


[PR]

by arisuabu | 2015-12-21 07:23 | ビーチコーミング | Comments(4)
2015年 12月 21日

プラ浮き

c0286530_13121131.jpg
2015年11月18日、森町

砂原の浜はプラ浮きだけは大量に打ち上げられていましたが、そのうちの一つによく分からない加工が施されていました。

c0286530_13121402.jpg
上から
2015年11月18日、森町

プラ浮きは陸上でも色々と利用されているので、これも何らかの目的で加工したものの、失敗したかいらなくなったかで捨てられてしまった物でしょうか?

くり抜くのは大変そうですが、中にライトを入れて木の枝先や軒先などにロープで吊るしていたら良いかもしれません。


[PR]

by arisuabu | 2015-12-21 07:14 | ビーチコーミング | Comments(2)
2015年 12月 20日

尺玉

c0286530_13120386.jpg
尺玉と、頂上が雲に隠れた駒ヶ岳
2015年11月18日、森町

去年の尺玉探し遠征で訪れた、森町は砂原の浜。

あの時は尺玉はおろか他の収穫もほとんど無かったことから、もうここに来ることはまず無いだろうと思っていました。

しかし、時間が経つとまた気になってくるもの。

そこで先月、約1年ぶりに訪れたところ、なんとあの時には出合えなかった尺玉を見つけることが出来ました。

この尺玉は道南の太平洋側ではよく見られる成型タイプの物でしたが、網掛けされていて雰囲気が良かったので持ち帰ろうとしました。

しかしよく見ると結構ヒビが入っていたため、泣く泣く置いてきました。

c0286530_13120769.jpg
同尺玉
2015年11月18日、森町

ちなみにこの時、去年尺玉を下さった父さんと同じ流木小屋で再会し、尺玉のお礼を改めて言うことが出来ました。

父さんもよく浜を歩いているようで、この尺玉のこともちゃんと把握していました。

話を聞くと、こうした尺玉は昔、ホタテの養殖網の両端に括り付けていたということです。

そして、プラ浮きに取って代わられてからもそのままにされていることがあり、そういった物が縄の劣化などで波間に漂い出し、打ち上げられるということでした。

また、シリンダー浮きのこともご存じで、それも稀に打ち上げられるとのことでした。

それにしても、ここはやはりビーチコ的には全く面白くない場所で、3度目はもう無いだろうと歩きながら思いました。

がしかし、車に戻る途中で「あるモノ」を見つけてしまったため、もう1回くらいは行くことになるかもしれません。

そのことは来年、暖かくなってから、また考えるとしましょう・・・。


[PR]

by arisuabu | 2015-12-20 20:11 | ビーチコーミング | Comments(0)
2015年 10月 28日

ガラス玉と駒ヶ岳

c0286530_15120985.jpg
2015年9月27日、森町

9月はどこへ行っても寄り物がほとんど無い、厳しい月でした(今も、その状況はあまり変わっていませんが・・・)。

ガラス玉でさえ、出合ったのは約1ヶ月ぶりでした・・・。


[PR]

by arisuabu | 2015-10-28 06:04 | ビーチコーミング | Comments(2)
2014年 10月 28日

ハクジラ亜目の脊椎骨

c0286530_6473752.jpg
駒ヶ岳とハクジラ亜目 Odontoceti の脊椎骨
2014年10月5日、森町砂原


イルカ類のものですが、種類は判りません。

復路で回収しようと思っていましたが、諸事情により果たせませんでした・・・。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-28 07:17 | ビーチコーミング | Comments(2)
2014年 10月 26日

ガラス玉

尺玉探し遠征時の、ガラス玉たち。

c0286530_728375.jpg
カバー付きガラス玉
2014年10月5日、森町砂原


砂原の浜を歩き始めて間もなく見つけた、カバー付きのガラス玉。

カバーに対して中のガラス玉が小さいのでブカブカしていて、初めは割れているのかと思ってしまいました。

c0286530_2218413.jpg
頂いたガラス玉
2014年10月5日、森町砂原


尺玉を下さった父さんは、よく拾えるサイズのものもくれました。ありがとうございました。

c0286530_2218939.jpg
恵山とガラス玉
2014年10月5日、函館市日ノ浜町


道の駅「なとわ・えさん」裏の浜を、ずーっと歩いた先で出合いました。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-26 22:19 | ビーチコーミング | Comments(0)
2014年 10月 25日

尺玉を求めて・・・ ―渡島半島太平洋側ぐるっと巡り―

ガラス玉にハマったUさんのお誘いで、尺玉探し遠征に行ってきました。

まずは落部に抜け、そこからひたすら海沿いを南下。

目的地とした砂原へ行くまで、事前に調べた砂浜をチェックしながら進みましたが、どこもしょぼく、成果は何一つありませんでした。

c0286530_1954147.jpg
砂原の浜
2014年10月5日、森町砂原


そして、目的地の砂原に到着。

しかしここも、予想に反して目ぼしいものは何も無く、はるばる来た甲斐が全くありませんでした。

c0286530_19541547.jpg
浜の休憩所
2014年10月5日、森町砂原


浜には流木を利用して作られた休憩所があり、地元の父さんが2人、腰を下ろしていました(写真の休憩所は、その後にあった2つ目のものです)。

挨拶がてら立ち寄って色々とお話をお聞きしたところ、現在では尺玉はほとんど漂着しないということを教えてくれました。

お礼を言って再び歩き始めたのですが、もうこれ以上歩いても成果は望めないだろうと判断し、足どり重く引き返しました。

そうして最初の休憩所を過ぎたところで、後ろからオーイと父さんの呼び声。

「何だろう?」とUさんと顔を見合わせて行くと、「1個しかないけど、コレ、持ってけ」と言って、以前に浜で拾ったという尺玉を裏から出してきてくれました。

思わぬ形で尺玉を得ることができ、父さんに深く深く感謝しながら、砂原の浜を後にしました。

c0286530_1954177.jpg
尺玉を持つUさん
2014年10月5日、森町砂原


砂原からしばらくは歩けるような砂浜が無く、ひたすら進むのみ。

そうしてようやくたどり着いた所も、漂着物的には全然良くありませんでした。

ただ、浜の近くに積み上げられた尺玉があり、その中にビール瓶色をしたものを見つけた時には、こんな色もあるのかと知識がちょっと増えたような気がしました。

c0286530_19542041.jpg
積み上げられた尺玉たち(ビール瓶色のものは、右端にちょっとだけ見えています)
2014年10月5日、函館市


ちょうどお昼になったので近くのカフェに入ったのですが、マスターと話しているうちに厚沢部に共通の知り合いが何人もいることが分かり、そのおかげか、帰り際に店先に飾ってあった尺玉を2個、持たせてくれました。

c0286530_19542121.jpg
僕が頂いた尺玉
2014年10月5日、函館市


その後も数ヶ所の浜に立ち寄りましたが、ついに尺玉の姿はありませんでした。

しかし、ご厚意に甘える形で3個もの尺玉を得ることが出来たのは、ちょっと複雑な気持ちもありましたが、とても嬉しいことでした。

今回は落部から函館の湯の川まで走破しましたが、距離の割には歩けるような砂浜がほとんど無かったので、よっぽどのことが無い限り、この地域を再訪することは無さそうです。

ただ、今までの遠征ではほとんど無かった地元の方との触れ合いがあったおかげで、とても印象に残るものとなりました。

いつかまた、お世話になった方々に会うことがあったら、改めて感謝の気持ちを伝えたいです。
[PR]

by arisuabu | 2014-10-25 20:34 | ビーチコーミング | Comments(6)