人気ブログランキング |

タグ:オフィオコルジケプス科 ( 13 ) タグの人気記事


2019年 08月 24日

カメムシタケ

c0286530_22103604.jpg
カメムシタケ Ophiocordyceps nutans
2019年8月24日

子実体を2本形成していましたが、片方は途中で力尽きてしまったようでした。



by arisuabu | 2019-08-24 22:11 | 菌類 | Comments(0)
2019年 08月 21日

アワフキムシタケ

c0286530_21460864.jpg
アワフキムシタケ Ophiocordyceps tricentri
2019年8月21日



by arisuabu | 2019-08-21 21:50 | 菌類 | Comments(0)
2018年 04月 17日

カメムシタケ

c0286530_20284502.jpg
カメムシタケ Ophiocordyceps nutans
2017年7月29日、北斗市



by arisuabu | 2018-04-17 20:35 | 菌類 | Comments(0)
2018年 04月 15日

ハチタケ

c0286530_06390558.jpg
ハチタケ Ophiocordyceps sphecocephala
2017年7月26日、黒松内町

各種ハチの成虫から発生する冬虫夏草。

この時は諸事情から掘らなかったので、寄主は不明です。

近所の森では見ていないので、実に10年以上ぶりの発見となりました。



by arisuabu | 2018-04-15 06:51 | 菌類 | Comments(0)
2018年 02月 11日

カメムシタケ

c0286530_21001670.jpg
カメムシタケ Ophiocordyceps nutans
2017年6月21日、厚沢部町

ヒメモンシロドクガの卵の近くで見つけた、こちらはれっきとした冬虫夏草。



by arisuabu | 2018-02-11 21:02 | 菌類 | Comments(0)
2018年 01月 21日

シロサンゴタケ?

c0286530_20015384.jpg
シロサンゴタケ Polycephalomyces formosus
2017年7月8日、厚沢部町

ヒノキアスナロ林の林床から発生していた、冬虫夏草の一種。

最初は、他種に重複寄生するマユダマタケかと思いましたが、図鑑を見るとジムシヤドリタケに重複寄生するシロサンゴタケの方に外見はよく似ていました。



by arisuabu | 2018-01-21 20:13 | 菌類 | Comments(2)
2017年 12月 02日

カメムシタケ

c0286530_21034351.jpg
カメムシタケ Ophiocordyceps nutans
2017年6月7日、厚沢部町



by arisuabu | 2017-12-02 21:09 | 菌類 | Comments(0)
2016年 09月 12日

オオセミタケ

c0286530_10563086.jpg
オオセミタケ Ophiocordyceps heteropoda
2016年8月14日、せたな町



by arisuabu | 2016-09-12 20:44 | 菌類 | Comments(2)
2016年 07月 18日

オオセミタケ

c0286530_21070076.jpg
オオセミタケ Ophiocordyceps heteropoda
2016年6月5日、厚沢部町

ふらふら歩いていたら、パッと目に飛び込んできました。

頭部の色からすると、去年せたなで初めて見た、「黄色型」のようです。

この森では過去に2度オオセミタケと出合っていますが、いずれも頭部は茶色のタイプだったので、「黄色型」はここでは初めてでした。

c0286530_21072920.jpg
同個体
2016年6月5日、厚沢部町



by arisuabu | 2016-07-18 07:30 | 菌類 | Comments(2)
2015年 10月 24日

カメムシタケ

c0286530_07385255.jpg
カメムシタケ Ophiocordyceps nutans
2015年9月17日、厚沢部町

本種は比較的大型で色が綺麗なため、好きな冬虫夏草の一つです。

また、卒論の対象でもあったため、他の冬虫夏草には無い思い入れがあります。

地域によって寄主となるカメムシの種構成が異なり、この辺りの森ではカメムシ科とツノカメムシ科に属する種が寄主のすべてを占めており、カメムシ科ではツノアオカメムシ、ツノカメムシ科ではセアカツノカメムシが最も多く寄主となっています(見つかるのはセアカツノカメムシを寄主としているものが圧倒的に多いです)。

以前に住んでいた江別で調べた時(これが卒論)は、カメムシ科はアシアカカメムシが最も多く記録されましたが、こちらでは未だにそれを寄主としたカメムシタケは見ていません。

また、秋になると越冬のため家屋に大量に襲来するクサギカメムシも、本州以南では寄主として知られていますが、こちらではやはり見たことがありません。

こうした好み(?)の違いは、何によるものなのでしょうか??

そして、道内でも寄主構成に多少の違いがあるようなので、道東や道北(分布しているのかどうかは分かりませんが・・・)ではどのようなカメムシを寄主としているのか、いつか調べてみたいものです。



by arisuabu | 2015-10-24 18:42 | 菌類 | Comments(2)