タグ:石狩市 ( 20 ) タグの人気記事


2016年 10月 26日

ヤスリツノガイ

c0286530_21255754.jpg
ヤスリツノガイ Fissidentalium yokoyamai
2016年9月15日、石狩市

c0286530_21265998.jpg
ヤスリツノガイ Fissidentalium yokoyamai
2016年9月15日、石狩市


[PR]

by arisuabu | 2016-10-26 21:30 | ビーチコーミング | Comments(2)
2016年 10月 25日

ハネナガキリギリス

c0286530_21001983.jpg
ハネナガキリギリス Gampsocleis ussuriensis
2016年9月15日、石狩市

周囲からは多くの鳴き声が聞こえていましたが、ほとんどが茂みの中からで、見つけ出すのは困難でした。

それでも諦めずに探し続け、ようやく茂みの際にいる個体を見つけたのですが、回り込むことが出来ず、背面からしか撮れなかったのが悔しかったです・・・。


[PR]

by arisuabu | 2016-10-25 07:19 | 直翅目 | Comments(0)
2016年 08月 19日

目薬壜?

c0286530_19082647.jpg
高さ68mm、最大幅20mm、最大厚12mm、エンボス無し
2016年7月20日、石狩市で拾集

ビー玉を拾った場所で見つけました。

形からすると、目薬壜の一種である「一口叩き式点眼壜」というのに似ている感じがします。

首が欠けてしまっているのが残念でしたが、青が綺麗で気泡も多かったので回収しました。

いつか完品を拾いたいです。


[PR]

by arisuabu | 2016-08-19 20:35 | ボトルディギング | Comments(4)
2016年 08月 18日

ビー玉

c0286530_19170733.jpg
2016年7月20日、石狩市

降り注ぐ陽の光を浴びてキラキラと輝いている場所があったので覗いてみると、若干ハケっていました。

辺りを歩くと、邑田資生堂の八角神薬壜の欠片も・・・。

来年の雪融け頃に、また訪れてみることにしましょう。


[PR]

by arisuabu | 2016-08-18 19:26 | ボトルディギング | Comments(2)
2016年 08月 04日

石狩キューピー

c0286530_17575385.jpg
2016年7月6日、石狩市

以前に上ノ国で見つけたモノと同じだと思いましたが、こちらの方が若干大きかったです。


[PR]

by arisuabu | 2016-08-04 07:36 | ビーチコーミング | Comments(2)
2016年 08月 03日

sea amber

c0286530_18054944.jpg
13×7mm
2016年7月6日、石狩市

長いこと憧れていたシーアンバーに出合え、感動に震えました。


[PR]

by arisuabu | 2016-08-03 07:57 | ビーチコーミング | Comments(2)
2016年 08月 02日

祥符浮子

c0286530_06494444.jpg
2016年6月29日、石狩市

延々と歩いた浜の先で、今年の3月に初めて出合った祥符浮子と、二回目の遭遇を果たしました。

しかも嬉しいことに、前回の物とは裏面が異なるバージョン。

どんな裏面かは、こちらをご覧ください(と、地味に宣伝してみます笑)。


[PR]

by arisuabu | 2016-08-02 07:39 | ビーチコーミング | Comments(0)
2016年 08月 01日

ペンシル型浮き

c0286530_06472483.jpg
2016年6月29日、石狩市

檜山地方の海岸では滅多に見られないペンシル型浮きですが、反対側の渡島地方では普通に見られますし、日本海側でも石狩辺りまで北上すればやはり普通に見られます。

ですが、このようにリング状の凸部があるタイプは、初めて見たように思います。

この日は、黒色でより長く太いタイプも2本見つけました(灰色は写真の1本のみ)。

ノーマルタイプと比べると、極端に数が少なかったです。


[PR]

by arisuabu | 2016-08-01 07:27 | ビーチコーミング | Comments(0)
2016年 06月 01日

人形

古潭浜を出て望来を過ぎると、雨は小降りになりました。

しばらく走って、はまなすの丘ヴィジターセンターに到着。

雨はだいぶ弱まりましたが、風がとても強く吹いています。

駐車場で様子を見ていると、雲がゆっくりゆっくり流れていき、海の方からだんだんと青空が広がってきました。

1時間半ほどしてようやく雨雲が無くなったので、早速準備して浜に向かいました。

初めは、琥珀が拾えるかもしれない石狩川河口方向へ向かう予定でしたが、浜に出るとそちらへは行けないよう柵が建てられていて面食らいました。

見ると柵を越えて河口方面へ向かう足跡が複数確認出来ましたが、状況がよく判らないので念のため自粛。

仕方なく河口とは反対の方向を歩きましたが、漂着物自体がとても少なく、成果は漂着石炭1個と砂に埋もれかかった小さな人形を見つけたくらいでした。

c0286530_20404473.jpg
2016年5月7日、石狩市

その後「いしかり砂丘の風資料館」を見学し、積丹回りで南下。

そちらの方はただひたすら車を走らせるだけでしたが、途中1ヶ所だけ、去年アツミモダマを拾った入舸漁港に立ち寄りました。

しかし、途轍もない風が吹き荒れていて、早々に撤退。

その後も淡々と車を走らせ、帰ろうと思えば帰れる所まで来ましたが、このまま帰ってしまうのは何となく悔しかったので考えた末、黒松内のブナ林を歩くことを思い付きました。

そこで寿都から黒松内に行き、午後4時半頃道の駅「くろまつない」に到着。

併設されているパン屋さんで朝食用のパンを買い、ほぼ移動だけの5日目を終えました。


[PR]

by arisuabu | 2016-06-01 21:00 | ビーチコーミング | Comments(0)
2016年 05月 31日

ヤスリツノガイの化石

5月7日、遠征5日目。

午前3時過ぎに起きると小雨が降っていて、風がやや強く吹いていました。

どうやら今日も、天気が悪いようです・・・。

朝食を食べたり何だりしてしばらく空模様を窺っていましたが、トイレに行くと漁港では朝市の準備が始まっていたので、賑やかになる前にと5時頃出発。

遠征初日に訪れた古潭浜へ、再び赴きました。

傘を片手に歩き始めた古潭浜では、初日に数個しか拾えなかったヤスリツノガイが結構目に付き、次はいつ拾いに来れるか分からないこともあり、見つけた物はほとんど拾ってしまいました(擦れているのが多かったですが)。

c0286530_07290564.jpg
ヤスリツノガイ Fissidentalium yokoyamai
2016年5月7日、石狩市

c0286530_18260247.jpg
ヤスリツノガイ Fissidentalium yokoyamai
2016年5月7日、石狩市で採集

1時間半ほど歩いてから戻っていると、途中で雨がやや強く降ってきました。

次は石狩浜へ行く予定だったので、無事歩けるかな・・・と思いながら、取りあえず車を走らせました。


[PR]

by arisuabu | 2016-05-31 20:36 | ビーチコーミング | Comments(2)