タグ:シジミチョウ科 ( 27 ) タグの人気記事


2018年 06月 04日

ミドリシジミ

c0286530_20515805.jpg
ミドリシジミ Neozephyrus japonicus regina
2017年8月5日、厚沢部町

ハンノキ Alnus japonica 林内を、複数の個体が飛び回っていました。


[PR]

by arisuabu | 2018-06-04 21:02 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 03月 09日

越冬中のウラギンシジミ

c0286530_21425095.jpg
ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
2017年1月8日、埼玉県さいたま市

北海道へ戻る日、最後にまたウラギンシジミのペアに会いに行きました。

Hさんのブログによると、これまで掲載してきた各種越冬シジミ類は、残念なことに2月下旬頃までには全て確認出来なくなってしまったということです。

身一つでの越冬がいかに厳しいかを物語っているようですが、それでも、無事に春を迎える個体は必ずいます。

そうした個体が紡いでいく新しい命を、また次の冬に探してみたいです。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-09 22:40 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 03月 07日

越冬ウラギン発見

c0286530_20232633.jpg
ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
2017年1月6日、埼玉県さいたま市

Hさんには、ウラギンシジミの越冬環境についても教えて頂きました。

それを意識しながらフィールドを回っていたところ、「ここならいるんじゃないの!?」とビビッとくる場所があったので丁寧に探すと、地上から約2mのところでこちらに翅を向けてジッとしている個体を見つけることが出来ました。

c0286530_20233199.jpg
越冬場所(左上に越冬個体がいます)
2017年1月6日、埼玉県さいたま市

予想が当たったのも嬉しかったですが、自分で見つけたのはこれが初めてだったので、それが何よりも嬉しかったです。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-07 21:42 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 03月 06日

越冬中のウラギンシジミ

c0286530_20045200.jpg
ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
2017年1月6日、埼玉県さいたま市

このペアを、反対側から。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-06 20:06 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 03月 05日

越冬中のウラギンシジミ

c0286530_21301582.jpg
ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
2017年1月6日、埼玉県さいたま市

この越冬個体も、Hさんが教えてくださいました。

こうして見ると目立ちますが、現地ではちょっと目を離すと厚い常緑広葉樹の葉の反射に紛れてしまい、再び見つけるのにかなり苦労しました。


[PR]

by arisuabu | 2017-03-05 21:42 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 02月 22日

ムラサキシジミの越冬小集団

c0286530_21332005.jpg
ムラサキシジミ Narathura japonica japonica
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

これもHさんに教えて頂いたもの。

僅か3頭という、とても小さい集団でした。

教えて頂くばかりでは申し訳ないので、僕も周辺を探してみたのですが、全然見つけられませんでした・・・。

c0286530_21334644.jpg
同集団
2017年1月3日、埼玉県さいたま市


[PR]

by arisuabu | 2017-02-22 21:34 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 02月 20日

ムラサキツバメの越冬集団

c0286530_21203223.jpg
ムラサキツバメ Narathura bazalus turbata
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

ウラギンシジミ同様、こちらもHさんに教えて頂いた越冬集団。

ムラサキツバメの越冬集団は、2015年に偶然見つけることが出来ましたが、これはその時よりも頭数が多く、見応えがありました。

撮影時は気温が低かったのでほとんどの個体は伏せていますが、気温が上がると翅を立てるのだそうです。

c0286530_21203833.jpg
同集団
2017年1月3日、埼玉県さいたま市


[PR]

by arisuabu | 2017-02-20 21:28 | 鱗翅目 | Comments(0)
2017年 02月 18日

越冬中のウラギンシジミ

c0286530_21505288.jpg
ウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
2017年1月3日、埼玉県さいたま市

前日に引き続き、この日も越冬シジミチョウ類探索に来たところ、偶然にもブログでお世話になっているHさんと初めてお会いし、各種の越冬ポイントを教えて頂けるという幸運に恵まれました。

写真は、1枚の葉に2頭のウラギンシジミが越冬している珍しいシチュエーションとのこと。

正面から撮れば、2頭並んでいる様子がしっかりと分かるのですが、残念ながら上手く撮ることが出来ませんでした・・・。

Hさんには色々と教えて頂き、本当にお世話になりました。ここで改めて、お礼申し上げます。ありがとうございました。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-18 22:03 | 鱗翅目 | Comments(2)
2017年 02月 17日

ムラサキシジミの越冬小集団

c0286530_20122042.jpg
モチノキ Ilex integra と思われる枯葉に寄り集まって越冬中の、ムラサキシジミ Narathura japonica japonica
2017年1月2日、埼玉県さいたま市

帰省初日には見つけられなかった、越冬シジミチョウ類。

この日再挑戦し、ようやく発見することが出来ました。

ただ、ここには他にも多くの越冬シジミチョウ類がいるはずなのですが、見つけられたのはこの集団だけ。

他の場所も回りたいので、ここには日を改めて、また探しに来ることにしました。


[PR]

by arisuabu | 2017-02-17 22:09 | 鱗翅目 | Comments(0)
2016年 01月 25日

越冬中のウラギンシジミ

c0286530_20000329.jpg
越冬中のウラギンシジミ Curetis acuta paracuta
2016年1月1日、埼玉県さいたま市

今回の帰省では、去年出合えなかった越冬中のウラギンシジミを見つけるのも目標の一つでした。

ありがたいことに、いつもブログでお世話になっているHさんが越冬場所をとても丁寧に教えてくださり、しかも多くの個体がいるということだったので、行けば見つかるだろうと気楽に考えていました。

しかし、大晦日に探した時は、何と1頭も見つけられないという情けない結果に・・・。

せっかく教えて頂いたのにそれで終わっては恥ずかし過ぎるので、元日に再挑戦したところ、辛うじて1頭見つけることが出来て心底ホッとしました(もっとも、安堵のあまり越冬場所に選んだ樹種を確認し忘れたのは失態でした。これはシラカシ Quercus myrsinifolia でしょうか?)。

貴重な情報を下さったHさん、本当にありがとうございました。

それにしても本種やムラサキツバメの越冬方法は、葉っぱにただ掴まっているだけという物凄く無防備なものなので、見ていてとても心配になってしまいます・・・。

1頭でも多くの個体が無事に春を迎えられるようにと、祈らずにはいられませんでした。

c0286530_20000615.jpg
同個体
2016年1月1日、埼玉県さいたま市


[PR]

by arisuabu | 2016-01-25 20:10 | 鱗翅目 | Comments(2)