2015年 12月 12日

ガラス玉

BCに行くと、大抵数ヶ所の浜を回るのですが、この日は一つの浜をじっくりと歩いてみました。

が、歩いた距離に反して収穫は乏しかったです・・・。

c0286530_21591509.jpg
太平洋側ではこれまで、見た記憶の無い韓国玉
2015年11月7日、長万部町

c0286530_21592863.jpg
ややマーブル模様になったこのガラス玉は嬉しかったです
2015年11月7日、長万部町

c0286530_21593212.jpg
2015年11月7日、長万部町

こちらは、誰かが拾って網に引っ掛けていったイサリのガラス玉。

固定する針金には短く切られたチューブがついていて、目にした時は随分と過保護だなと思わず笑ってしまいました。

ですが、帰宅後に写真を見ていて思ったのですが、このチューブはタコを誘き寄せるため夜になると発光するのではないでしょうか?

漁師さんが色々と工夫を凝らしたことが見て取れる仕掛けというのは、とても興味深くて面白いです。


[PR]

by arisuabu | 2015-12-12 20:40 | ビーチコーミング | Comments(2)
Commented by 尚 nao. at 2015-12-16 00:30 x
真ん中のヤツは確かに味わいがありますね〜。
次の記事のシリンダーもいい感じ。さすが浮き玉王国ですね。
こちらでは、次はいつ出会えるかな〜。
Commented by arisuabu at 2015-12-16 07:33
尚 nao. 様
最近はさすがにガラス玉を拾うのは控えめになっていますが、真ん中のようなモノは滅多に見ないので、持ち帰らずにはいられません。
そちらでは出合うのが難しいようですが、その分見つけた時の嬉しさは大きいですよね。
また、幸運な巡り合わせがあると良いですね!
名前
URL
削除用パスワード


<< シリンダー浮き      オレンジ浮きコレクション >>