人気ブログランキング |
2015年 02月 14日

富士薬品のエンボス?

先日、どうにも体調が悪かったので午後からお休みをもらったのですが、帰り際、職場の方に葛根湯を頂きました。

帰宅後、寝る前に飲んでおこうと手に取った瞬間、蓋上面に目が釘付けになりました。

そこには、あの茶色い小瓶の底面にあったエンボスと瓜二つのマークがあったのです。

c0286530_19472810.jpg


頂いた葛根湯は、富士薬品のもの。

富士薬品は、1954(昭和29)年に「有限会社高柳薬品商会」を設立、その後1963(昭和38)年に「有限会社富士薬品」に商号変更、そして1969(昭和44)年に株式会社となり、現在も経営を続けています(しかも地元企業でした)。

社章については同社のHPを見ても情報は得られませんでしたが、仮に同じものだとすると、現在のものには茶色い小瓶のには無かった「F.Y」の文字が入っています。

これはもちろん富士薬品の頭文字だと思いますが、茶色い小瓶のエンボスに文字が無かったということは、まだ「富士薬品」とする前の時代のものなのかもしれません。

現時点では、あのエンボスは富士薬品のものではないかということだけしか言えませんが、まさか、体調を崩したことによって調べる方向が見えてくるとは・・・。

「人生、何があるか分からない」と、大袈裟ですが思ってしまいました(笑)

by arisuabu | 2015-02-14 21:20 | ボトルディギング | Comments(2)
Commented by izumi at 2015-02-15 04:51 x
おぉ、これは何やら今年は幸先よさげな感じですね(^_^)
瓶の神様のお導きかもしれませんね。

最近の風邪はしつこいですからご自愛ください。
Commented by arisuabu at 2015-02-15 19:22
izumi 様
ふとしたきっかけで何かが分かるというのは、とても嬉しいですね。
瓶神様の、初心者へのサービスかもしれませんね(笑)
風邪っぽさは、頂いたこの葛根湯を飲んだらすぐに良くなりました。
izumiさんも体調を崩されていたようですが、これからは季節の変わり目なので、十分にお気を付けください。
名前
URL
削除用パスワード


<< クリーム瓶 -厚沢部町初BD-      我が町のタヌキ、再び >>