タグ:長万部町 ( 105 ) タグの人気記事


2017年 01月 22日

燈塔浮標

c0286530_19085616.jpg
2016年12月3日、長万部町

「あそこまで行ったら引き返そう」と決めていた、まさにその場所で見つけた灯台マークのオレンジ浮き。

このタイプはこれまで出合う機会がとても少なく、また出合った物は全て破損していました。

しかし、オレンジ浮きにハマり、浜で目に付いたもの全てをチェックし続けて約2年、ようやく完品を手にすることが出来ました。


[PR]

by arisuabu | 2017-01-22 20:31 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 01月 21日

発泡スチロール箱

c0286530_19052333.jpg
2016年12月3日、長万部町

調査捕鯨船の母港の一つとして利用されている、道東の釧路。

あちらではこのようなステッカーが貼られた発泡スチロール箱は珍しくないのかもしれませんが、こちらではなかなかお目にかかれないのではないかと思います。

かつて釧路によく通っていた時期があり、その時に飲み屋で鯨肉料理を食べたことがありますが、味については残念ながら全然覚えていません・・・。

江差などでは、正月に「鯨汁」を食べる風習があります。


[PR]

by arisuabu | 2017-01-21 19:24 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 01月 19日

エゾタヌキの頭骨

c0286530_18585919.jpg
エゾタヌキ Nyctereutes procyonides の頭骨
2016年12月3日、長万部町

漂着物帯で見つけた、エゾタヌキの頭骨。

歯が3本ほどありませんでしたが、あとは洗って砂を落とすだけの状態になっていたので、これ幸いと持ち帰りました。


[PR]

by arisuabu | 2017-01-19 19:04 | ビーチコーミング | Comments(2)
2017年 01月 18日

プラ浮きバスケット

c0286530_18584342.jpg
2016年12月3日、長万部町

長万部の浜にはプラ浮きがゴロゴロしていますが、そのうちの一つにバスケットに加工された物がありました。

写真では分かりませんが、置いた時に転がらないよう、底はちゃんと平らにされていました。

また、意図は解りませんが突起部分も加工され、何だか猫耳っぽく見えて可愛い感じがします。

拾った物を入れるのに良さそうだと思い、中に溜まっていた砂を出してしばらく持って歩きましたが、これ自体が結構重くて疲れてしまったので、途中でお役御免となりました。


[PR]

by arisuabu | 2017-01-18 21:19 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 01月 17日

イサリ

c0286530_18540510.jpg
2016年12月3日、長万部町

タコ漁の仕掛けであるイサリは、タコの気を引くために、様々な装飾を施して煌びやかに仕立てられていることが多々あります。

これまでも様々なイサリを見ましたが、この時出合った物には、定番のポンポンに加え、何と造花のカーネーション(下の赤い物)が組み合わされていました。

それだけでも驚きましたが、さらに驚いたことに、カーネーションの中心には、蓄光素材で作られた直径約8mmのボールが3個、針金で連結して装着されていました。

ここまで装飾に凝ったイサリは今まで見たことがありませんが、どれ程効果があるのか、気になるところです。


[PR]

by arisuabu | 2017-01-17 20:01 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 01月 16日

アリガト・ボトル再び

c0286530_18393926.jpg
2016年12月3日、長万部町

前回の出合いから3ヶ月・・・。

再び、このボトルを見つけてしまいました。

しかも、前の物よりマイケルの顔の色が残っています。

結構珍しい瓶なのではと思いますが、もしかしたら流出元は同じなのかもしれませんね。


[PR]

by arisuabu | 2017-01-16 20:35 | ビーチコーミング | Comments(0)
2017年 01月 15日

エゾキリガイダマシ

c0286530_18343562.jpg
エゾキリガイダマシ Neohaustator fortilirata
2016年12月3日、長万部町

年内最後と決めて行った長万部の浜で、最初に目に付いたのはエゾキリガイダマシでした。

他にも打ち上がっていそうな雰囲気でしたが、残念ながらこれ1個のみ。

完品を拾いたいな~。

c0286530_18350615.jpg
同個体
2016年12月3日、長万部町


[PR]

by arisuabu | 2017-01-15 20:20 | ビーチコーミング | Comments(2)
2016年 12月 18日

シライトマキバイ

c0286530_20544392.jpg
シライトマキバイ Buccinum isaotakii
2016年10月23日、長万部町

太平洋側の浜で、時々目にする巻貝。

ボンキュッボーンな感じの形をしていて、結構好みです(笑)

打ち上がっているのは大抵無地の真っ白な物ですが、この日は初めて見る薄茶色の模様がある殻が2個も見つかりました。

本種は、ヒタチオビ類とほぼ同じ水深50~500mに棲息し、「灯台ツブ」の名称で食用として販売されているそうです。

種小名が「タキイサオ」という人物に献名されたものだったので調べてみると、軟体動物の研究者で、日本貝類学会の設立に尽力された方だということが分かりました。


[PR]

by arisuabu | 2016-12-18 17:10 | ビーチコーミング | Comments(0)
2016年 12月 17日

人形

c0286530_20500630.jpg
2016年10月23日、長万部町

久々にインパクトのある人形を見つけたので、Uさんへのお土産にしました。


[PR]

by arisuabu | 2016-12-17 09:20 | ビーチコーミング | Comments(2)
2016年 12月 16日

シリンダー浮き

c0286530_20435349.jpg
2016年10月23日、長万部町


[PR]

by arisuabu | 2016-12-16 07:20 | ビーチコーミング | Comments(0)