タグ:黒松内町 ( 7 ) タグの人気記事


2018年 04月 15日

ハチタケ

c0286530_06390558.jpg
ハチタケ Ophiocordyceps sphecocephala
2017年7月26日、黒松内町

各種ハチの成虫から発生する冬虫夏草。

この時は諸事情から掘らなかったので、寄主は不明です。

近所の森では見ていないので、実に10年以上ぶりの発見となりました。


[PR]

by arisuabu | 2018-04-15 06:51 | 菌類 | Comments(0)
2017年 12月 31日

ギンリョウソウ

c0286530_06344718.jpg
ギンリョウソウ Monotropastrum humile
2017年6月14日、黒松内町

蘭越のコックリ湖からの帰り道、黒松内のブナ林に寄り道して、ギンリョウソウをパチリ。

魚眼レンズでの撮影ですが、まだまだ練習が必要です。

さて、今年もご訪問くださり、本当にありがとうございました。

更新頻度が落ちてきてはいますが、細々とでも続けていくつもりですので、来年もまたどうぞよろしくお願い致します。

皆様、良いお年をお迎えください。


[PR]

by arisuabu | 2017-12-31 19:11 | 植物 | Comments(0)
2017年 12月 14日

ギンリョウソウ

c0286530_21051450.jpg
ギンリョウソウ Monotropastrum humile
2017年6月11日、黒松内町

今年は、本種の種子散布に関する論文が2つ発表されました。

1つは、熊本大学の杉浦直人准教授と大学院生の上原康弘さんが発表された、モリチャバネゴキブリが散布者であるというもの。

もう1つは、神戸大学の末次健司特命講師が発表された、カマドウマ類が散布者であるというもの。



1つ目の発表を読んだ時に真っ先に思ったのが、「モリチャバネゴキブリがいないここ北海道では、誰が種子散布をしているのか?」ということでした。

しかしその疑問に対する答えはすぐに、2つ目の発表で示されました。

実際にカマドウマ類がギンリョウソウの果実を食べているところを観察するのは難しいかもしれませんが、夜の森の中で今まで人知れず行われてきた密やかな営みを、出来れば見てみたいものです。


[PR]

by arisuabu | 2017-12-14 21:19 | 植物 | Comments(4)
2017年 09月 21日

樹幹流

c0286530_19383831.jpg
ブナ Fagus crenata の幹を伝う樹幹流
2017年5月6日、黒松内町

去年の春遠征時に黒松内を歩いた時は強風が吹き荒れていましたが、今年は途中で雨が降り出しました。

どうもここでは天候に恵まれませんが、降り出してしばらくするとあちこちのブナで樹幹流が見られたのは良かったです。

写真の樹幹流は、根元近くで滴り落ちていてとても画になるものだったのですが、ピントやシャッタースピード等を失敗し上手く切り取れなかったのが、非常に悔しかったです。


[PR]

by arisuabu | 2017-09-21 19:51 | 日常 | Comments(0)
2017年 09月 20日

中空ブナ

c0286530_19100869.jpg
中空になっているブナ Fagus crenata
2017年5月6日、黒松内町


[PR]

by arisuabu | 2017-09-20 19:13 | 日常 | Comments(2)
2017年 09月 19日

神社

c0286530_20193687.jpg
2017年5月6日、黒松内町

まだ行ったことの無い、添別のブナ林に向かっている途中に見つけた神社。

参道に倒れたカラマツがそのままになっていましたが、一応管理はされているように感じられました。

c0286530_20194570.jpg
2017年5月6日、黒松内町

ただ、訪れる人は滅多にいないようで、参道を覆い尽くすカタクリに踏み跡は見られませんでした。


[PR]

by arisuabu | 2017-09-19 20:55 | 日常 | Comments(2)
2016年 06月 02日

歌才ブナ林

5月8日、遠征6日目(最終日)。

午前4時半頃起床すると、曇っていてやや強い風が吹いていました。

前日に買ったパンで朝食を済ませ、5時半に歌才のブナ林へ向けて出発。

程なくして着いたので準備をし、6時ちょうどに歩き始めました。

歌才のブナ林は以前に1度だけ歩いたことがありましたが、それからもう10年以上経っているのでほとんど記憶に無く、新鮮な気持ちで歩くことが出来ました。

ただ、起床時よりも風がかなり強くなっていて、写真があまり撮れなかったのは残念でした。

c0286530_07071580.jpg
2016年5月8日、黒松内町

地図によると、車を止めた駐車公園から歌才ブナ林入口まで15分、そこから終点まで45分、計1時間の道のりですが、ゆっくり歩いたので倍の2時間かかって終点に到着。

少し休憩してから引き返し、やはり2時間程かけて森から出てきました。

そして「黒松内町ブナセンター」を見学後は遠征の締め括りとして長万部の浜を歩くべく、車を走らせました。


[PR]

by arisuabu | 2016-06-02 19:33 | 日常 | Comments(2)