2013年 06月 25日

マダラフトヒゲナガゾウムシ

c0286530_194649.jpg
マダラフトヒゲナガゾウムシ Basitropis nitidicutis
2013年6月24日、厚沢部町土橋自然観察教育林


オオマダラコクヌストを採集したナナカマド立ち枯れ木には、本種の姿もありました(見つけたのはこちらの方が先でしたが)。

本種はこれまでにも何度か出合っていますが、いつも単独だったので、一度に複数(3頭)見つけたのは昨夜が初めてでした。

c0286530_1946117.jpg
上の写真と同じような向きで撮ってしまい反省・・・

[PR]

# by arisuabu | 2013-06-25 20:05 | 鞘翅目 | Comments(2)
2013年 06月 24日

オオマダラコクヌスト

c0286530_2343294.jpg
オオマダラコクヌスト Leperina tibialis
2013年6月24日、厚沢部町土橋自然観察教育林


今夜は目的としていた虫は採れませんでしたが、個人的に嬉しい虫との出合いが幾つかあり、中でも嬉しかったのが本種との遭遇でした。

最近、行くと必ずチェックするナナカマドの立ち枯れ木があるのですが、その上の方からのそのそと下りてくる本個体が懐中電灯の光の中に浮かび上がった時は、以前に採集した個体よりも格段に大きくて仰天してしまいました。

本種は雌雄で大きさが異なり、♂の方が大型のようなので、今回得られたのは♂、以前のものは♀だと思われます。

c0286530_23431040.jpg
カッコ良過ぎて惚れてしまいます・・・

c0286530_23431526.jpg
立派な大顎をしています

[PR]

# by arisuabu | 2013-06-24 23:55 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 06月 23日

スーパームーン

c0286530_0165881.jpg
2013年6月23日、厚沢部町新町


今日は満月が通常よりも大きく、そして明るく見えるという「スーパームーン」だったので、雲が切れるのを待って撮ってみました。

いつもより若干明るいような気がしましたが、正直違いがよく分かりませんでした・・・。
[PR]

# by arisuabu | 2013-06-23 23:57 | 日常 | Comments(0)
2013年 06月 21日

ホホジロアシナガゾウムシ

c0286530_2274572.jpg
ニガキ Picrasma quassioides の葉柄にしがみ付いているホホジロアシナガゾウムシ Merus erro
2013年6月16日、厚沢部町本町


ニガキの幼木で、数本の葉柄が折れてしんなりと垂れ下がっているのを目にしました。

それがいかにも「昆虫にやられました」といった感じだったので、犯人捜しを開始。

直後に、近くの葉柄にしがみ付いている10㎜程の怪しげなゾウムシを発見しました。

「キミの仕業か?」と訊ねても、身じろぎ一つせずに黙秘しているので、取調室へ連行(訳:採集してお持ち帰り)。

取調室にある資料で調べたところ、ウルシ科のハゼやヌルデの若枝を切って産卵するという習性を持つ、ホホジロアシナガゾウムシであることが判りました。

c0286530_22453435.jpg
ホホジロアシナガゾウムシ Merus erro (上の写真の個体)
胸部側面の白い部分を「頬」に見立てたようです


ネットで調べても、ニガキに付いていたという情報は見つかりませんでしたが、代わりにニガキ科のニワウルシ(シンジュ)に付いていたという記事を見つけました。

とすると、同じ仲間のニガキを利用しても不思議ではないと思うので、やはり犯人はこのゾウムシのようでした。

その後注意していると、ヤマウルシでも見られることが分かりました。

c0286530_2274967.jpg
ヤマウルシ Toxicodendron trichocarpum の葉柄にしがみ付く本種
2013年6月21日、厚沢部町本町

c0286530_2275390.jpg
本種に噛み切られたと思われるヤマウルシ Toxicodendron trichocarpum
2013年6月21日、厚沢部町本町


見つける時はいつも、和名にも付けられた長い前脚でギュッと葉柄を抱きかかえているので、とても可愛らしく感じます。
[PR]

# by arisuabu | 2013-06-21 22:40 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 06月 20日

マルトビムシ科の一種

c0286530_23124893.jpg
マルトビムシ科の一種 Sminthuridae sp.
2013年6月3日、厚沢部町土橋自然観察教育林


ハルニレの樹液に来ていた、トビムシの仲間。

丸っこい体形から、マルトビムシ科だと判りました。

上の写真は、後脚の先端に付いた(付けた?)樹液の水分を、中脚から前脚へと順番に渡し、最後に口に運ぶ途中の場面です。

同じような行動は、撮影中に何度も見られました。

c0286530_23122358.jpg
同個体
2013年6月3日、厚沢部町土橋自然観察教育林

[PR]

# by arisuabu | 2013-06-20 23:21 | クモ・ダニ類 | Comments(0)
2013年 06月 19日

ヤドリカニムシ科?の一種

c0286530_2218543.jpg
ヤドリカニムシ科?の一種 Chernetidae ? sp.
2013年6月8日、厚沢部町土橋自然観察教育林


ハルニレの樹液を見ていたら、そのすぐ横を歩く本個体に気付きました。

人生2度目となる出合いに、夜の森で一人歓喜の声を上げながら激写。

カニムシには色々な科があり、絵合わせで一番近いのはヤドリカニムシ科だと思いましたが、どうでしょう?
[PR]

# by arisuabu | 2013-06-19 22:33 | クモ・ダニ類 | Comments(8)
2013年 06月 18日

ジュウイチ

先程、遠くから、「ジュウイチ ジュウイチ」と鳴く声が聞こえてきました。

だいぶ遅いですが、ジュウイチの初鳴きです。

これで、この辺りで確認しているカッコウ科が全て揃いました。
[PR]

# by arisuabu | 2013-06-18 23:54 | 鳥類 | Comments(4)
2013年 06月 18日

アカクビナガハムシ

c0286530_2218091.jpg
シオデ Smilax riparia 葉上のアカクビナガハムシ Lilioceris subpolita ペア
2013年6月16日、厚沢部町本町


近付くと、葉裏に隠れてしまったりポロリと落下してしまったりして、これまでまともに撮影出来なかった本種。

ようやく、撮ることが出来ました。

c0286530_2218391.jpg
同ペア
2013年6月16日、厚沢部町本町


色といいテラテラ感といい、お祭りの屋台で売っている「りんご飴」のようなハムシです。

そういえばりんご飴は、子供の時から見る度に食べてみたいと思っていましたが、未だに食べたことがありません。

一度は食べてみたいです。
[PR]

# by arisuabu | 2013-06-18 22:39 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 06月 18日

ホソネクイハムシ

c0286530_2234315.jpg
ミクリ Sparganium erectum 葉上のホソネクイハムシ Donacia vulgaris ペア
2013年6月16日、厚沢部町字上里


本命である金色のネクイハムシは、相変わらず見つかりませんでした・・・。
[PR]

# by arisuabu | 2013-06-18 22:14 | 鞘翅目 | Comments(0)
2013年 06月 17日

トワダオオカ

c0286530_2395456.jpg
トワダオオカ Toxorhynchites towaadensis
2013年6月16日、厚沢部町本町

c0286530_239578.jpg
アップ
2013年6月16日、厚沢部町本町

c0286530_2310390.jpg
シルエットで・・・
2013年6月16日、厚沢部町本町

[PR]

# by arisuabu | 2013-06-17 23:12 | 双翅目 | Comments(2)