2013年 03月 12日

リンゴドクガ

c0286530_2142426.jpg
リンゴドクガ Calliteara pseudabietis ♂
2012年6月7日、厚沢部町本町


リンゴケンモン同様、本種も幼虫はリンゴやナシなどのバラ科植物を食べるほか、ヤナギ科やブナ科、カエデ科なども食べるそうです。

幼虫は、レモンイエローの長毛に覆われるとても綺麗なもので、「イモムシハンドブック」(安田守著、文一総合出版刊)の表紙を飾る幼虫の一つとしても使われています。

幼虫は過去に一度、薄い色のものしか見たことが無いので、綺麗な色の個体に出合いたいです。
[PR]

by arisuabu | 2013-03-12 22:03 | 鱗翅目 | Comments(2)
Commented by バルキング at 2013-03-17 17:53 x
こんばんは。

りんごと言えばやはりリンゴドクガですかねぇ。

モフモフした感じがたまらんです。

色彩も悪くないのでついつい撮影してしまします。
Commented by arisuabu at 2013-03-20 19:56
バルキング 様
成虫を見たのはこの時が初めてでしたが、控えめな美しさが良いですね。
僕もまた出合ったら、ついつい撮ってしまうと思います。
名前
URL
削除用パスワード


<< リンゴモンハマキ      リンゴケンモン >>