カテゴリ:鳥類( 46 )


2018年 03月 21日

ヒバリ

江差の海岸草地を歩いていると、近くからヒバリが鳴きながら飛び立ちました。

北の地にもようやく、春が訪れつつあります。


[PR]

by arisuabu | 2018-03-21 20:37 | 鳥類 | Comments(0)
2018年 01月 24日

ミヤマカケスの風切羽根

c0286530_19314419.jpg
ミヤマカケス Garrulus glandarius brandtii の風切羽根
2017年7月9日、厚沢部町


[PR]

by arisuabu | 2018-01-24 21:59 | 鳥類 | Comments(2)
2018年 01月 13日

エゾフクロウ? の羽根

c0286530_17300898.jpg
エゾフクロウ Strix uralensis japonica ? の羽根
2017年7月1日、厚沢部町

森を歩き始める時に見つけたので帰りに回収しようと思っていましたが、見事に忘れてしまいました。


[PR]

by arisuabu | 2018-01-13 23:15 | 鳥類 | Comments(0)
2017年 12月 23日

エゾアカゲラの巣穴

c0286530_08443315.jpg
ミズナラ Quercus crispula に掘られた、エゾアカゲラ Dendrocopos major japonicus の巣穴
2017年6月14日、蘭越町

コックリ湖を周回する歩道を歩いていると、頭上から鳥の雛の賑やかな声が聞こえてきました。

見上げると、ミズナラにキツツキ類が開けた穴があり、どうやら声はそこからのよう。

誰の巣穴かなと思いながら見ていると、どこからかエゾアカゲラが飛んできて、鋭い声を浴びせられてしまいました。


[PR]

by arisuabu | 2017-12-23 22:58 | 鳥類 | Comments(4)
2017年 05月 15日

クマゲラの採餌痕

c0286530_20290522.jpg
トドマツ Abies sachalinensis に残された、クマゲラ Dryocopus martius martius の採餌痕
2017年4月9日、厚沢部町

このトドマツには確か、ムネアカオオアリが営巣していたと思いました。


[PR]

by arisuabu | 2017-05-15 20:35 | 鳥類 | Comments(0)
2017年 03月 08日

オオタカ? の捕食痕

c0286530_21435311.jpg
オオタカ Accipiter gentilis fujiyamae に捕食されたと思われるドバト Columba livia
2017年1月6日、埼玉県さいたま市

見沼代用水沿いのサイクリングロード上に散らばっていた、ドバトの羽根(と、右翼丸ごと)。

おそらくオオタカの仕業ではないかと思いましたが、冬場はハヤブサ科 Falconidae のハヤブサ Falco peregrinus japonensis もいるらしいので、もしかしたらそちらの可能性もあるかもしれません。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-08 21:41 | 鳥類 | Comments(2)
2016年 07月 05日

ハイタカ? の風切羽根

c0286530_07424979.jpg
ハイタカ Accipiter nisus nisosimilis ? の初列風切羽根
2016年5月18日、厚沢部町

近所の森で見つけた、1枚の鳥の羽根。

模様から猛禽類のように思えたので持ち帰って調べたところ、ハイタカの初列風切羽根にとてもよく似ていました。

なかなか拾えるものではないので、かなり嬉しかったです。


[PR]

by arisuabu | 2016-07-05 18:18 | 鳥類 | Comments(0)
2016年 06月 30日

エゾリス?

c0286530_20512856.jpg
2016年5月14日、厚沢部町

近所の森を歩いていたところ、前方に猛禽類の捕食痕らしきものがあることに気付きました。

何の鳥が食べられたのだろうと見てみると、散らばっていたのは羽毛ではなく哺乳類の体毛でした。

毛の色や量からするとエゾリスではないかと思いましたが、もしかしたらエゾモモンガという可能性もあるかもしれません。

鳥の羽根が散乱しているのはしばしば見かけますが、哺乳類の体毛というのは初めてのことでした。

c0286530_20515932.jpg
2016年5月14日、厚沢部町


[PR]

by arisuabu | 2016-06-30 20:59 | 鳥類 | Comments(0)
2016年 05月 15日

シロチドリの卵

5月4日、遠征2日目。

遠征出発前の天気予報では4~5日は雨の予報でしたが、午前4時前に起床すると、既にポツポツと降っていました。

4時半過ぎに出発し、雨の合間を縫ってまずは事前に目星を付けた初山別村の浜を歩きました。

しかし、漂着物はそこそこあったものの、成果は全く無し。

次に、去年芸術的なガラス玉を拾った遠別町の浜に寄りましたが、ここも何も無し。

呆然としながら歩いていると、シロチドリの卵を発見。

道北でも繁殖していることが分かり、何だか嬉しくなりました。

c0286530_04544581.jpg
シロチドリ Charadrius alexandrinus dealbatus の卵
2016年5月4日、遠別町

c0286530_04544992.jpg
シロチドリ Charadrius alexandrinus dealbatus の卵
2016年5月4日、遠別町


[PR]

by arisuabu | 2016-05-15 18:32 | 鳥類 | Comments(0)
2016年 05月 01日

オオジシギ

c0286530_06302567.jpg
オオジシギ Gallinago hardwickii
2016年4月20日、江差町

運転中、路上に何かが落ちていると、それが何かつい確かめてしまいます。

ほとんどの場合は人工物ですが、この日目に留まったのはオオジシギでした。

本種は越冬地であるオーストラリアから、繁殖のためはるばる北海道まで渡ってきます。

大変な長距離移動を無事やり遂げたのに、辿り着いた先でこんなことになってしまうなんてと、残念でなりませんでした・・・。


[PR]

by arisuabu | 2016-05-01 21:11 | 鳥類 | Comments(4)